momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/06/03 同伊(トンイ) COMMENT(22)  TB(0)  EDIT  TOP
同伊第20話、火曜日に字幕翻訳が終わり、あらすじアップ済みです!

第20話の詳しいあらすじ!

今日はやることがないので、第20話をもう一度見直してみました。
タグ:韓国  ドラマ  あらすじ  同伊  トンイ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2010/06/04 (00:07) * URL * 編集

こんにちは。
来週の予告&あらすじを見ると「謝氏南征記」が出てるみたいなので、また一気に月日が進むのでしょうかね^^;

2.ヨンギは「ナム軍官」と言っています。

3.今は「チョン内人」で合っているんですよ。同伊の本名は「チェ」ですが、
  父と兄が謀反の罪に問われた後は追われる身分だったので、
  それを隠すために「チョン」という姓で生きているんです。

4.イングクはテソクを 「좌상(左相)チュアサン」 と呼んでいるように思います。
  ふつう一般に、左議政の最高官が左相と呼ばれるのですが、テソクの人物紹介では
  漢城府左尹、右議政となっているので、左尹もこう呼ばれるのでしょうかね?
  私もちょっと謎です。

  テソクはイングクを「병판(兵判)ピョンパン」と呼んでいます。
  六曹の長官「병조판서(兵曹判書)」の略で、一般的に「兵判」と呼ばれます。
  ちなみに 六曹=吏曹(이조)、戸曹(호조)、礼曹(예조)、兵曹(병조)、
             刑曹(형조)、工曹(공조) です。

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/06/04 (02:14) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: シナモンさんへ♪ * momochi * 2010/06/07 (08:36) * URL * 編集

いつもありがとうございます♪
後ほど整理して、記事に追加しておきます。

チョン内人のことは、すっかり忘れていました。
そうヨンギに呼ばれて身元を確認されたときにも言っていましたよね。
本当にすぐに何でも忘れてしまうので、困ります。

「謝氏南征記」???
早速調べてみます(^^)

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/06/07 (10:39) * URL * 編集

管理画面から見ていますので、どの記事にコメントしていただいても大丈夫です!

 初めまして * ユーモン * 2010/06/07 (16:20) * URL * 編集

『同伊』のレビューを楽しみに読んでいます。
語学の勉強中なので、放送録画のDVD(現在20話まで)を見る際に大変助かります。

少し時間はかかると思いますが、王とトンイのこれまでの触れ合いの場面を画面でまとめておこうと思います。

今週 ログを開設しましたばかりです。
ご挨拶させていただきます。
どうぞ宜しくお願い申しあげます。

ユーモン

 Re: ユーモン さんへ♪ * momochi * 2010/06/08 (03:05) * URL * 編集

コメントをありがとうございました。

韓国語を勉強中とのこと。
私も頑張っているのですが、一向に進歩の兆しが見えません。
まったくわからないまま、英語字幕を訳していますが、
何かお気づきの点があれば、ぜひ教えてください。

まだまだ先がありますので、どうかこれからもよろしくお願いいたします。
ブログも後ほど見させていただきますね♪

  * シナモン * 2010/10/31 (16:05) * URL * 編集

こんにちは。
「商道(サンド)」というドラマを見ていたら「書記」の字幕説明が出ていました。

書記=商店の経理 だそうです。

そういえばトンイ視聴中、「書記」についてあれこれ考えていたことがあったなぁ~
とふと思い出しました。
今更・・・なのですが、一応書き込みさせていただきました^^

 Re: シナモンさんへ♪ * momochi * 2010/11/01 (08:57) * URL * 編集

わざわざ記事を探していただいてのコメント、ありがとうございました。

記事に追加しておきます。

せっかく頂いた情報ですので、なんとか同伊の語彙集もまとめいたいと…。
だいぶ時間はがかりそうですが、頑張ります!

