momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/04/20 同伊(トンイ) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
同伊(トンイ) 第9話 ドラマ詳細はこちら!
第9話 4月19日放送  視聴率 19.0%(TNS全国版)
関連ニュース!
イム・ソンミン、初めての史劇挑戦酷評…国語の本読む監察府?
カン・ユミ-キム・ソンイ、'同伊'監察府宮人で合流
'イ・ビョンフン師団'の変奏、'同伊'のまた他の面白味
'同伊'の遅い上昇の勢いはなぜ?
ハン・ヒョジュ2連続逮捕、それでも無事‘陳腐’批判
すべての陰謀が女婢同伊中心に?おかしな法則
'ライバル'トンイVSチャンヒビン、義理守って..予想外の展開

昨夜遅く、字幕なしで第9話を視聴しました。
内容がほとんど理解できないのが悲しい限り・・・(^^;)

DaumとNaverの同伊関連ニュースでは、批判的なものが目立ちました。
まぁ、トンイとスクチョンがまだ会わないのかといったような、
せっかちなネチズンの意見は仕方がないとして・・・^^。

新たに登場した監察府の宮女達の評判は上々のようです!
しかし、ユ尚宮への風当たりは厳しいものが。
言葉のわからない私は、台詞の言い回しと表情からしか判断できませんが、
ユ尚宮の演技には、確かに少々首をかしげる場面もありました。

脇を固める他の俳優さん達の熱演が光っているだけに残念!
番組を盛り上げるためにも、何とか頑張って欲しいものです。
ファイティーン♪

兄のように彼女に愛情を注ぐヨンダルと、
文句ばかり言いながら、トンイの心配をするジュシク。
このデコボココンビは、なかなかいい味を出していますね。
シリアスな物語に、コミカルなシーンが登場すると、
集中が途切れてしまい、何これ?と思うことが多い私ですが、
この二人には、思わず笑ってしまいます。

視聴率が毎回上昇しているにも関わらず、いろいろ取り沙汰されるのも、
PDに対する期待の大きさの表れ。これまた仕方がありません。
第10話は、もっともっと面白くなりますように^^

ViiKii動画アップは、たぶん明日・・・。
字幕がつくのは明後日?

それまでに、語彙のおさらいでもしておくことにします(^^)


動画を見る!

第9話動画(字幕なし)
第9話動画(字幕なし)

第9話-1 第9話-2 第9話-3 第9話-4 第9話-5 第9話-6 (中国語字幕・画質が綺麗です!)  

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!(英語字幕を訳したもので、韓国語の脚本の内容とは違います)

ヒョウォンとドンジュの命日に彼らが命を落とした崖の上に行ったチョンスは、
トンイに渡したコムケの鉢巻が、桜の木に結び付けられているのを見つけます。
「トンイ!間違いなく、これはトンイに渡した私の標識(표식)だ…。」
トンイを捜し回るチョンス。

市場を歩きながら、忘れ物に気づくトンイ。
「あっ、大変。チョンスオラボニがくれた鉢巻き!どうしよう…。あそこに置いた後、拾うのを忘れたんだわ。あぁ、まだあそこにあるといいけど…。」
そう言って、トンイは歩いてきた道を戻ろうとします。

そのとき、「おい、そこで止まれ!」と呼び止める声が。
「ひょっとして、この卑しい僕のことを言っているのですか?」とトンイ。
「そうだ。お前は掌楽院の奴婢、チャンという苗字のトンイというものか?」
「はい、そうですが、一体何のご用ですか?」
「何をしておる?直ちにこの娘を捕らえんか!」
いきなり両腕を掴まれたトンイは、
「どうして私を逮捕なさるんですか?一体どういうことですか?」
「この娘を直ちに捕庁へ連れて行け!」
必死で抵抗するトンイを、役人達は連行して行きます。
幼いトンイを思い浮かべながら彼女を捜しまわるチョンス。

タグ:韓国  ドラマ  動画  同伊  トンイ  あらすじ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/04/20 (18:34) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 やっと… * jun * 2010/04/22 (00:12) * URL * 編集

9話まで追いつきました。
見たいドラマのあらすじがこちらで見られて嬉しいです!(^^)!
回ごとに感想をと思いながら面白くて一気に見てしまいました。
ハラハラ感もあり謎解きもありほのかな恋愛もありで面白いです。

史劇はチャングムから嵌りだしたので、チ・ジニは懐かしいですね。
王の女・王と私・チュモン・イサン・善徳など宮中の中となると
耳に覚えのある言葉が沢山出てきますね。
「ノリゲ」はイルチメにも出てきましたよね。

チ・ジニ扮する王様は今までの史劇の中の王様で一番魅力的かも
官僚達の意見に流されず自分の目で物事を弁えることのできる王様!

