momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/09/09 善徳女王 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
090526.jpg善徳女王 第32話
9月8日放送  視聴率 40.6%

関連ニュース!
朴至貧,'宣徳女王' 非談子役特別出演 '雪道'


動画を見る!(英語字幕)

第32話-1 第32話-2 第32話-3 第32話-4 第32話-5 第32話-6

こちらにもあります! 第31話(字幕なし)
  
※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
すらすらと答えを述べるポジョン。ムンノは「正解だ!」と。そして、
「これからが最初のPungwolJu選定の試験だ。花郎として、戦争中と日常との違いはなんだ?」
再びポジョンが答えます。
「私はそこには違いはないと教わりました。」
「首長が戦争に赴くとき、心はどこにあるべきだ?」とムンノ。
「心はどこかに置くべきではなく、全体を見るのだと学びました。」
「なぜ、全体を見る必要があるのだ?」
「全体を判断できない兵士は一人で死にますが、全体を判断できない首長は全員を殺してしまうからです。」
「完璧だ。最初の比才の勝者は、ポジョンだ!」

ポジョンの自慢をする日月星徒達に言い返すチクバン達。
どちらも自分達の首長が一番と譲りません。

ソクプムはポジョンにお祝いの言葉を述べます。「残るは武術だ。あなたが勝者になるのは、間違いない。」と、そしてイム・ジョンに同意を求めます。
「ポジョン首長の武術に太刀打ちできる花郎はいない。しかし、あなたがIseoGunでユシン首長と闘い、負けたと聞きました。」
「俺はそこにいたんだ。その時ポジョン首長は、手を怪我していたので刀をちゃんと握れなかったのだ。」とソクプム。
「それは違う。ユシン首長は明らかに以前とは違う。もし彼と闘うことになったら、私は全力を尽くすつもりだ。」とポジョン。

ウォンはミシルにこう言います。
「彼はまさしく本物の国仙です。昔のことを覚えていますか?」
「ソル・ウォンと私はが偉大なチヌン王から受けた訓練のことです。一つのことに心を取られるな、いつも全体を見渡せと。」
「はい。素早い目線と勇敢な心、それは戦場に赴く兵士の心得です。」
「ポジョンが勝ったのだから、国仙は公平のようだが。」とセジョン。ハジョンは、
「3番目は、武術比才。で、2番目は何なんでしょうか?」

ソファの言葉を何度も思い返すビダム。
「誰の息子かわかっているでしょう。私は絶対に結婚なんて許せません。」
彼はムンノを訪ね、こう言います。
「先生、2番目の試験には何をさせるつもりですか?」
「仲間のユシン首長がそれを聞いて来いと言ったのか?」
「いいえ、絶対にそんなことはありません。ちょっと気になって。」
ビダムは心の中で「私の両親は誰なのですか?私は誰の息子なんですか?」と問いかけますが、結局ムンノに聞くことはできません。

比才の2番目の試験が始まります。
「お前たちも知っているように、我が神聖なる国家新羅の国の名前は、チジュン王によって選ばれた。偉大なる王は、新羅の3つの意義はまた花郎の意義でもあると言われた。二つ目の比才は、まさにこれだ。新羅の3つの意義を見つけるために、3日を与える。」

早速調べ始めるトクマン、ユシンとアルチョン。
「これは鉄に関係していることだと思います。」とアルチョン。ユシンも、
「ソラボルは、Sebeolからとった名だと聞いています。」
「Seは、鉄を意味するのですか?」とトクマン。
「ええ。新羅の地に最初に来た我々の祖先は、鉄の民とも呼ばれ、Gameumpoの砂鉄とDaolcheonの銑鉄と共に、全三国の最高なのです。(??)」
「そしてそれが新羅が最もよく発展した理由なのです。」
「農耕器具や武器を持つ鉄の国家は、飢餓や軍備を改良する。」
「そうです。そしてそれを花郎の意義につなげれば。」
「それは、軍備力を増強することです。それが最初の花郎の意義です。」

ポジョン達も皆で話し合います。
「2つ目は、新羅の文字のそれぞれの意味を読み取ることだ。新の意味は、斧で木を切ったら、新しい芽が育ち、何か新しいものになるという意味だ。」
「羅は、網でたくさんのものを一緒に編みこむという意味だ。」

トクマンは、言います。
「何か新しいものになり、多くのものを一緒に編み込む。」
「はい。それは、新羅の歴史にもあります。赫居世居西干に認められた6人の首長、新しい文化を持ち込んだ外国人、そして彼らは国家の基礎を築いた、それが新羅です。」
「赫居世居西干だけの力ではなく、彼らが赫居世居西干を助けたのですね。」
「ええ。外国人に対してだけではなく、征服された人達も、新羅は締め出しません。むしろ、我々は彼らを先に受け入れました。」
「新しい力を吸収し、それ持つことで新羅の力を強くしたのです。」

タグ:ドラマ  韓国  動画  あらすじ  善徳女王  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 難しい~ * jun * 2009/09/10 (23:41) * URL * 編集

風月主って何だろう?といくつか検索してみると、花郎の首長を指している言葉だと分かりました

で、検索している時に『花郎世紀』の風月主一覧表(ドラマに関する部分のみ)をあげて下さっている方がいらっしゃったので、申し訳ないのですがお借りして来ちゃいました。
(参照文献:吉田愛「『花郎世紀』の基礎的研究-世系・血縁関係記事の分析を中心に-」(『史滴』30、2008年)だそうです)


代 風月主
5 斯多含公  (ミシルの初恋の相手)
6 世宗殿君  (セジョン・ミシルの夫)
7 薛花郎    (ソルウォン・ミシルの愛人)
8 文弩      (ムンノ・斯多含公の異母兄弟)
9 秘宝郎
10 美生郎   (ミセン・ミシルの弟)
11 夏宗公   (ハジョン・ミシルの子)
12 菩利公
13 龍春葛文王 (チョンミョン王女の夫の弟)
14 虎林公    (摩耶の弟)
15 ユ信公    (ユシン)
16 宝宗公     (ポジョン)
17 廉長公
18 春秋公    (チュンチュ)

ムンノって、カヤの王女の息子だったのを
ミシルのいとこと結婚させてもらって、貴族の地位を得たらしいのでー
ミシルには身分を上げてもらった縁があるようですねー。


 jun さんへ♪ * momochi * 2009/09/11 (09:34) * URL * 編集

いつもありがとうございます。
正確な資料も本当にありがとうございました。

私も会話を訳していると、わからない言葉がたくさん出てきて
やはり歴史物は、知識がないと辛いなぁといつも思います。

今の風月主はホジェ(虎林)ですから、やはりユシンが比才に勝つのですね(*^^*)
そしてマヤの弟だったとは、知りませんでした。
どこかでヨンチュンの弟と見たような気がして、勝手にそうだと^^

ムンノの素性もやっと明らかになりました。
ビダムも善なのか悪なのか、自分の素性に興味を持ち始めました。
本当にますます目が離せない善徳女王です。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/330-d543df41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)