momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/01/07 チュノ COMMENT(6)  TB(1)  EDIT  TOP
チュノ 第1話 ドラマ詳細
1月6日放送  視聴率 22.9%(TNS全国版)

関連ニュース!
大当たり予約‘チュノ’絶賛一色なぜ?
オ・ジホ‘チュノ’初放送胸のときめき挨拶
'チュノ'獣のような男たちが'姉さん'と?
'チュノ'初回から大当たり…'アイリス'後光? '最高ドラマ!'


動画を見る!

第1話-1 第1話-2 第1話-3 第1話-4 第1話-5 第1話-6 第1話-7 削除されました(2/1)

第1話(字幕なし)
第1話(字幕なし)
第1話(字幕なし)
第1話(中国語字幕)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!(英語字幕からの翻訳です)

<ナレーション>
1636年丙子の乱後、中国で人質となっていたソヒュン世子が、チュソンに戻って来た。謎の病を患った彼は、その1ヵ月後に死亡する。彼の死の直後、陰謀に巻き込まれた世子妃ガンビンは、最終的に服毒死させられた。世子とその妃の死後、彼らの三人の息子は済州島に島流しとなり、彼らのうち二人はまもなく死亡、一番下のソクキュンだけ一人生き残った。疑惑の残る世子の死は、政治支配を巡る血を流す権力闘争を引き起こし、チュソンの半分の平民は、奴隷に身を落とし、その不当な悲惨な生活から逃げようとする奴隷の数が増大すると共に、彼らを捕まえる賞金稼ぎも増えるのだった。このような男達は、「チュノ(チュノ人)」と呼ばれた。

タグ:ドラマ  韓国  動画  チュノ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * peni * 2010/01/25 (19:52) * URL * 編集

momochisさん こんんばんわ、お久しぶりです。

冒頭のかこいのぶんは
ナレーションのぶんですね、
さっぱりわからなかったところが
わかって嬉しいです。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします^^

 えへへへへっ... * ...zoi... * 2010/01/25 (20:11) * URL * 編集

こんばんは。先日は、妙なコメに付き合わせてしまいまして、大変失礼しましたっm(_ _)m
momochisさんの“チュノあらすじ” すごく期待して、一日千秋の思いでお待っていました。ほんとうに ほんとうに ありがとう゛ざいました。

能力者momochisさん! バンザイっ!!!

あの... 
こちらを ご存知無い方が とても喜ばれると思いまして、自ブログにmomochisブログを紹介させてもらいました。
                        事後承諾いただきたく~~ ^^;

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/01/25 (22:02) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 peni さんへ♪ * momochi * 2010/01/25 (22:28) * URL * 編集

コメントありがとうございました。

ようやくあらすじアップができました(´▽`) ホッ
難しかったです^^

最後まで頑張りますので、
こちらこそよろしくお願いしますね。

 zoiさんへ♪ * momochi * 2010/01/25 (22:32) * URL * 編集

コメントをありがとうございます。
大変な褒め言葉をいただいて、恥ずかしい限り(^-^;

英語からの翻訳なので、間違いが多々あるかと思います。
なにぶん、韓国ドラマ初心者で、おまけに韓国の歴史の知識も浅く、
お気づきの点があれば、ぜひお知らせください。

なんとか最後まで頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。
ブログでの紹介も、ありがとうございました。

 非公開コメント pさんへ♪ * momochi * 2010/01/25 (22:46) * URL * 編集

私もしょっ中ですから≧(´▽`)≦アハハハ
お気になさらずに。

あちらの件は、大丈夫です。
ご心配ありがとうございました。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/635-7d7a0d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【『推奴チュノ』パーフェクトあらすじ】
【『推奴チュノ』パーフェクトあらすじ】  추노  blog :  『momochiの韓流メモ』 さまで チュノ を 読ませていただこぉ~♪ ...