momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/05/05 同伊(トンイ) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
同伊(トンイ) ドラマ詳細はこちら!
第14話 5月4日放送  視聴率 20.4%(TNS全国版)
関連ニュース!
ハン・ヒョジュ、チ・ジニ劇的再会に同様に‘驚いたウサギ目’
ハン・ヒョジュ、監察府女官活躍に推理劇復活するか
カン・ユミ"潜伏するのに美貌問い詰める汚い世の中"
涙で汚されたチョンスとの再会“ジーンとして”

同伊へ向かう粛宗心?不安なチャン・ヒビン恋敵葛藤'始動'
同伊の顔にチャングムとソンヨン?が見える理由

ようやくトンイとチョンスの再会の時がやって来ました。
感動的でしたね、よかった、よかった。

そしてラストでは、スクチョンの正体も・・・!
詳細は来週へ持ち越しということで、視聴率も上がるでしょうか。
今週は、「富豪の誕生」と「済衆院」が最終回ということで、
数字が少し持って行かれたとニュースにありましたが、本当にそう???

まぁそれはともかく、これでトンイとスクチョンの楽しい掛け合いも終わり。
残念ですが、新たな展開を楽しみにすることにしす。
オクチョンの行動も今後大きく変わってくることでしょう。

興味深い記事もありました。
<同伊>は、本物の粛宗の子供を産んだのだろうか?

ViiKii字幕は、第13話の3分の2ほど。
先週よりだいぶ早いようです(^^)


動画を見る!

JoonMediaの同伊ページ(字幕なし)
※ 各話いくつか動画リンクがありますが、유쿠、토두は日本からはアクセスできません。

第14話-1 第14話-2 第14話-3 第14話-4 第14話-5 第14話-6
(中国語字幕・画質が綺麗です!)    

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
あらすじは続きで!
タグ:韓国  ドラマ  動画  同伊  トンイ  あらすじ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 あぁ~面白い * jun * 2010/05/05 (15:59) * URL * 編集

14話見終わりました(*^_^*)
トンイとチョンスオラボニの再開シーン
セリフなんて聞き取れなくても涙涙でした。
でもトンイを追っていた4人誰の指示で?

密輸団追いかけ奔走するトンイにハラハラドキドキ
暗号もチョンスオラボニのお陰で解明(かっこいい~~チョンス!
でも武器の密輸ってチャン参宮のオラボニ関係してる?

スクチョンがトンイとの話をするときのチャン参宮の表情が~
あぁ…宮中でのトンイの味方が減っていく~(/_;)

で、ラスト王であるスクチョンとの遭遇
めちゃ先が気になるラストでしたね~

  * R.M. * 2010/05/05 (19:02) * URL * 編集

泣かされて、笑わされて、サスペンスも盛り込んで・・・
いやあ~~これは益々面白くなってきましたね!

チャン・ヒジェはチョンスと過去何かの繫がりがあったようですね。
密輸は清からの派遣団と関係あり? ヒジェは中国で金稼ぎしていたようで・・・
相当の‘悪’~~この兄妹、したたか者ですね。

13話、14話の デレデレ粛宗~~‘おお、やるねえ~お前さん!’と
野次を飛ばしながら楽しみました・・・
王の図書館で特訓、弓のお稽古(今ならジム通い!トンイは‘モムチャン’が好みだから、爆笑!)
オクチョンの嫉妬に気づいてくだされ、チョーナ~~!‘ク・アイ、プンサン(犬)が~~’は
彼女の前では控えないと危険だ!女は恐いのです~~~

只今、 momochiさんの翻訳を読み返し、ヴィデオも見直し、整理中。
推理小説的要素は、チャングムやイサンより手が混んでます。メモ、メモ~~

 junさんへ♪ * momochi * 2010/05/06 (07:39) * URL * 編集

いつもありがとうございます。

14話も、盛りだくさんでしたね。
私も、トンイを追いかけていた男達が誰の手下なんだろうと・・・。

それにしても次々と起こるトラブル、そして事件。
これから先が、ますます楽しみです。
オクチョンとトンイが敵同士になる日も近い???

 R.M. さんへ♪ * momochi * 2010/05/06 (08:08) * URL * 編集

本当に来週が待ち遠しくて・・・^^

オクチョン兄妹は、母親の生まれのせいでいじめられでもしていたのでしょうか。
宮中に最初に上がるときからの計画だったとは・・・。
二人の今後の計画が、どう進んでいくのかそれも気になりますね。

トンイの強さも驚きでした。
あのユ尚宮達にも、プンサン犬であるところを披露!
それで自分を守り通したところは、さすがです。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/900-39dfb48a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)