  * 駿河の海老太郎 * 2011/09/22 (21:57) * URL * 編集

初めまして、こんばんは、momochiさん!
いやあ、それにしても台風15号v-279v-466は、ひどかったですね。
一昨日は、JRのガード下が通行止めになったり、JRのダイヤも、かなり乱れていて
快速が走らなかったですからね、夜は。JRの電光掲示板の「調整中(Out of order)」
って初めて見たかもしれないですね。昨日は、関東方面がひどかったで
すが大丈夫ですか?

「同伊」は俺もNHK BSで見ていますよ。もちろん、音声は韓国語で日本語字幕付き
にしていますけどね(笑)1/3を過ぎて、中盤に向かっています。KNTVのが先行放
送なんですね?

ハン・ヒョジュちゃんは、かわいいですね。少ししか見ませんでしたが、「春のワルツ」
のHeroineの子ですよね。

それにしても、このドラマってイ・ビョンフン監督ならではですよね。普通であれば、張
禧嬪を主役に据えるところを同伊(淑嬪・崔氏) を主役に持ってくるという全く真逆の発想
ですからね。お陰で楽しませてもらっています。

また、お邪魔させていただきます(*^。^*)

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2011/09/24 (19:55) * URL * 編集

コメント、そしてご心配までありがとうございました。

池袋界隈では目に付いたのは、道に捨てられた壊れた傘くらいでしたが、
伊豆の家に来てみたら、庭木が2本くらい折れて倒れていました。
車庫が壊れたり、門に大きな木が倒れたりと、結構被害があちこちにあってようですね。

「同伊」懐かしいです。
放映中はかなりハマッて見ていましたよ。
ハン・ヒョジュは、「春のワルツ、「華麗なる遺産」についで3本目でしたが、
可愛らしいのに、演技はもはやベテランの貫禄すら感じますね。

同じ時代をそれぞれの別の角度から見るのは面白いなと私も思います。
ただ、同時期にいろいろ史劇を見ていると、
同じ俳優さんがあちこち出ているので混乱しちゃいますけど^^。

同伊、最後まで楽しんでくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 ドラマは1/3を過ぎて、いよいよ中盤へ! * 駿河の海老太郎 * 2011/09/26 (01:21) * URL * 編集

こんばんは、momochiさんv-237

>池袋界隈では目に付いたのは、道に捨てられた壊れた傘くらいで
>したが、伊豆の家に来てみたら、庭木が2本くらい折れて倒れてい>ました。
こちらも、とある川が氾濫して、市内でも避難勧告が出された地域があったと聞いています。
ちょっと怖いですね。今回は荘内川の氾濫で名古屋市内・尾張地方のほうが、かなり大変だ
ったようですからね。そういえばJRも快速は走っていなかったなあ。
浜松に上陸して、駿河湾沿岸沿いを進んで行った台風ですから伊豆半島でも被害は大きかった
んでしょうね。え、池袋→伊豆へ移動ですかv-236列車移動v-234も大変だ
ったのではv-236

さて、肝心のドラマは…。
世子を清国に承認してもらいたい張 希載は国境の義州の妓楼で清国の使節と密会します。あの
手この手を使って、お礼は何でもするから、と言っていますけどね。「謝氏南征記」に次いで、
「謄録類抄」なんていうのが出てきますし。
張 禧嬪側は黙っておらず、躍起になって同伊捜索を始めますしね。ソ従事官がチャ・チョンス
武官と共に粛宗の命で同伊を探し出して、都に連れ戻そうという動きも察知しますし。

シムという同伊が雲隠れした先の男性が、その妓楼の席に偽物の通訳官として潜入して話の一部
始終を聞き出そうとしますが、中国語が下手で失敗します。偽物ということがバレちゃったよう
です。危険を察知した妓楼の主、ソリが機転を利かせて護衛を配したので、シムは死の難から逃
れましたけど。危ない、危ないv-405

今後の張 禧嬪兄妹側vs同伊・ソ従事官側の動きから、ますます目が離せなくなってきましたね。
南人派vs西人派の対決なんかも絡んできますし。禧嬪は、粛宗が同伊のために作らせた靴を見つ
けてしまい、自分に対しての笑いが偽りのモノで、同伊に未練ありアリなのだ、と粛宗のことを思
っているようですしね。

>ただ、同時期にいろいろ史劇を見ていると、
>同じ俳優さんがあちこち出ているので混乱しちゃいますけど。
日本の「橋田ファミリー」のように「イ・ビョンフンファミリー」なるものが存在するそうですね。
だからじゃないですか?

