momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2015/03/03 映画レビュー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
2月前半はとにかく映画をたくさん見ました!
いつもながら面白いものあり、つまらないものありでしたが、
どちらかというとよかった作品が多かったのが嬉しいことでした('-'*)フフ♪
20150303-221-tile.jpg

* ドキドキ私の人生 2014年  レビュー記事はこちら!

* 私の少女 2014年 レビュー記事はこちら!

* 海賊:海へ行った山賊 2014年 レビュー記事はこちら!

* 女優たち 2009年 レビュー記事はこちら!

* 俳優は俳優だ 2013年 レビュー記事はこちら!

* 殺人の川 2010年 キム・ダヒョン、シン・ソンロク
  
  キム・ダヒョン、シン・ソンロクの主演作ということで見てみました。
  実話を基にしたということですが、好き嫌いが大きく分かれそうな作品…。
  1985年から2002年までの時間を5つに分けて
  そこを行ったり来たりということで、すんなり内容が入ってこないし、
  おまけに子役の二人が大人とまったくシンクロしていないので、
  かなり混乱させられるかもしれません。
  なんともすっきりしない曖昧なラストも、評価を下げた要因だったかも。
  それでも、キム・ダヒョン、シン・ソンロクの熱演は見ごたえがありましたし、
  暗い雰囲気の中どこか引き込まれるようなところもあり、
  個人的にはそう悪い出来とは思いませんでした。
  
* 後談話:監督がクレイジー 2013年 ユン・ヨジョン、パク・ヒスン

  「女優たち」のイ・ジェヨン監督の実験的作品の第2弾!
  ユン・ヨジュンら著名な俳優が広告短編映画撮影のために集まるが、
  何とそこに監督はおらず、ハリウッドにいるとのこと。
  そして、インターネットを通じ世界初の遠隔演出をするという斬新な設定。
  まぁ、撮影の合間の俳優たちの本音がさく裂という設定は「女優たち」と同じで、
  ただ今回は俳優さんが大挙して出演しています。
  カン·ヘジョン、オジョンセ、キム·ミニ、キム·オクピン、リュ·ドクファン、
  イ·ハニ、キム·ナムジン、チェ·ファジョン…。
  面白いことは面白かったけれど、個人的には「女優たち」のほうが楽しめました。

* 慶州 2014年 パク・ヘイル、シン・ミナ

  美しい慶州の風景、そして舞台は伝統茶屋…。
  パク・ヘイルもシン・ミナもよかったのだけれど、
  どういうわけか、郷愁というようなものが感じられなかったのは残念。
  なぜだろうかと考えてもよくわからず…。
  パク・ヘイルがあまり好みでないことが大きかったのかな(・・;)
  伝統茶屋のお茶のシーンは素敵でしたけどね。
  そこにいた日本人観光客の場面もなんだかなぁ…。
  要は私の波長とこの作品のリズムが合わなかったということでしょうね。
  よい作品のような気もするけれども、なんとなく好きになれませんでした。

* 愛の棘 2014年 チャン・ヒョク、チョ・ボア、ソヌ・ソン

  チャン・ヒョクファンのブログのお友達でさえ、ガッカリと言っていた作品^^。
  ということで見ていなかったのですが、ふと思い出して見てみました。
  監督は、「火山高」、「オオカミの誘惑」のキム・テキュン。
  まぁ途中からサスペンス調になり、ちょっとだけドキドキハラハラの展開にはなったものの、
  何しろ本が悪いのかつっこみどころが満載過ぎて…(;^_^A・・・
  それでも、映画評などの低いレーティングや厳しい批評をあれこれ見ていたので、
  逆にそれほど悪いとは思いませんでした。
  最後までちゃんと見られましたし、何しろ女優二人が頑張ってましたから。
  チャン・ヒョクはいつも通りステキでした。
  その押さえた演技は素晴らしかったものの、
  後半は女優陣に圧倒されたという印象でしたね^^。
  
* カート 2014年 ヨム・ジョンア、ムン・ジョンヒ、キム・ヨンエ

  主演ではありませんが、キム・ガンウが出ているということで見てみました。
  スーパーの非正規職労働者の闘争を描いたものですから、
  面白いという種類の作品ではありませんが、
  達者な女優たちの演技は迫力がありましたね。
  傍観者から徐々に変化していくソニ役のヨム・ジョンアは特に素晴らしく、
  お婆さんスネ役のキム・ヨンエも熱演でした。
  その分、何となくキム・ガンウの存在感が薄かったような気も…^^。

* 連理の枝 2006年 チェ・ジウ、チョ・ハンソン

  いかにも韓流でしょ…という先入観でこれまで見なかった作品…(;^_^A・・・
  WOWOWで放映ということで録画して見てみました。
  不治の病とかあると、それだけで気持ちが萎えてしまうんですよねぇ。
  途中まではやっぱりという感じで冷ややかに見てましたが、
  ラストで一気に目が覚めましたヨ!これはよかったですね~!
  チェ・ジウはいつもどおり美しく、チョ・ハンソンもいつもどおりステキ!
  それだけでも十分な作品なのかな…。

* 風と共に去りぬ!?  2012年 チャ・テヒョン、オ・ジホ、ミン・ヒョリン

  以前一度見ようとして、オ・ジホの台詞まわしに愕然として止めてしまった作品!
  再チャレンジしたら、やはり大ヒット作…、面白くて最後まで見ることができました。
  ほんのちょっとしたことで止めてはいけないということですね(*¨) ....ふぅ
  これは何とかレビューを書きたいと思います。
タグ:韓国  映画  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/3667-e64d0dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)