momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/10/07 善徳女王 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
090526.jpg善徳女王 第40話
10月6日放送  視聴率 39.6%

関連ニュース!
'善徳女王'トンマン"王になる"爆弾宣言
オム・ヒョソプ,権謀術数・世渡り演技、視聴者視線集めて
'善徳女王' 40%再進入いつ頃?
トクマン-春秋,女賃金vs真骨賃金'名勝負'

動画を見る!(英語字幕)

第40話-1 第40話-2 第40話-3 第40話-4 第40話-5 第40話-6

動画はこちらにも!(深夜はスムーズに見られないようです)
  
※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!(英語字幕を訳しています)

Part1
自分を裏切った村人2人を処罰したトクマン。彼女は籠の中でミシルの言葉を思い出します。
「人々は信頼を重荷に思うのです。希望も彼らにとっては居心地の悪いもの。彼らはそれを知ることや自由になることで戸惑ったりしたくないのです。」
ユシンは、そんなトクマンに声をかけます。
「王女様。たとえあなたが今自信を失っているとしても、ご自分を信じなければなりません。それを信じれば、あなたは耐えられます。信じることで、前に進むことができるのです。ご自分を信じなさい。」
「私は正しいことをしているのでしょうか?」とトクマン。
「あなたがしていることを信じなければいけません。そして自分で答えを見つけなければならないのです。」
「ええ、きっとそうなのでしょうね。自分で・・・。私ひとりで。」

チュンチュはビダムに言います。
「私の叔母は、思ったより手ごわそうだ。」

ウォンはミシルに報告します。
「安康の反逆の首謀者達は、処刑されました。」
「トクマンが自分でしたのですか?」とミシル。
「ええ、そして彼女はまた利子を低くしました。」
ミシルは、トクマンの言葉を思い出します。
「そうそう、あなたの言葉はとても印象に残りました。罰はすばやく、そして褒美はゆっくり与えるべきだと。それと前例を残さないというあなたに私も賛成です。ですから、私はもう二度とこのような前例を残しません。」

ミシルはウォンに言います。
「トクマンは、大変でしょうね。チヌン王の時代の戦を思い出しましたよ。」
「ええ。あなたと私は高句麗の兵士から逃げていました。」
「3、000人の兵士が私達に従い、最後にはたったの200人しか残っていませんでした。あれが、このミシルの初めての戦争でした。私達は戦いに負け、人は毎日のように逃亡していきました。ある日、我々は7人の脱走者を捕まえました。その中の一人は、私の命を救った郎徒でした。その郎徒は私を裏切り、私を難しい状況に追いつめたのです。7人の中のその一人を殺すことは、私の心に痛みを与え、私はずっと泣き続けました。数え切れない敵を殺してきたにもかかわらず、その7人を処刑したあと、私は剣を持つ手の震えを押さえることができませんでした。」
「あなたは、あなたのしなければならないことをしたのです。それはそんな状況が初めてだったからでしょう。」
「ええ。でもしばらく経ったある日、私の思考は変わり私の手の震えも止まりました。そして、今の私になったのです。今の私は違う人間なのです。トクマンも同じようになるでしょうか?」

トクマンの手の震えは止まらず、耳には村人の最後の言葉が残ります。
そんなトクマンにビダムは言います。
「あなたはミシルのようになる必要はありません。たとえあなたが人を殺したりせず、ミシルのように振舞わなくても、それでもあなたは強く見えます。」
「私は素早く決めました。決断は簡単だと思ったのです。もちろん、人々は今まであのような状況に置かれたことがなかったのであんなことをしたのでしょう。土地を耕し、それを所有し、子供たちに譲り渡していくことができる。彼らはまだそれが理解できないのです。」
「私の前では、どうかありのままの姿でいてください。今のあなたを見ると、なんだか心が落ち着きません。普段のあなたのほうが、人々も好きなはずです。そのほうが彼らも心を動かし、理解するでしょう。彼らもそのうち変わりますよ。」
ビダムはそう言いながら、心の中でつぶやきます。
「彼女は知っているのだろうか?俺も変わっていくことを。」
「ありがとう、ビダム。」とトクマン。

突然体の変調を訴えるチンピョン。マヤは医師に言います。
「昨夜突然、彼の唇が乾き、胸の痛みを覚えたそうです。」
「症状はそれほど深刻ではありません。」と医師。チンピョンは、
「大丈夫だ。隠さずに、病状を言いなさい。」
「血液の循環が不十分なことが、心臓の問題を起こしています。ですが、今の時点では、それは深刻ではなく薬草を飲むことで治療できるはずです。」

トクマンはユシンに言います。
「安康城の問題は、少し距離を置いて見ていきましょう。あなたが風月主として忙しいことは知っていますが、私はあなたにそれを導いてもらいたいのです。あなたの信用できる人間をそこに送って、人々を見て欲しいのです。」
トクマンの手の震えに気がついたユシンは「大丈夫ですか?」と。

タグ:ドラマ  韓国  動画  あらすじ  善徳女王  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/390-d8ee732c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)