momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2013/12/31 映画レビュー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
2013年5月~12月までの映画視聴メモです。

* 容赦はない  2010年  ソル・ギョング、リュ・スンボム  レビューはこちら!

* 愛 サラン  2007年 チュ・ジンモ、パク・シヨン  レビューはこちら!

* アラン(阿娘)  2006年 イ・ドンウク、ソン・ユナ  レビューはこちら!

* 監視者たち  2013年 チョン・ウソン、ハン・ヒョジュ  レビューはこちら!

* ノートに眠った願いごと  2006年 ユ・ジテ、キム・ジス  レビューはこちら!

* 絆創膏  2011年 コ・ス、ハン・ヒョジュ  レビューはこちら!

* 愛のじゃんけん(短編)  2013年 ユン・ゲサン、パク・シネ  レビューはこちら!

* ベルリンファイル  2013年 ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、リュ・スンボム、
  チョン・ジヒョン 
  
  ほぼ全編ヨーロッパロケという贅沢なスパイアクション、韓国でも大ヒットした作品です。
  緊張感もアクションもなかなかですが、何しろベルリンを舞台に
  北朝鮮、韓国諜報部、CIA、モサド、
  他にもロシアだのアラブだのと人物相関関係が複雑で…。
  リュ・スンワン監督の演出力は素晴らしいと思うんですけどね。脚本の問題かしら…。
  それでも、豪華な俳優陣の演技対決はかなり楽しめました。
  作品ごとに違うチョ・ジヒョンも印象に残りましたワ。

* 隠密に偉大に  2013年 キム・スヒョン、パク・キウン、イ・ヒョヌ

  何度か記事にもアップした作品、やっと視聴しました。
  「ベルリンファイル」と同じスパイもの、こちらはソウルに潜入した北朝鮮工作員の物語…。
  主演のキム・スヒョン、パク・キウン、イ・ヒョヌ、
  この三人の演技は本当によかったですね。
  他に、ソン・ヒョンジュ、コ・チャンソク、キム・ソンギュンなども見事な演技を披露…。
  大ヒットウェブ漫画に実写化ということで、当然ながら漫画チックなシーンもありましたが、
  笑いあり涙ありと、それなりに楽しめる作品だったと思います。

* 7番部屋の贈り物  2013年 リリュ·スンリョン、パク・シネ、

  今年1月公開の大ヒット作!歴代第2位1280万人の観客を動員しました。
  凶悪犯の集う刑務所の7番部屋に6歳の知能しかない娘バカ、ヨングが入り、
  同房の5人の男たちと繰り広げる騒動を描いた作品。
  リアリティのかけらもありませんが、泣いて笑って大忙しの2時間。
  楽しくて可笑しくて、そして切ないファンタジーです。
  とくに、子役カル・ソウォンちゃんの演技は見事でした。

* 隣人 2012年 キム・ユンジン、マ・ドンソク、キム・セロン

  ウェブ漫画を原作にした作品。団地に住む連続殺人犯と彼に殺された1人の少女。
  そして連続殺人犯の存在に気づいた隣人同士で繰り広げられるストーリー。
  犯罪スリラーとしてはソフトな印象、
  団地に住む人々の生活も描かれなかなか面白かったです。、
  マ・ドンソクはこの作品で百想芸術大賞男子助演賞を受賞。
  キム・セロンちゃんが、二役を見事にこなしていました。

* 短い記憶(ヘファ、ドン) 2011年 ユ・ダイン、ユ・ヨンソク

  インディーズ作品ながら、多くの映画ファンから支持されている作品。
  恋人同士だった高校生ヘファとハンスが、ヘファの妊娠を機にハンスが突然失踪、
  そして5年後の再会、2人の子供をめぐる葛藤が丁寧に描かれています。
  主演の若い二人、特にユ・ダインの演技が光るとてもいい作品でした。

* ウンギョ  2012年 パク・ヘイル、キム・ムヨル、キム・ゴウン

  何とパク・ヘイルが70歳の偉大な詩人を演じ、その弟子がキム・ムヨル、
  そして官能的な十七歳の少女ウンギョ、
  嫉妬と誘惑に複雑に絡み合う三人の関係を描いた作品。 
  キム・ゴウンは、この作品で「韓国映画評論家協会賞」の新人女優賞を受賞しました。
  面白い作品ではあったものの、パク・ヘイルの老け役はやはり無理がありあり…。
  アン・ソンギがやっていたら…と思いました。

