momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/10/01 太陽を飲み込め COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
taiyou.jpg太陽を飲み込め 第24話
2009年9月30日放送 視聴率 16.4%(TNS・全国)

関連ニュース!
終映控えて 'テサム',20% 壁越える事ができないか
テサム' チソン "幸せな秋夕送ってください"

動画を見る!(英語字幕)

第24話-1 第24話-2 第24話-3 第24話-4 第24話-5 第24話-6

第24話の動画はこちらにも!
24-1 24-2 24-3 24-4 24-5 24-6 24-7

第24話の動画はこちらにも!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!(英語字幕を翻訳しています)

Part1
ミノの前で殺人容疑で連行されたジョンウは、ヨン検事のところへ。

大学のカフェにいるソヒョンのところにサンミが。
「キム・ジョンウが警察に連れて行かれたのを知ってる?」と。
「私が検事に彼を連れて行くように頼んだの。」

ソン理事はテヒョクに「本当ですか?」と。
「ええ。私が彼を逮捕させました。」とテヒョク。
「会長に見つかったらどうするんです?」
「そんなことは私にはどうでもいいんです。」

ソン理事は、ミノのところへ。
「我々はハン弁護士に調べさせています。彼は今ソウルですが。」
「どういうことだ?すぐ来るように彼に言うんだ。」
「こんなことのために彼に来てもらうのは・・・。」
「こんなこととは何だ?何としても彼を出すように言え!ハン弁護士がだめなら、他の弁護士を探すんだ。」

ジャクソンは、ガンネ達に言います。
「ジョンウは今取調べを受けている。驚く必要はない。ジョンウはこれが起きることを予定していた。」
「逮捕されるのが彼の計画だなんて。わかるように説明してください。」とセドル。
「テヒョクとペク・ソンギルが、ジョンウを刑務所に入れるように細工したんだ。ジョンウはそれを知って、それを自分の有利に利用しようとしている。ジョンウを刑務所に入れる代わりに、ペク・ソンギルはテヒョクに何か頼むだろう。それが何なのかはまだわからないが、彼らの企みは、最後には二人を追い詰めるはずだ。チャン会長がこれを知ったらどう思うか。ペク・ソンギルは、彼を裏切った男だ。もし彼の息子が、そんな奴と手を組んだら、彼は恐らく驚き怒り狂うだろうな。」

テヒョクはペク室長に言います。
「あなたは俺が考えていた以上に早く取り掛かりましたね。」
「君の望みどおりにしたのだから、今度はそっちの番だ。私は、チャン・テヒョクがテジョングループの会長になるのが見たい。なぜそんなに驚く?私と手を組んだとき、既に君も自分をテジョングループのリーダーとして考えていたんじゃないのか?君がテジョングループの会長になるまで、私は必要なことをなんでも手伝う。こんなふうに考えてみろ。キム・ジョンウがいる限り、君の父親は、君たち二人を比べ続ける。それは、君にとてつもない苦痛を与えるだろう。たとえキム・ジョンウが刑務所にいても、テジョングループがチャン会長の手にある限りどうにもならない。だから、君が新しいオーナーになるときなんだ。」

ヨン検事はジョンウに言います。
「チャン会長は君を助けるためにテジョンカジノを手離したそうだが、本当か?彼は君が自分の息子だと気づいた。それでも、君はチャン会長への気持ちは変わらないのか?」
「そのことで、彼の過去が変わったわけじゃありません。母と私の運命も変わっていません。私はまだ彼を許すことはできないんです。何か変わったとしたら、私はもう法律に頼るつもりはないということです。彼の息子のテヒョクは、彼に歯向かおうとしています。自分の息子に裏切られたら、彼は壊れるでしょう。」

ミノは弁護士に言います。
「私の経験では、ヨン検事は簡単に扱える人間ではない。キム・ジョンウは、すでに一度殺人罪を犯している。だから裁判になったら、逃れることは難しいだろう。そうなる前に、彼を出す必要があるのだ。」
ちょっとお聞きしたいのですがとジョンウのことを訊ねる弁護士に、ミノは
「彼は私の息子だ。その事情を話すと長い話になるが、こんなことに彼を巻き込んだのは、すべて私の過ちなのだ。私は彼に対して許されない罪を犯した。この罪を犯した自分を悔い改め、彼の人生を取り戻してやることが私には必要なのだ。私はジョンウをテジョングループの後継者として育てるつもりだ。」
「それではテヒョク氏はどうなるんです?」と弁護士。
「もちろん私はテヒョクにも同じ機会を与えるが、彼の能力では、テジョングループをやっていくことは無理だろう。」
その話を聞いていたテヒョクは、ペク室長に電話を。
「あなたの望むようにする。俺はテジョングループの会長になるつもりだ。」
「よく決心したな。それでは準備を始めよう。」とペク。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/371-8a629274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)