トンイとの町での会話も笑えますよね
トンイはいつ王様だと気付くのでしょうね~

そしてヨンギ
トンイは気づきましたよね…でもヨンギは半信半疑

そしてトンイとチョンスオラボニ
会えそうで会えない(*>ω<)o"クーーッ

でも小さい頃のトンイしか覚えてないからトンイの方は分っても
ヨンギもチョンスもわかんないよね~^^;

チャン尚宮と会えたのに「ノリゲ」違うやーーん
そして手話の4文字くらいかなぁ…
50話ならこれもここでは明かされちゃダメよね~

で、お勉強済みでしょうがちょこっと^^;
私はこの程度しか聞き取れなくてもリアル組です。

【両班(ヤンバン)】高級官僚のほとんどがこの身分
【中人(チュンイン)】低い官職の人や医官・技術系の官僚
【良民(ヤンミン)】一般庶民・農民や商人
【賤民(チョンミン)】奴婢、使用人、芸人、僧侶、巫女 
【白丁(ペクチユ)】動物の屠殺に従事する者

中殿(チュンジョン)・・・王の正妻
翁主(オンジュ)・・・・・・王の娘
大妃(テビ)・・・・・・・・・・先代の王の正妻
大王大妃(テワンデビ)・・先々代の王の正妻
嬪宮(ピングン)・・・・・・・王世子(次の王)の正妻

※宮中にいる女性は側室も女官も全員「内命婦」に属し、
  内命婦の長は中殿が務める。
※ママは位の高い人に使う敬称
※尚宮は女官の長
殿下(チョナ) 主上殿下(チュサンチョナ)・・・国王を呼ぶ時
主上(チュサン)・・・・・・・国王の母など目上の身内が国王を呼ぶ時

邸下(チョハ) 世子邸下(セジャチョハ)・・・・王世子(時期国王)を呼ぶ時
世子(セジャ)・・・・王世子(時期国王)を目上の身内が呼ぶ時

王子(ワンジャ)・・・王の息子を目上の身内が呼ぶ時

アバママ・・・子が国王を呼ぶ時
オマママ・・・子が母を呼ぶ時

またまた長丁場になりますが宜しくお願いします。

 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/04/22 (01:10) * URL * 編集

やっと第9話のあらすじをアップしました。

チャングムは少ししか見ていませんが、
彼女の母親は、今回は監察府の尚宮役のようです。

ドラマの内容は、それぞれ微妙に史実とは違っているのでしょうね。
翻訳の参考に、ヒビンチャンの公式サイトのキャストを見ていますが、
同伊に登場する朝廷の役人が全然違うことにビックリしました。
一気に監察府の女官が何人も登場したので、顔と役名を一致させるのに一苦労^^
語彙も相変わらず難しいですね。

噴火による飛行機の運航停止は、連日日本でも大騒ぎです。
少しずつ飛び始めましたようですが、今朝のニュースでも、
パリの大学生達が、来月15日ごろまでシートが取れなくて困っているとのこと。
所持金が2000円しかないので、どうしようと話していましたよ。
ひとつの火山の噴火が、これほどの大事になるとはと、
今頃ですが本当に驚いています。

娘は、3ヶ月ほど短期留学をしていただけですよ。
ドイツ語はもうほとんど忘れてしまったとか。
中国語は、専攻でしたのでまだ大丈夫のようですが、
英語で勉強したせいか、日本語への通訳がうまくできないのです。

以前、中国人から韓国ドラマのDVDを貰い、英語字幕がないので、
中国語を同時通訳してくれと頼んだところ、英語に通訳してくれて^^
そんな融通の利かない娘です(笑)

池袋は日々変貌しています。
私が住み始めて7年になりますが、新しいものが次々と。
それだけ何かがなくなっているということですけれど。

 junさんへ♪ * momochi * 2010/04/22 (01:22) * URL * 編集

久しぶりのjunさんのコメント、とても嬉しいです^^
お仕事のほうは、一段落ついたのでしょうか。

同伊、楽しんでいます。
というよりも、すっかり嵌まり込んでいますよ。
善徳、チュノとあらすじを書いてきましたが、
比較にならないほど難しく感じています。
少しずつでも知識が増えたので、気になるのでしょうか。
そうだといいのですが・・・。

細かい呼び方の情報も、本当にありがとうございました。
私も今必死で勉強しているところです。

トンイを表す言葉だけでも、奴婢、女婢、賎婢とさまざま。
耳を済ませて台詞を聞き取ろうと努力していますが、なかなか違いがわからなくて。

今思うと、何も知らずに書いていた「善徳」のあらすじには、
恐ろしいほどの間違いがありそうで、もう怖くて読み直せませんよ(^^;)

スクチョン役のチ・ジニは、本当にいいですね。
そしてオクチョンも。
主役のトンイがかすんで見えるほど(^^)
もうちょっと視聴率が上がってもいいのではと、
数字を見るたびに思ってしまいます。
まだまだ先が長いので、今後に期待しましょう。

どうか最後までよろしくお願いいたします。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/872-597d623a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)