momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2015/02/01 映画レビュー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨年後半はちょっと少な目だった韓国映画鑑賞…。
2015年はたくさん見られますように♪
20150303-1-tile.jpg

* 優雅な嘘 2014年  レビュー記事はこちら!

* 群盗:民乱の時代 2014年 レビュー記事はこちら!

* ハンゴンジュ 2014年  チョン・ウヒ、チョン・インソン

  ほとんど無名な俳優さん、そして監督もデビュー作!
  それが、青龍映画賞で新人監督賞,女優主演賞まで受賞したというので、
  動画を探して見てみました。
  何しろ、ソン・イェジン、シム・ウンギョン、キム・ヒエ、チョン・ドヨンを押さえての 
  主演女優賞ですから、これはスゴイということで。
  他にも賞を取り高い評価を受けたチョン・ウヒ…。
  彼女の演技は何となくちょっと硬い印象ですが、
  それがこの作品の中のハン・ゴンジュにはピッタリハマったということなのでしょう。
  「優雅な嘘」での彼女からは、それほどのオーラは感じませんでしたから。
  内容については、これが実話だと思うと胸が痛みます。
  救いのないストーリーは見ていて辛いだけですが、
  被害者の叫びが伝わってくるような作品だったように思います。

* ポエトリー アグネスの詩 2010年  ユン・ジョンヒ、イ・デビッド 

  公開当時賞を総なめにした作品で見ようと思いながらそのままになっていたもの。
  「ハン・ゴンジュ」と同じ事件を描いていると知り、早速見てみました。
  視点が違うとこうも違うものになるのかと、興味深かったですね。
  それも「ハン・ゴンジュ」を見ていたからこそ…。
  映画は、見る時期やそれに対する知識によっても見方が違ってくると
  あらためて思いました。
  主演のユン・ジョンヒさんは本当に素晴らしかったです。

* 最後まで行く  2014年 イ·ソンギュン、チョ・ジヌン

  大鐘賞映画祭監督賞、青龍では脚本賞ということで見たのですが…。
  緊張感もありなかなか面白いつくりではありましたが、
  そもそも刑事であるイ・ソンギュンが死体遺棄をする時点で
  何かがおかしいと思いながら見ていたせいか、
  どうにも気持ちが入らず…(;^_^A・・・
  それでも青龍映画賞作品賞にノミネートされていたとか。
  ノンストップムービーとしては、よくできていたかもしれませんが、
  私にはそれほどの作品とはどうしても思えませんでした。
  チョ・ジヌンの最優秀助演男優賞は納得!

* S.I.T.特命殺人捜査班 2011年 オム・テウン、チュ・ウォン

  偶然動画を見つけ、チュウォンの作品ということ見てみました。
  同じ刑事ものなら、私は「最後まで行く」よりこっちのほうが好きですね。
  よくあるパターンの刑事ものですが、対照的な刑事役の主演二人がいいバランス。
  チュウォンの髪型だけが気になってしかたありませんでしたけど…^^。
  テンポもよく反転も面白かったです。
  
* 夢はかなう 2010年 イ・ソンジェ、チェ・ジヒョン 
  レビュー記事アップしました!
  
  「九家の書」のイ・ソンジェの悪役っぷりがすご過ぎたので、
  彼の映画でも見てみようと探して見つけた作品。
  調べてみたら、これまでの彼の主演映画が15本ほど、
  そのうちすでに11本は見てしまっていました。
  見ていないのは、「愛のゴースト」、「エンジェル・スノー」、「DAISY」くらい。
  個人的に、イ・ソンジェの映画はほとんど外れがなく、大好きなのですが、
  この「夢はかなう」もかなり面白かったです。
  ということで、後でレビューを書きたいなと思っています^^。
タグ:韓国  映画  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/3619-53dfa1a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)