momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/08/06 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
partner.jpgパートナー 第13話
8月5日放送 視聴率 9.1%




動画を見る!(英語字幕)

第13話-1 第13話-2 第13話-3 第13話-4
第13話-5 第13話-6 第13話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
ヒョンネとテジョの電話を聞いていたウノは、テジョを問い詰めます。
「PNCの犠牲者って?誰の話をしているのよ!私の夫がもっと生きられたのに、間違った理由で死んだというのは、本当なの?いつから知っていたの?どこで、どうやってそのことを聞いたの?知っていたのに、なぜ私に話してくれなかったの?もしかして、あなたも関わっているの?だから言えなかったの?そんなことないって言ってよ。あれは、父と兄で、俺は関係ないって言ってよ。あなたは彼らと違うと思っていたわ。あの人達のことで傷ついていると私は心を痛めていたわ。でも今見る限り、あの人達と何も変わらないわ。嘘をついて、隠して。同じ血が流れているのよ。」
「そんなこと言わないでくれ。」とテジョ。
「楽しかった?私は馬鹿みたいに、あなたを夫の遺灰を蒔いた場所に連れて行った。私は何も知らずに、"この人は本当に信頼できるのよ。とても感謝しているの。"とまで言ったわ。そう夫に話したのよ!あなたはそれを見ながら笑っていたの?」
「止めてくれ!」
「私が何も知らなくて哀れだから、優しくしてくれたの?」
何も言わず、立ち去るテジョ。

一人歩くウノの前に、ヒョンネが現れます。
「私は今おじいちゃんの顔を見たくないの。どうしてこんな嘘を渡しにつけるの?どんなことがあっても、私はあなただけは私の味方だと思ってたわ。だって、自分の子供よりもっと大切に私を育ててくれたじゃない。私は自分が一番幸せな人間だと思っていた。どうしてこんな重要なことで嘘をついたのよ。」
ヒョンネは話し始めます。
「すまなかった。私は最後までお前が知らないままでいることを願っていたんだ。自分ひとりでこれと取り組みたかった。お前の夫が死んだ後、お前がしばらくソウルで勉強していたとき、すべてが起こったんだ。5年前、チンソンPNCは、フェノキシレートという化学物質を川の上流に漏らすという事件を起こした。ニュースでは特に人体に害はないということだったが、チンソンは道義的責任を取り、賠償金を払うと言った。人々は喜んだよ、何も知らなかったから。数年後、何人かが同時に死に始めた。普通の風邪が急に致命的な肺炎になった。そして高熱を出し、死んでいった。大分経ってから、私はフェノキシレートが、我々の免疫システムを弱くすることを知ったんだ。」
「ウシクは、どう関係しているの?」とウノ。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/275-d6247c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)