momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/09/24 太陽を飲み込め COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
taiyou.jpg太陽を飲み込め 第22話
2009年9月23日放送 視聴率 17.5%(TNS・全国)

関連ニュース!



動画を見る!(英語字幕)

第22話-1 第22話-2 第22話-3 第22話-4 第22話-5 第22話-6

第22話動画はこちらにも!
22-1 22-2 22-3 22-4 22-5 22-6 22-7

第22話の動画はこちらにも!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
テヒョクはアトリエで父ミノに訊ねます。
「彼女は、あなたが若い頃に出会った海女の女の子なんですか?」
「どうしてそれを知っているんだ?」
「あなたは母の思い出は何もないんですか?あなたを待ち続け冷たい部屋で凍えて死んだ女性の記憶は、何も残っていないのですか?あなたは母の思い出は何もなく、何年も前に会ったこの女性のことは覚えている。とても鮮やかに。私は驚きました。」
「本当は何が言いたいんだ?」
「あなたがもう一人息子がいることを、なぜ私に話してくれなかったんです?その子供があのジョンウだと、なぜ話してくれなかったんです?」
「何を言っているんだ?キム・ジョンウが私の息子?」
そこにジョンウが。黙って立ち去るテヒョク。話があるというジョンウに、ミノは、
「ちょっと後にしてくれないか。」と。

倒れるように椅子に座り込んだミノは、今までのジョンウの言葉を思い出します。
孤児院で育ったというジョンウに、父親のことを訊ねた時、
「彼に会うのが怖いんです。父親を探すのは大変でした。私が見つけたとき、彼は恐ろしい男になっていました。彼は行く先々で多くの悲惨なことをしでかしました。彼は今でも汚い人生を送っているのです。」
夜アトリエで母の肖像画を見ながら泣いていたジョンウのことも。
「正直言って、なぜなのか自分でもわかりません。この絵を見ていたら、悲しくなったのです。」

ヒソンは「あの女は誰なの?」とガンネを問い詰めます。
「何回言ったらわかるんだ。あれはソニョンと言って、同じ孤児院で育った、俺の妹のような女だ。」
「私の父と会うより彼女は大切なの?」
そのときユ会長と話すジャクソンを見つけたガンネは、彼らの話を立ち聞きします。
「チャン・ミノが戻ったことは聞いたか?それを知っているなら、すぐ私に報告すべきじゃないのか?私はオーシャンカジノの代表の前で恥をかいたんだぞ。誰もが知っていて、私だけが知らなかった。彼が戻ったというのに、私達はチャン会長に歯向かうことすらできない。チャン会長かペクか、どちらかが私達のカジノを乗っ取る。それを黙って見ていなきゃいけないのか?君が私をその気にさせなければ、こんなことには巻き込まれなかったんだ。私はギャンブルを知っているから、君を信用した。私の忍耐にも限界があることを覚えておきなさい。」
ガンネは、そのことをセドルに話します。
「ジョンウに話そう。彼はこのことを知るべきだ。」とセドル。

ジョンウに会ったセドルはジャクソンのことを話します。ガンネは、
「もうゲームは終わったのか?チャン会長に勝つ方法はないのか?」
「俺にもわからない。お前達は驚いただけかも知れんが、俺は息が止まりそうだった。これほど絶望したのは、初めてだ。」
「それはそうだろう。お前は自分の父親を引きずり下ろそうとした。しかし父親は、無傷で帰ってきたんだから。」とガンネ。
「彼を俺の父親だと言うのは・・・。そんなこと決して考えるな。」
ジョンウの剣幕に謝るガンネ。セドルは、
「お前に責任を押し付ける気はないが、ジャクソンは難しい立場にいる。」
「何か計画はあるのか?」とガンネ。

ミノは、ジョンウの写真を持ってホスピスを訪ねます。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/355-ffbed454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)