momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/09/23 善徳女王 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
090526.jpg善徳女王 第35話
9月21日放送  視聴率 41.6%

関連ニュース!
キム春秋は第2の非塀? ユ・スンホ問題児的キャラクター
‘宣徳女王’作家の評価?コ・ヒョンジョンVSイ・ヨオン


動画を見る!(英語字幕)

第35話-1 第35話-2 第35話-3 第35話-4 第35話-5 第35話-6
  
※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
ビダムの闘いぶりを見ていたチルスクは、その怒りをムンノにぶつけ、この始末を国仙としてどうするのかと問い詰めます。そのときビダムが、
「これは不公平です!私はこの比才で最善を尽くしました。」
しかしチルスクは彼を一喝します。
「お前は黙っていろ!私は国仙に聞いているのだ。」
ムンノは、立ち上がりこう言います。
「私、国仙ムンノは、この試合が不正なものだと認めます。花郎比才は、神聖なものです。風月主を選ぶ比才に参加するものは、いかなる疑惑もあってはならぬ。従って、この勝者を私、国仙は認めることはできない。セジュミシル、トクマン王女、そして風月主、元上花チルスク、国仙ムンノは、この問題を協議することにする。」

そして5人は別室で協議を始めます。風月主ホジェは言います。
「元上花と国仙が、この勝ちを認めないので、この勝ちは数えません。この状況を解決する最良の方法はなんでしょうか?」
ムンノはこう言います。
「まず最初に、ビダムの師匠として、言葉もありません。」
「神聖な比才において、なぜこんなことが起きたのだ?」とチルスク。ミシルは、
「私はビダムのことが少し理解できます。この比才は、新しい風月主を決定するものです。もしビダムがこの試合に勝てば、ビダム、ユシン、そしてポジョンは同点になり、誰が風月主になるかは、JoongMaoGyul(衆望結)によって決められることになります。そうなると、ビダムとユシンの風月主になる機会は極めて低くなるのです。しかしご存知のように、ビダムとユシンは友人関係にあります。ビダムは友人であるユシンが風月主になるのを手伝おうとするとは思いませんか?これは、若い忠義から出たこと、彼を厳しく判定することはありません。しかしながら、彼らは国仙と元上花をみくびりました。」

チクバンはチュンチュに状況を説明します。
「ユシンがいて、ビダムがいる。彼らは友人同士だ。しかし、たとえビダムが勝っても、彼は風月主にはなれない。」
「だから、彼はユシンに負けようとした?」とチュンチュ。
「そうだとは言い切れないが、元上花と国仙は二人ともそう考えている。」
「それじゃあ、もし二人が資格を失えば、アルチョンが風月主になるのか?」
「こらっ、俺はポジョンだと言っただろうが。何を聞いているんだ?」
「ああ、わかった。とにかく、ユシンとビ、ええとビダム、この二人がこの勝負での資格をうしなったら、何が正確に起きるんだ?」
「俺にもわからんさ。だから今彼らは協議をしているんだ。」
「ビダムは、ミシルの息子だと人が言っているが。」とチュンチュ。
「お前は何もわかってないなぁ。ポジョンがミシルの息子なんだ!ビダムは、国仙の弟子さ、弟子!これが最後の説明だから、よく聞け!最後の4人の競技者は、アルチョン、ユシン、ビダム、そしてポジョンだ。しかし、ポジョンはミシルの息子で・・・。」
そのとき近くをテナムボが通りかかります。
彼を見て、姿を消すチュンチュ。

ホジェは言います。
「ユシンとビダムを失格にして、アルチョンとポジョンによる再試合で決定するのはいかかでしょうか?」
「ビダムがこの試合でいかさまをしようとした可能性はありますが、ユシンはそんな兆候は一切見せませんでした。ユシンに何かおかしな点はありましたか?」
「ユシン首長は、誠実に闘っていると見ました。」とチルスク。ミシルは、
「王女様、あなたはユシンを風月主にするために、ご自分の威厳を捨ててしまうのですか?」
「言葉に気をつけなさい!」とトクマン。ミシルは、
「一人にだけ責任があるのではないでしょう。それなのに、あなたはビダムだけを失格にし、ユシンを勝者にすべきだと言うのですか?」
「我々は、このような状況でユシンが勝ったと言うことはできません。」とムンノ。
「私はそんなことを言っているのではありません。誠実に闘っていたユシンに不利な判定をすべきではないと言っているのです。」とトクマン。
チルスクは「それなら、このような方法はいかがでしょう?」と。

こうして4人の協議は終わり、ムンノは会場でこう発表します。
「ビダム首長とユシン首長の最終戦は、全員の審判によって無効と判定された。」
ビダムは「それは不公平です。私が不正をした証拠があるなら、私を罰しなさい!ユシンは決勝を一生懸命闘いました。」
「判決に従うのだ、ビダム!審判は、次のような結論に至った。ビダムは、この比才に失格とし、私風月主は、お前に太陽の門に行き、最終判定を待つよう命じる。そしてユシン首長には、再試合を命じる。その相手は、元上花チルスクである。」

タグ:ドラマ  韓国  動画  あらすじ  善徳女王  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/352-7279d616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)