 Re: 駿河の海老太郎さんへ! * momochi * 2011/09/27 (09:04) * URL * 編集

伊豆高原まで、行きは連休前日夜、そして昨夜の帰京で、ほとんど渋滞もなく快適でしたが、
伊豆ではあちこち道路も通行止めのところもありましたね。
我が家は庭木が何本か枝が折れた程度でしたが、
近所には、門や車庫が壊れた家も何軒かありました。

さて、「同伊」!
このあたりでは、シム・ウンテクが大活躍でしたね。
このままずっと中心にいるのかと思っていたら、何となく最後はフェードアウトしたような…。
ドラマ終盤で活躍しないと、全体としては印象が薄れてしまいますね。
チャン・ヒジェは本当に憎々しいヒビン兄でしたが、
昨年末の演技大賞で賞を取った時のスピーチが印象的でした。
あまりにも普段のイメージが違うことにもビックリ…。
これから「ケベク」にも登場するのでとても楽しみにしているところです。

イ・ビョンフン演出作品は、「トンイ」、「イ・サン」、「ホジュン」という順番で見て、
今は、「ソドンヨ」、そして今度「チャングム」を見始めました。
イ・ヒド、メン・サンフン、イ・スクなどは確実にファミリーですね。
おそらく全部に出ているのでは…^^。

イ・ビョンフン作品以外でも、やはり史劇に向いた俳優さんはあちこちで使われるようで、
今視聴している「王と妃」と「明成皇后」は時代は違うものの、
王や尚宮など主要な役がかなり一緒で、見ている私は大混乱ですよ(^^)

 小舟に乗った同伊と妓生・ソリは、無事に都へ辿り着けるのか(?_?) * 駿河の海老太郎 * 2011/10/05 (02:51) * URL * 編集

こんばんは、momochiさんe-490

>我が家は庭木が何本か枝が折れた程度でしたが、
>近所には、門や車庫が壊れた家も何軒かありました。
ご自宅は被害が少なくてよかったですね。
近隣の家は、今頃、復旧作業中ですかv-236今年は、改めて天災・災害の恐ろしさを
思い知らされた気がします。

>今視聴している「王と妃」と「明成皇后」は時代は違うものの、
>王や尚宮など主要な役がかなり一緒で、見ている私は大混乱です
>よ(^^)
なるほどねぇ。ある程度、史劇に出演する俳優が固定化されているんですかねv-236
なると現代劇も然りですかv-236

いやぁ、遂に同伊は張 希載に見つかり捕まってしまいましたね。危うく刺殺されそうな寸前に
シム・ウンテクが現れて難を逃れますが、小屋みたいなところに縄で縛られた状態で放り込まれ
てしまいますね。まあ、こんなところで亡くなっていたら、その後の同伊の話は、なくなってし
まう訳で。
窮地に追い込まれた同伊は向井 亜紀さんに似たソリに救いを求めます。ソリの手配した?武官
のお蔭でシム・ウンテクは小屋から無事に脱出することができ、こちらも難を逃れますね。ソリ
って、同伊の兄・トンジュの元恋人だったんですよね?意外な繋がりが窮地を救うんですね。
同伊とソリは、港へ辿り着き、シム・ウンテクを残して、小舟に乗って都を目指します。

