momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/09/07 スタイル COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
styletop.jpgスタイル 第12話 
2009年9月6日放送 視聴率 16.2%(TNS・全国)

関連ニュース!


今日はもう9月13日、第14話の放映日ですが、
ようやく12話のあらすじをアップし終わりました。
結局待ってはみたものの、12話後半はほとんど字幕なしの状態のまま。
韓国語のシナリオを一度機械翻訳し、それをわかる範囲で日本語にしました。
つながりの悪いところや、おかしな間違いなど多々あるかもしれませんが、
どうかご容赦くださいませ。


動画を見る(英語字幕)!

第12話-1 第12話-2 第12話-3 第12話-4 第12話-5 第12話-6 第12話-7
 
※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 週末や時間帯(特に深夜)によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
キジャは、家で今日のことを思い出します。
「私は今までスタイルに力を注いできたわ。でもこれからは、そのすべてをリアンルクスにつぎ込むつもりよ。」とピョンヒ。キジャは、
「またあなたに驚かされました。おめでとうございます。私がお手伝いするべきですが、ご存知のように、スタイルは今状況が悪いので。申し訳ありません。」
「パク・キジャ。私がふざけてないということがわかったでしょう?私はあなたにスタイルを辞めてここに来て欲しいの。スタイルはもう終わりよ。役立たずの仕事もしないウジンが、どこまでスタイルをやっていけると思う?たとえあのレストランを売ったところで、せいぜいスタイルの2か月分の制作費にも足りないわ。ひとりでやらせなさい。」
「申し訳ありません。私にはできません。ソン社長のスタイルで、私は生まれ育ちました。たとえその家を作った人はそこを去れても、そこで生まれた人は去ることはできません。」
「ソ・ウジンのためじゃないの?私はあなたにすべてを任せたけど、あなたは恋愛に落ちてスタイルを壊すつもりなの?リアンルクスは、キム編集長に任せるわ。だから心配しないで。いつまでスタイルを続けていけるかやってみて。ソ・ウジンと手を取り合ってね。それから新人デザイナー発掘プロジェクト、私はそれをリアンルクスの特集に入れるつもりだから、その前にあなたのプロジェクトは終わりにしてちょうだい。ところであなたのプロジェクトの名前は何だったの?」
「パク・キジャの黄金の針です。」とジウォン。

プロジェクトのことでうなされるソジョンを起こすミンジュン。
彼はソジョンに自転車をプレゼントします。
「毎朝バスや地下鉄に乗るのは安全じゃないから。たとえ俺がそこにいなくても、パク・キジャに遅れるなと言っていることを思い出させるだろう。」
「先輩、どこかに行くんですか?私がこの家を出て行くまでには、まだ時間がたっぷりあるのに、既にあなたはさよならを言う準備ですか?じゃあ行ってきます。」

キジャは、ビョンシクをはじめとする各チーム長と会議を。
「2002号が出せないって、どういうことなの?」とキジャ。
アートチーム長は答えます。
「人材がいないんです。もう既に3人も辞めました。なんとか頑張って200号を作っても、人材が補充されなければ、203号は外注に出さなければなりません。そうすると費用が倍になるんです。」
「広告のほうは、すべて契約を解除してきました。」と広告チーム長。
マーケティング長はと訊ねるキジャに、ビョンシクは、
「彼はリアンルクス誌に行きましたよ。自分はソン社長のラインだと言って。」
「あなたもリアンルクスに戻るときじゃないの?」
「私はまだスタイルでやる仕事があります。それに、今朝ある人が電話で支払いをして欲しいと言って来ましたよ。しれくれないと、202号はやらないと。」
「それは期毎に清算しているのに、なぜ今?」とキジャ。
「それは外でのよくない噂のせいですよ。清算しなさい。こんなことになって、広告も全部なくなったということは、雑誌はとても薄いものになるかもしれませんね。」
彼の言葉に怒った広告チーム長は、こう言います。
「2つの選択肢がありますよ。どこからか金を探してくるか、広告主に戻ってきてもらうか。あなたも何かするべきなんじゃないんですか?それにソ・ウジンは、いつまでただ座って料理をしているつもりなんだ。」

ウジンのレストランの前でソジョンはこう言います。
「あなたが代表になったので、身分格差がでちゃいました。料理だけしないで、スタイルのことも心配してくださいね。愛してます!今日も1日幸せにね。」
そして投げキッスをするソジョン。ウジンは中からそれを見ています。

ジウォンはピョンヒにエリーのことを報告します。
「今回の新人デザイナー発掘プロジェクトで、キジャが戦略的に押す人物です。天才的才能があり、エスモードゥパリを早期首席卒業するやいなや、ルーアン・インターン・デザイナーで電撃的に抜擢されました。デザイナーイ・サンボン先生もうらやましがる才能なのに、ルーアンインターン当時デザインを奪われてから、そのままストリートデザイナーとして生活しています。」
「一度連れてきてみて。いくらあげれば大人しく話を聞くかしら?23歳ならば、リップスティックくらいでいいかしら?」

タグ:ドラマ  韓国  動画  あらすじ  スタイル  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/326-67bd23fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)