momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/10/02 太陽を飲み込め COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
taiyou.jpg太陽を飲み込め 第25話
2009年10月1日放送 視聴率 18.8%(TNS・全国)

関連ニュース!
テサム,'18.8% 自体最高視聴率で終映
テサム','勧善懲悪' 仕上げで自体最高視聴率 '有終の美'

終わってしまいましたね。
視聴率はともかく、後半はのめり込みました。
個人的には、このドラマの後半の主役はミノだったなぁと(*^^*)
それだけに、結末が残念でなりません。

字幕がついてから、じっくり見ようと思っていたのに、
誘惑に勝てず25話を先にみてしまった堪え性のない私。
そんな訳で、悲しみを抱えたままの翻訳作業となってしまった次第です(T_T)
いやぁ、今週は本当に面白かったですね。
さまざまな結末の予想がでていましたが、こんなことになるとは。

とにかく終わってしまって、寂しいです!


動画を見る!(英語字幕)

第25話-1 第25話-2 第25話-3 第25話-4 第25話-5 第25話-6

第25話の動画はこちらにも!
25-1 25-2 25-3 25-4 25-5 25-6 25-7

第25話の動画はこちらにも!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!(英語字幕を翻訳)

Part1
ミノの屋敷に連れて来られたペク室長に銃を向けるミノ。
その間に割ってはいるジョンウに、ミノは「下がってろ!」と。そして、
「時代は変わったな。私がお前を保護しどう育てたか、お前はすべて忘れたのか?私は死んでいたはずのお前を助けた。そのお前は私を殺そうとしている。もし私が飼い主を噛もうとしている犬を助けたら、それは世の中への害となる。だからお前は死ななければならない。」
ペク室長はこう言います。
「なぜ犬が飼い主を噛むのでしょうか?もし飼い主がまともなら、彼が忠実な犬だとわかるでしょう。あなたは何をしましたか?私は命をかけてあなたに仕えました。だが、あなたは私を一度放り出したんです。」
「黙れ!お前は裏切りのために長い時間をかけ準備をしていた。お前の横領は私に仕えたことへの褒美だったとしよう。だが、お前はそれでは十分でないと考え、他の取り引きをしようとした。キム・ジョンウとの関係を利用し私を脅したのだ。そんなお前を、私は許すことはできない。」
「撃ちなさい!私を殺して、今度は誰に責任を押し付けるつもりですか?もう自分の息子であるキム・ジョンウにその責任を取らせることはしないでしょう。ここにいる二人は信用できないし、自分で責任をとることになります。私を殺して自分もおしまいにしますか?」
そこにテヒョクが入って来ます。「父さん!落ち着いてください。」
ペク室長は続けます。
「しっかり考えてくださいよ。このチャンスを逃したら、もう次はありませんよ。」
「お前をそう簡単に死なせるわけにはいかない。お前の残りの人生を、この裏切りの結果として苦しめてやる。今すぐ私の目の前から失せろ。」
黙って出て行くペク室長。

テヒョクはペク室長を訪ねます。
「何があったんだ?父は俺達のことを知ったのか?」
「いや、そうではないようだ。もし彼が知っていたら、俺達は今頃生きてはいない。」
「それじゃ、なぜあなたに銃を向けたりしたんだ?」
「私は彼を裏切った。その上、キム・ジョンウのことでテジョンカジノを奪うと脅した。それは彼にあんなことをさせるのに十分な理由だ。心配するな。彼は私達の取り引きには気づいていない。」

チンギはジョンウに訊ねます。
「チャン会長は、テヒョクとペクの協定を知らないのか?」
「いや、彼は知っている。彼は、会社の幹部達が彼らに加わったことも知っているんだ。」
「じゃあなぜ彼はそれについて何も言わないんだ?テヒョクもそこにいたのに、なぜそれについて何も言わなかったんだ?」とソクテ。
「それは俺にもわからないが、彼には別の考えがあるんだろう。」とジョンウ。
そこにチャン会長からジョンウに呼び出しの電話がかかってきます。

酒を飲みながら、ミノは言います。
「なぜあんなことをテヒョクがしたのか。なぜ私に背を向け、ペク・ソンギルと手を組んだのか。おそらくお前のせいだろう。私はお前を受け入れ、関係を築くことはできない。私がベトナムにいたとき、テヒョクと彼の母親の生活は地獄だった。彼の母親が病気だったので、幼いテヒョクは、物乞いをしなければならなかったと聞いた。結局彼は、母親が死ぬのをただ見ていることしかできなかったんだ。父として無責任だった私の罪を償うために、私は彼の欲しいものを何でも与えてきた。しかし、それは彼の憎しみの解決には不十分だったようだ。そしてお前が突然目の前に現れた。テヒョクは裏切られたと感じたに違いない。私はお前がまだ私を許せないことを知っている。私は、自分の息子達の憎しみの対象になっっているんだ。私が悲観的になるのは、滑稽じゃないか。だが耐えられないんだ。お前は前に一度私に言った。私が行く先々で人を不幸にしたと。私は悪魔の爪あとを残しただけだと。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * toto * 2009/10/03 (09:52) * URL * 編集

momochiさん 

おはようございます。
最後までUPありがとうございました。
私も、最終話を見てテサムはチャン・ミノが主演だったと思いました。

最終話も(特に)言葉の壁、最後はナレーションで??
無理やりHappy End(?)にしたようで

でも、momochiさんのおかげで、話の内容が理解できました。
本当にドラマを見続けるのにうれしい、あらすじUP
助かりました。

ありがとうございました。

 ありがとうございました。 * 桃ちゃん * 2009/10/04 (16:47) * URL * 編集

momochi様、とうとう終わってしまいましたね。
24話、25話とずいぶんはしょりすぎた結果、ラストがなんか大味になってしまった印象です。(アフリカの王様の援助とかラスベガスの投資とか、とってつけたエピソードですね。)
しかし、おおむね面白かったと思います。
次はイ・ビョンホンの「アイリス」に期待したいです。
最後に、あらすじを毎回載せていただき本当にありがとうございました。
たいへん助かりました。

 toto さんへ♪ * momochi * 2009/10/05 (00:30) * URL * 編集

こちらこそ、最後までお付き合いいただいて、本当に嬉しく思っています。
最初はどうなることかと思いながらのあらすじアップでしたが、
後半は、順調に字幕も付き、ストーリーを楽しみながらの作業。
今は、なんだか気が抜けたような気分です。

もう少し視聴率が上がれば、延長もということだったのでしょうか。
最後は、本当に無理やり終わらせたという感じでしたね。
意外な結末に驚きました^^

太陽を飲み込めは終わりましたが、
これからもよろしくお願いいたします。

 桃ちゃん さま♪ * momochi * 2009/10/05 (00:34) * URL * 編集

最後まで応援ありがとうございました。

本当に拍子抜けするエンディングでしたが、
後半は、とても楽しくドラマをみることができたように思います。
前半では、どうなることかと思いましたけどね(*^^*)

アイリスは、私も楽しみにしています。
普通なら直前までオープンしない公式サイトも気合が入っていますよね。
私もあらすじを頑張ろうと思っていますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/373-86009362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)