momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/11/26 イケメンですね COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
viikiiのシステムトラブルで、動画も字幕もアップされず、
ようやく追いついた大事な第15話、字幕なしでの視聴となりました。
(もう回復したようですけどね。よかった、よかった(´▽`) ホッ)

なんとか最終回を見る前に、内容を知りたいと、
あちこち探して、やっと英語のレビューを見つけたので、
気になったシーンの大事な台詞だけちょこっと拝借、翻訳してみました^^
全体のあらすじ・レビューは、いつものように、ルッカさんのところで後ほどご覧ください!

まずテギョンがミニョの母親の写真を大きな水槽の前で渡すシーン!
直前に、チャペルでのシヌとミニョを見たテギョンとしては、
もう直接彼女に渡すつもりはなくなっていたのですが・・・。
20091126.jpg20091126-2.jpg
テギョンは、彼女に母親の写真の入った封筒を差し出し、彼女の名前を告げます。
いきなり泣き出したミニョに、ちょっといたたまれなくなるテギョン。

彼は、ミニョにMP3を渡し、こう言います。
「これは、すべてお前の父親がこの曲を書いたために起こったことだ。この歌のせいで、俺の母親はお前の継母になるところだった。その継母になるはずだった女と友達になれ。そして彼女に自分の母親のことを聞けばいい。」

そのまま立ち去ろうとするテギョンに、ミニョは強い口調で「そんなに軽く言わないでください!」と。
そしてこう続けます。
「はい、この歌のせいで、私の母は捨てられました。あなたもあなたのお母さんから捨てられました。だから、あなたはとても傷ついたはずです。でも、私の母も大きな痛みを感じていたんです。彼女は一人で私を産み、死んでいったんですから。友達になれですって?どうして私が、あなたのお母さんと友達になんてなれるんですか?あなたは忙しすぎて、自分のことだけ考え、他のものが何も見えないんですか?あなたのお母さんのことを知っていたのに、何も言わなくてすみませんでした。あなたがあまりにも悲しそうに見えたから、知っていると言うことができなかったんです。あなたが私の父の歌をリメイクしていることを知っていたのに、何も言わなくてすみませんでした。私は、その背後にあったストーリーを知らなかったし、あなたが私に姿を見せるなと言ったんです。でも、あなたに会うことは、私にとっても辛いことでした。だから私は遠くへ、あなたに見られないようなところに行くつもりです。だから、会ってお互いに痛みを感じなきゃいけないような理由は、もう私達にはありません。」

次は、プロデューサーから母ファランとミニョの父親のことを聞いたテギョンが、
録音スタジオの中の母に、ガラス越しにきつい言葉を投げかけるシーン!
20091126-8.jpg20091126-7.jpg
「この歌は、あなたのものではなかったんでしょう?彼のところに戻ってくるように、あなたは頼まれなかったでしょう?あなたが、それを盗んだ。そうじゃないんですか?あなたがそれを盗み、それでその女性は彼のところに戻れなかった。全部嘘だったんだ。彼はあなたを愛してはいなかった。そうなんでしょう?」
ファランは思わず涙を。
テギョンの言葉が胸にささったようです。

最後は、女の子の洋服に着替え、教会へ行こうとするミニョ。
重い荷物にタクシーを止めると、テギョンが降りてきます。
20091126-5.jpg20091126-4.jpg
彼は、ミニョの父親の歌の真実を彼女に話した後、ミニョにこう言います。
「すまなかった。あれは全て俺の母親の誤った行動のせいだ。本当にすまなかった。」
「ファン・テギョンさんも、傷つきました。そんなに謝らないでください。」とミニョ。
「お前が言ったように、俺は自分のことしか考えていなかった。だから俺は、お前の言葉を聞くこともお前の感情を見ることもできなかったんだ。俺はただ訳もなくお前に腹を立てただけだった。もし俺がもう少しそれを考えていたら、お前のほうがもっと傷ついていたことがわかっただろう。」
「今、あなたはそれをわかってくれています。でも、私は今あまりにも辛くて、大丈夫ですってあなたに言うことができません。本当のことを言うと、私はファン・テギョンさんのお母さんを憎んでいるんです。お願いがあります。どうかこの歌を、あなたのお母さんにもう歌わせないでください。これは、私の母の歌なんです。私は二度とこれを彼女に奪われたくはないんです。」
「取り戻すから。約束する。」
「約束してくださって、ありがとうございます。そして、最後のさよならを言うために、あなたに会えてとても嬉しいです。ファン・テギョンさん、さようなら。」

去ろうとするミニョの手を固く握り締めるテギョン。
20091126-3.jpg20091126-6.jpg
ミニョは、振り返らずにこう言います。
「いつか時が過ぎ、あなたにすまないと感じさせることがなくなって、ことがほんの少しでもよくなったら、私は大丈夫よってあなたに知らせます。」

うぇ~~~ん、なんという素晴らしいシーンでしょうか。
そしてなんて切ない二人の別れ(T_T)
テギョン、そしてミニョの気持ちを思うと涙が止まりませんでした。

さていよいよ最終回。
(って、放映はもうおわってますけど(・_・;)
どういう結末になるのか、楽しみです♪
いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * ゆこ * 2009/11/27 (06:43) * URL * 編集

はじめまして。
いつものぞかしてもらってます。
どこを探しても、日本和訳がなくって(探しきれなかったただけ?)
今、読ましてもらって、切なさ倍増です。
 でも意味がわかって助かりました。
ありがとうございました。
 昨日も繋がったのに、全くハンググわからなくて・・・残念。
でもいい終わりかたでよかったです。

 ゆこさんへ♪ * momochi * 2009/11/27 (11:38) * URL * 編集

コメントをありがとうございました。

日本語和訳は、なかなか見つかりませんね。
viikiiでの日本語字幕も、つくことはほとんどありません。
それだけ「イケメンですね」は特別だったということでしょう。
本当に楽しかったですね。
最終話、私も半分だけ英語字幕がついたもので見ました。
後半の台詞が早く知りたいです。
ハッピーエンドでホッとしたので、安心して見れますよ^^

これからもどうぞよろしくお願いします。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/536-747ade2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)