momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2014/05/06 映画レビュー COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
2014050874762-horz.jpg
私のちいさなピアニスト  호로비츠를 위하여  For Horowitz / My Piano
2006年5月25日韓国公開  108分
NAVER:9.12(ユーザー)5.80(評論家)  Daum:9.3 
Cine21:8.15(ユーザー)5.80(専門家)
監督:クォン・ヒョンジン

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * fukko * 2014/05/21 (17:54) * URL * 編集

日本語字幕の映画を紹介してくださってありがとうございました。

ギョンミンが音のならないアップライトのピアノの鍵盤を押さえるシーンと
グランドピアノの鍵盤を押さえるシーンを見て、ギョンミン役に本物の天才ピアニストを使ってるんだなあ、と感心しました。

その割には、壊れたアップライトのピアノを屋上に放置している設定は悲しいです。ピアノは楽器だから。

最後の演奏は素晴らしくてそこで涙が出ました。

娘がフルート、息子がチェロ、私がピアノで、クリスマスの日にクリスマスソングを演奏した事を思い出しました。楽器の出来ない夫は、トライアングルをチーンと・・・

少しおセンチになりました。年ですね。来週、誕生日を迎えてしまいます。

日本語字幕の映画を本当にありがとうございました。



 Re: fukkoさんへ! * momochi * 2014/05/22 (08:49) * URL * 編集

楽しんでいただけたようで何よりです(^^)フフフ♪

パパロッティもそうでしたが、やはりクラシックの力は偉大です。
そこに音楽があるだけで、映画が楽しめてしまうのですから^^。
私も、亡くなった母がクラシックが大好きで、
小さいころからいつも演奏会に連れて行ってもらい、
自分もバイオリンを15歳まで、ピアノは18歳までお稽古していました。
もうまったく弾けませんけど、今でも聞くのは大好きですよ(・∀・;)
家族での演奏会だなんて本当にステキですね。

お誕生日ですか?
迎えてしまうだなんて…。
元気にその日を迎えられること自体が、もう本当に嬉しいことだと思いますよ。

私も今年は大台に乗ります。
ときどき「ふぅ…。」と思わないこともありませんが、
最近近くに越してきた、親友のお母さんに時々会いに行って、
80歳を超えてなお元気なその方にパワーを貰っています。
私もああなりたいと思うばかりですよ。

少し早いですが、お祝いを!

「お誕生日おめでとうございます♪
またこれからの1年、元気に過ごせますように♪」
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/3132-43c37b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)