一方、馬を二頭どうにか手配できたソ・ヨンギ従事官とチャ・チョンス武官は義州へ急ぎます。
義州内を必死に探し回って、かくまわれていた先の男性のところに辿り着き、問い詰めますが…。
思えば馬も張 希載のお蔭で全頭、出払ってしまっていて手配できずに出発が遅れたわけで…。

都へ戻った張 希載は妹の王后(禧嬪)へ同伊が義州で生きていることを伝えます。まだ生きて
いることに怯えているというか地団太を踏んでいる感じでしたね。

それにしても謎だったのが…。
軍事機密の「謄録類抄」の偽物が林の中に隠して埋め込まれていた点です。そもそも偽物なんて
手配できるの?わざわざ袋に入れて埋め込んだの?って感じですね。まあ、偽物でも「謄録類抄」
を入手できたから、シム・ウンテク達も難を逃れたわけであって。
偽物でも清国の官吏は信じて持って帰りましたからね。
今後の同伊とソリの動きに要注目ですね。

 Re: 小舟に乗った同伊と妓生・ソリは、無事に都へ辿り着けるのか(?_?) * momochi * 2011/10/05 (10:09) * URL * 編集

30話あたりでしょうか…(*゚・゚)
もうすっかり細かなことは忘れてしまっているのですが、
非常にワクワクする回とそれほどでもない回が繰り返されていたような記憶があります。
実在の人物で英祖の母親ですし、スーパーウーマントンイとして描かれているので、
危機に陥ってもどうせ助かるし…(・・;)と、それほどの危機感を感じなかったり…。

そろそろチャン・ヒビンチームも追い詰められるころですね。
ちょうどこのころだったか、BSでキム・ヘスの「チャン・ヒビン」をやっていて、
そのドラマと「トンイ」とのギャップに驚いたことも覚えています。
演出家が違うと、登場人物の印象が全然違いますね。

終始素晴らしく魅力的だったのは、ソ従事官!
この彼が、映画「王の男」のヨンサン君と一緒だとはとても信じられませんでした。
そういえば、チェ・チョロが問題を起こして途中降板したのもこのころでしたね。
とても残念だったことを覚えています。

 厳戒態勢の中、宮殿への道のりは遠い…。 * 駿河の海老太郎 * 2011/10/10 (02:14) * URL * 編集

こんばんはv-237

>30話あたりでしょうか…(*゚・゚)
今は、27話ですね。

さて、同伊とソリは義州から小舟に乗って、何とか都が見渡せるところまで辿り着きます。
しかし、ここからが難関なんですね。同伊が犯罪者として扱われていて彼女の似顔絵が張り
出されたり、ビラのように配られています。容易に都に入って、粛宗に会える状況ではあり
ません。とりあえず、ソリの知人の妓楼のクモンのところに身を寄せます。ソリが止めるの
も聞かず、変装して都に入ろうと画策します。まるで安宅の関での源 義経と武蔵坊弁慶の
「勧進帳」のようです。「似顔絵の女に似ている。」ということで、変装を見破られそうに
なりますが、どうにかこうにか検問所を潜り抜け宮殿に段々、近づいていきます。俺は、あ
そこで捕まると思っていたんだけど、検問所を通過できたのは奇跡ですね。

禧嬪は、占い師に言われた「他の者」が、仁顯前王后ではなく、同伊であることを悟ります。
占い師は、予見していたんでしょうかねv-361同伊が禧嬪にとって邪魔な存在にな
りうることを。

一方、王命を受け同伊を探し続けているソ従事官とチャ武官は、なかなか同伊を探し出すこ
とができず…。どうやら同伊と入れ替わりになってしまった感じですね。残念ですv-409
当時って下っ端の武官クラスでは国王には、なかなか拝謁する機会がないんですね。だから、
粛宗が出掛けた先の護衛兵を倒した後、粛宗の顔を見ても誰だか気が付かず、刀を突きだし
てしまう有り様。ソ従事官のとりなしもあって、何の処罰も受けずに済みましたが…。

