momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/09/22 スタイル COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
styletop.jpgスタイル 第15話 
2009年9月19日放送 視聴率 14.2%(TNS・全国)

関連ニュース!



動画を見る(英語字幕)!

第15話-1 第15話-2 第15話-3 第15話-4 第15話-5 第15話-6 第15話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
妊娠が難しいと告げられたキジャは、ミンジュンを抱きしめこう言います。
「あなたは男だけど、女性を抱けない。私は女だけど子供が産めない。今私が頼れるのは、あなたしかいないの。行かないで。」

家に戻ったウジンは、母の写真に語りかけます。
「ママもう恥ずかしくてたまらないよ。この年で、通りで人に愛してると叫ぶなんて。そしてその直後に捨てられて。たとえ僕が何も知らなくても、あなたが教えてくれた愛は知っている。」
ウジンは箪笥から母の写真を取り出し、また語りかけます。
「ママのために心を開いた女性だけど、あなたのために早く忘れられるような気がするよ。今はスタイルのことだけ考えることにする。たとえパク・キジャがそこにいなくても、スタイルには、ママがまだいるから。」

キジャはミンジュンに言います。
「来週、あなたは出発すると言ったわね。私もあなたを追って、ロンドンに行くべきかしら?」
「なぜ?」とミンジュン。
「私達はロンドンでとても幸せに暮らしていたわ。他のどのカップルより幸せだった。他の人達には、私たちは新婚のカップルに見えたでしょうね。そのときが私は一番美しかったと思うの。底の低い靴がハイヒールより大切だったわ。あなたは私の寝起きの素顔が一番かわいいと言ってくれた。今はもう美しくはないわ。私の体は壊れている。」
「どうしたの?病気なのか?」とミンジュン。
「女性を諦めた人間は、女性らしさを装う。私は編集者として生きると言ったけど、年を取ると、焦らずにはいられない。私ったら何を言ってるのかしら?忙しいと馬鹿なことをしてしまうわ。もう行っていいわ。私も寝なくちゃ。」

遅く帰ったミンジュンをソジョンは起きて待っています。
「あなたはもうすぐロンドンに行ってしまうんでしょう。だから待っていたんです。私とそのわずかな時間を一緒に過ごすことはできませんか?パク先輩が辛いときには、すぐかけつけたのだから、私が辛いときにはあなたは私と一緒にいなくちゃいけないわ。」
「このウェディングドレス、どうしたんだ?結婚でもするのか?」
「今は結婚なんてしたくありません。ただでさえ生きていくのも大変なのに。もし結婚するならそれを着てと、6歳のときに私を捨てて出て行った母が送ってくれました。」
「君にピッタリだ。シンプルで知的なラインだ。ソジョンのスタイルの長所をよく掴んだ、君への気持ちを感じるよ。」
「自分の娘に寂しい思いをさせてもごめんなさいと言えない母、感情も涙も見せない編集長も、みんなどうしてそんな生き方をするのかしら。わたしが馬鹿なのかしら?もっと素直に生きればいいのに。大変なら大変だと、申し訳なければ申し訳ないと、素直に言えばいいのに。もう私の傍にいるのは、先輩しかいません。先輩がいなくなったら、私はどこへ行けばいいんですか?」
「人に心を開くのが苦手だから、一つの場所に長くいないで逃げるように離れてきたのに、今回は簡単じゃないな。気になる人が、どうしてこんなに多いんだ。」

リアンルクスからのスカウトについて話す編集部員達。

タグ:ドラマ  韓国  動画  あらすじ  スタイル  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/346-409fe9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)