* タワー  2012年 ソル・ギョング、ソン・イェジン、キム・サンギョン、アン・ソンギ
  
  ハリウッド映画「タワーリングインフェルノ」とほぼ同じ内容、リメイクなのかしら…。
  超大作、出演者もものすごく豪華、CGも素晴らしい…、
  しかし内容はかなりお粗末…残念。
  そういえば「TSUNAMI」もそうだった、偶然ですがどちらもソル・ギョング…。
  でも、それなりに楽しめるのがこの手の映画の特徴ですね(*´∀`)アハハ♪
  「隣人」にも出ていたト・ジハンくんがなかなかのイケメンぶりを発揮していました。
  「マイウェイ 12,000キロの真実」では、チャン・ドンゴンの子役…、
  今後注目の新人ですね。

* 怪しい顧客たち  2011年 リュ・スンボム、ソン・ドンイル、パク・チョルミン

  生命保険を題材にした社会派コメディ、とてもいい作品でした。
  シナリオが素晴らしい、そして何よりもリュ・スンボムが素晴らしい!
  私の嫌いなパク・チョルミンが抑えめの演技だったのもよかった^^。
  好みが分かれる作品とも思いますが、私は好きな作品です。
      
* 火車 HELPLESS 2012年 イ・ソンギュン、キム・ミニ、チョ・ソンハ

  宮部みゆきの「火車」が原作。
  緊張感もありそれなりに面白く見ましたが、
  当然ながら、よくも悪くも韓国風にアレンジされています。
  特にラストはいけませんねぇ、これがかなり大きなマイナスポイント。
  キム・ミニはとてもよかったですね。
  それに比べると、イ・ソンギュンは頑張り過ぎで演技に無理があったような印象…。
  「白い巨塔」で克服したはずなのに、また苦手な俳優さんに逆戻りしちゃいましたワ。
  チョ・ソンハも、こういう荒んだ役は似合わないんですよね。
  時代劇ではとても素敵ですが、映画ではいつもインパクトがありません、残念。

* 爆裂野球団!  2002年 ソン・ガンホ、キム・ヘス、キム・ジュヒョク

   ものすごい豪華キャスト、それでも50万人ちょっとと興行的には失敗だったようです。
   原題は「YMCA野球団」、それがどうしてこんな邦題になったのか…。
   そんなハチャメチャなコメディではなく、結構シリアスな内容なんですけどね。
   とにかくこの豪華な出演俳優を見ているだけでも楽しめます。
   特別出演で、最後にチョ・スンウも登場!
   彼の「春香伝」を見ているとより楽しめるかも^^。 

* 仮面  2007年 キム・ガンウ、キム・ミンソン、イ・スギョン

   面白い作品とは思いませんが、その内容の衝撃度はかなりのもの!
   本当に「えぇ~~っ!」と声を上げそうになりましたワ。
   ただ、キム・ガンウ、イ・スギョンら主演の三人があまりにも地味でしたねぇ。
   本を書き直し、監督・キャストを変えてリメイクしたら
   いい作品になるかも…(笑)   

* 麻婆島  2005年 イ・ジョンジン、イ・ムンシク

   住人はハルモニ5人だけという奇妙な島麻婆島(マパド)に入り込んでしまった男2人と
   ハルモニたちの交流を温かく描くコメディ…。
   なかなか面白かったです。
   ヨ・ウンゲやキム・スミなどの名女優たちの競演も楽しめる作品で、
   300万人を動員し、続編も作られたそうなので、
   それも見てみようと思っています。

* 音痴クリニック  2012年 パク・ハソン、ユン・サンヒョン、チェ・ジニョク

   WOWOWでやっていたのを視聴。まぁまぁ楽しめる作品でした。
   それにしても、パク・ハソンの演技の幅広さにびっくり!
   音痴クリニックの先生役のユン・サンヒョンもピッタリのキャスティングでしたね。
   登場人物がなかなか興味深く、可笑しくてちょっと切ないラブコメです。
   笑えないシーンも結構ありましたけど…^^。

他に「ロマン忍者」(キム・ミンジョン主演)を見始めましたが、
コメディなのに全然笑えず、30分で挫折しました。   
タグ:韓国  映画  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/3180-67757a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)