そんな中、親蚕礼が行われます。王宮では国内の蚕産業の振興のために昌徳宮で王妃の立ち
入り下で桑の葉を蚕に食わせ、最高の絹を紡いで王に捧げる行事だそうですね。初めて知り
ました。というか他の史劇で、こんな行事は見たことがないような気がしますが…。式典中
に、お茶を飲んだ新王后(禧嬪)は突然、倒れます。要す
るに、お茶の中に毒が盛られていたということなんです。それにしても相変わらずユ尚宮は
怖~い。「真相が明らかになるまで外出禁止」と女官達に言い渡しますからね。目つきが怖
いですわ。
これは、南人派が対立している西人派と仁顯前王后の仕業と押し付けて、貶めてしまうため
なんでしょうか?一体、誰が犯人なんだろうな、って、非常に気になるところです。1人、
動きがおかしかった気になる尚宮がいますけどね。

同伊は、粛宗にどうにかして会うために、人手不足の水汲みになる決意をし、洗踏房という
洗濯係になります。
そこで武官に不審な動きを悟られ、怒られている最中に、粛宗が気付きそうになり…。

次回が楽しみになってきました。

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2011/10/10 (11:45) * URL * 編集

> 今は、27話ですね。

なるほど…、もう細かな記憶が薄れているので、自分のレビューを読みなおしてみました。
結構あれこれとケチをつけながら視聴していたなぁと、今さらですがビックリ(・・;)
でも29話辺りからは、感動したとあるので後2話の辛抱です(笑)

> 検問所を通過できたのは奇跡ですね。

そう奇跡が多過ぎて、スーパーウーマントンイと言われてましたね^^。

> これは、西人派と仁顯前王后の仕業と押し付けて、貶めてしまうためなんでしょうか?

そうですね、詳細は28話で明らかになります。

> 他の史劇で、こんな行事は見たことがないような気がしますが…。

まだ韓国ドラマ歴が浅いので何とも言えませんが、
このドラマは、掌楽院にスポットを当てたことでも事前に話題になりましたね。
途中から掌楽院のことは何となくフェードアウトした感がありましたけど…。

イ・ビョンフン監督は、こうして毎回新たな宮中の部署、行事を紹介してくれるので勉強になります。
「ホジュン」では、内医院、「イ・サン」では図画署について理解を深めました。
今頃ですが、レンタルDVDで「チャングム」を見ていますよ(^^)

 まもなく折り返し地点です! * 駿河の海老太郎 * 2011/10/24 (21:47) * URL * 編集

こんばんは、momochiさんv-363
いやあ、まだまだv-278ですね。机上の温度計は、26.1℃
ですからね。本格的な衣替えは、まだ先のことになりそうで。まだ半袖で十分ですからね。
扇風機だって、しばらくの間は必要でしょうしね。

遂に宮殿内に潜入を果たした同伊ですが…。

いやぁ、同伊は粛宗の計らいで難を逃れるも「今度、こんな所に来たらタダじゃ済まない
ぞ!」釘を刺されてしまいましたね。

オ・ホヤンが洗踏房で同伊似の女性を発見。他人の空似かと疑うも、同伊であることを確
信し、父である掌楽院のオ・テプン長官と共に張 希載の所に出向き、そのことを報告しま
す。希載も妹の王后(禧嬪)にそのことを話します。どうやら同伊が先に粛宗に接触して
しまわないように先手を打ちますが…。ということで、その後、希載は都中で同伊探しに
躍起になります。同伊は靴だけ残して敵を撒いて逃亡に成功します。

これによりチョン尚宮とチョン・イムは同伊が洗踏房にいると悟ります。家具の下の山吹
色の棒に巻きつけたら出て来た暗号「洗踏房 水賜尹」によって。それにしても、あれで
自分の居場所を暗示するわけですから、よく考えましたよね。

