momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2015/12/01 映画レビュー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
201512071059-tile.jpg

* 暗殺 2015年 イ・ジョンジェ レビューはこちら!

* ミス・ワイフ 2015年 ソン・スンホン レビューはこちら!

* ビー・デビル 2010年 ソ・ヨンヒ、チ・ソンウォン

  孤立した島で住民が惨殺された事件を描いた作品で、
  キム・スヒョン「シークレット・ミッション」のチャン・チョルス監督のデビュー作。
  そして、ソ・ヨンヒも主演賞をいくつか取ったということで見たのですが、
  女性や子供への暴行が横行する島、それを見ぬふりをする島民と不快な要素満載…、
  最後は鎌で殺しまくるという目を覆うような残虐な流れは韓国映画特有のものですが、
  それでもやはり、チャン監督の才能を感じさせるところはありました。
  ソ・ヨンヒの演技も素晴らしいですが、不快感はかなり残った作品でした。

* 鳥人間 2015年 キム・ジョンソク、ソイ

  とても地味なキャストですが海外で高い評価を受けた作品だとか。
  15年前に消えた妻を探すためにある若い女性と旅立った小説家が
  信じられないような事実に直面するミステリーファンタジー映画です。
  「俳優は俳優だ」のシン・ヨンシク監督が、彼独特の世界観を美しく描きました。
  まったく現実感のないストーリーですが、
  それでも強い魅力を持った作品だったと思います。  

* 巨人 2014年 チェ・ウシク、シン・ジェハ

  「レイトオータム」のキム・テヨン監督の最新作。
  釜山国際映画祭で「今年の俳優賞」と「市民評論家賞」を受賞したそうです。
  父親がいながら施設で暮らす高校生ヨンジェの辛い青春を描いたもの…。
  気弱で図太いヨンジェを演じたチェ・ウシクが素晴らしく、
  そんな彼の揺れ動く不安な心が画面から伝わってくるようでした。

* トラブルシューター 解決士 2010年 ソル・ギョング、オ・ダルス

  心に残る作品かどうかとか内容はともかく、
  最後まで単純に楽しめるのはソル・ギョング、オ・ダルスら豪華キャストのおかげ。
  クォン監督はリュ・スンワンの助監督出身だそうですが、結局作品はこれだけのようです。
  よくある韓国映画という雰囲気ですが、アクションや俳優の演技はもちろんいいので、
  時間つぶしにはちょうどいい作品です。

* ザ・テノール真実の物語 2015年 ユ・ジテ、伊勢谷友介

  韓国人声楽家ぺ・ジェチョルが声を失ってから再びステージに立つまでを
  感動的に描いた作品。
  これは今レビュー書きかけ、後ほどアップする予定です。

* ベテラン 2015年 ファン・ジョンミン、ユ・アイン レビューはこちら!
タグ:韓国  映画  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/4262-cf34bf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)