しかし、例の毒盛り事件で仁顯王后&西人派の排除をもくろむ希載側によって、濡れ衣の
容疑を問われ、連行されてしまいますね。

チャ・チョンス武官とソ従事官は同伊の似顔絵を持って捜し回るうちにソリに遭遇。
「連れの男性と2人で都へ向かった。」と2人に告げます。

粛宗の散歩先?で、奚琴という琴を奏でる同伊を発見。感動の再会を果たします。

>このドラマは、掌楽院にスポットを当てたことでも事前に話題に
>なりましたね。
なるほど、そうだったんですね。描かれ方が違うんですね。

>今頃ですが、レンタルDVDで「チャングム」を見ていますよ
あ、俺とは見る順番が逆ですね。独立局のKBS京都や、どっかのCSで放送されて
いますけどね。

>そう奇跡が多過ぎて、スーパーウーマントンイと言われてました
>ね^^。
確かにそうですね。奇跡、幸運があったからこそ、淑嬪まで上り詰めてドラマになった
のかな、って思いますね。

果たして、張 希載がどんな手を打ってくるか、今後、楽しみですねv-363

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2011/10/25 (17:24) * URL * 編集

本当に10月下旬とは思えないほどの気候ですね。
東京は今日も半そでで十分なほどでしたよ^^。

トンイ、折り返し地点ですか…、まだまだたっぷり楽しめますね。
30話あたりからもなかなか話が進まなかったような記憶がありますけど…。

ホヤンも懐かしい名前…。
どうにもあの一家がウザったく好きになれず、
あらすじを書くときにセリフを飛ばしていたことを覚えています(・・;)
私の中でのイチ押しは、ハン尚膳とソ・ヨンギでした^^。
チェ・チョロも好きでしたけど、そろそろ事件で降板するころでしょうか。

他の部分も記憶がだいぶ曖昧になっていて、
コメントのあらすじを興味深く読ませていただきました。
そういえば、去年の今頃放映が終わったんだったなぁと…^^。

チョンイム役のチョン・ユミ、先週始まった「千日の約束」で主役クラスに大抜擢されていてビックリ!
今度は、婚約者を疑うことも知らずに一途に愛するお嬢様の役です。

 KNTVでは1年前に放送終了ですか? * 駿河の海老太郎 * 2011/11/21 (22:09) * URL * 編集

こんばんは、momochi さん!
だいぶ、寒くなってきましたね。韓国は、もっと寒いんでしょうね。行かれたことは
あるんですかv-236

11(金)の特番は見ましたかv-236多分、俺よりも韓流通のようなので、
チェック されているかな、と。
Heroineのハン・ヒョジュちゃんとチャン武官のペ・スビン君が来日していた際の様子
とNHKでのスタジオトークの模様も放送されていましたよ。渋谷でのFan Meeting?
では「撮影が終わっているのに、この恰好をしていると、また明日から撮影があるのか、
と錯覚してしまう。」というようなことを言ってい ましたね。実際に2人に会えたFan
が羨ましい限りです。NHKのスタジオトークでは、週2回70分ドラマという中での撮
影の大変さなんかも語ってくれていました。没頭している分、集中できたとも言ってい
ましたね。家には、殆ど帰れなかったそうです。以前の特番でも放送されていましたが、
イ・ビョンフン監督は空いた時間でセットの設定とかを試行錯誤していて、もっと大変
そうでしたね。あ、そうそう、ハン・ヒョジュちゃんに「粛宗とチャン武官のどちらが
好きですかv-236」との質問があり、「一人の人を愛してくれるチャン武官の
ほうが好きです。」と答えていましたね。       

10(木)にも「歴史館 朝鮮王朝!略奪愛、毒殺、大悪女“トンイ”史実の王妃」という
特番が放送されていました。番組欄を見てビックリだったので慌てて見ました。取り上げ
られていたのは張 禧嬪、廃妃 尹氏、貞純王后金氏の3人でした。いずれも韓流時代劇に
は欠かせない内命婦、中殿ですからね。

ガイド本の後編も購入しました。遂にドラマも折り返しましたしね。昨日の放送は日本シ
リーズ観戦のため、まだ見ていないのでまた見るとしますv-237

 Re: 駿河の海老太郎さんへ! * momochi * 2011/11/22 (09:29) * URL * 編集

本当に寒くなりました。
合間に暑いくらいの日が挟まって来るので、よけいに寒く感じますね。
今、朝の9時ですが、東京は9℃、ソウルは2℃だそうですよ!

韓国は9月末にも行って来ましたよ。
今年は厳寒の1月にも!
そのときには、マイナス17℃という強烈な寒さで顔が痛いくらいでした。
その様子は、レポにまとめてありますので、興味があればご覧ください。

http://kuroshiba-momo.com/repo.shtml

11(金)の特番、知っていたのに忘れてしまいましたp(・・,*)
後で録画予約しようと思っていたのに…。
もう年なのでこんなことばかりです。

BS歴史館「美しく悲しい女の戦い~王妃たちの朝鮮王朝~」は再放送で。
面白かったですね。
韓国の歴史ドラマが、いかに脚色されているかも実感(^^)
こちらも記事にアップしました。

http://hanryumomo.blog34.fc2.com/blog-entry-1931.html

KNTVは、友人が加入していて、いつも羨ましく思っているのですが、
本当にいち早く韓国ドラマを放映しているようですね。
でも、私がこれに入ったら、もう何もできなくなること必須!
それで何とか自分を抑えていますよ(^^)

 同伊は、この危機をどう切り抜けるのか(?_?) * 駿河の海老太郎 * 2011/12/02 (23:05) * URL * 編集

こんばんはv-34

さすがは清の使者ですね。謄録類抄が偽物であることを見抜いてしまいましたね。
張 希載は大慌てですね。何と言っても世子承認が取り消されちゃうことになるんでしょうから。
また改めて当時の朝鮮の大変さを垣間見ましたね。世子承認への道のりは、長いなあというか苦
労しているんだな、と思いましたね。江戸時代、鎖国状態だった日本からは考えられない状況で
すしね。それにしても、そこをシム・ウンテクに見つかるとは運悪いですねv-409

それにしても…。ライバルというか敵対する相手を貶めるのに、相手の官位を引き上げるなんて
初めて見ましたね。側室になるに当たって、同伊の素性を調べる必要があるなんて、本当に重箱
の隅を突いているとでも言うか、そこまでやるかという感じですね。執念を感じますね。

遂にソ従事官も同伊の生い立ちに気付き始めましたね。
最終的にチェ淑嬪になるわけですから、チョン・トンイという名前は、どう見たって、おかしい
訳で。同伊が、ここをどう切り抜けるか見ものですね。

>KNTVは、友人が加入していて、いつも羨ましく思っているのですが、本当にいち早く韓国ドラ
>マを放映しているようですね。
ハハハ、そうですね。このKNTVは韓国ドラマ・音楽とかをずっと放送しているんですよね、
その名の通り。さすがに、あれも見たい、これも見たいで大変なことになりそうですねe-451

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2011/12/03 (23:13) * URL * 編集

第34話!?!
記事レビューを読みなおすと、悪口ばかり書いています(・・;)
ダラダラとした展開に、視聴率も低下、非難殺到の時期だったようです。
ヨンギ役チョン・ジニョンの熱演だけは、よく覚えていますが、
あの「チャングム」のイ・ビョンフン監督ということで、
みんなの期待が大きかったということでしょうね。

結局トンイは正式に側室となり、英祖を生むわけですから、
余計な事件を挟まずに早くそうなって欲しい、そんな気持ちだったように思います。
スーパートンイは、もうたっぷり楽しませてもらいましたから^^。

35話以降は、視聴者の声が届き、テンポがぐっとアップ!
緊張感も出てきたようですので、お楽しみに♪♪
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/964-6466294d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)