momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2013/07/29  COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
20130528-05-tile.jpg
  상어  Shark  
2013年5月27日~7月30日 KBS2 月・火 21:55~ 全20話予定
KBS公式サイト  Daum紹介ページ
視聴率 
第17話  9.8%(TNmS全国) 9.7%(AGB全国)
第18話 10.0%(TNmS全国) 9.8%(AGB全国)

関連ニュース!
反転の反転で加えられた緊張感とハンイスの選択に掲載された重量
"サメ"こんなモンスターのようなドラマを見ました
終映2回残っていた "サメ、最後まで逆転+逆転
'サメ'、目が離せない緊迫感
バランスを失ったキム·ナムギルの復讐、ハッピーエンドなのか?
ソン·イェジン&キム·ナムギル、 "愛なのか不倫なのか?
ソン·イェジンの哀れな愛、キム·ナムギル復讐止めるか?
昨日何見た?、"サメ"いよいよ開かれたパンドラの箱
2回残った"鮫"のジレンマ、復讐は物足りなく、愛は共感できない
重い展開、とんでもないイ·シオンのおかげで軽い
ハソクジン この男 可哀想でどうしましょう ?
偽りの世界崩したソン·イェジンの盲目的な信頼なぜ?
結末を意味する隠されたコードを確認する
ソン・イェジン、ギムナムギル、節制されたメロもっと切ない
ソン·イェジン、 "不倫の設定にも感情移入最高"称賛一色
キム·ナムギル - ソン·イェジン、ロミオが生きてジュリエットは?
ナム·ボラ鼻血が不安だ"もしかしたら不治の病?"

見る!
gooddrama:Shark
dramaepisode.com:Shark
タグ:韓国  ドラマ    

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2013/07/29 (12:13) * URL * 編集

こんにちは。イスアボジとアジョシの若き日の写真・・・
どう見ても“お笑い漫才コンビ”にしか見えないのですが^^;、
ここへきてとても重い証拠として登場しましたねぇ。
落ち武者、じゃなくて影武者・・・でもなくて「影」の秘密が明らかになりつつ、
この写真が“レ・ミゼラブル”に挟まれていたというところに、じぇじぇ・・・
これまた一週間いろんな妄想をめぐらしておりました。
カン・ヒスを殺したのはイスアボジだったんですかねぇ?
すでに殺害シーンも記憶の彼方なんですが、たしか犯人の顔は映ってなかったので
私はこれまたてっきりアジョシの仕業だと勝手に思いこんでいた気がします・・・^^;
でもあの夜、アジョシもカン・ヒスの部屋にしのびこんで文書を探してましたよね?
もうどんどん記憶が薄れてくると同時に思い込みが激しくなってますよ。
ラスト2話、もろもろの回想シーンでスッキリさせていただきましょう^^

毎週妄想しまくりとはいえ、「復讐は物足りなく、愛は共感できない」んですよねぇ。

夜勤だとパク女史が配慮してジュニョンに言ってくれているにもかかわらず、
わざわざ夜勤じゃなかったのよと言うヘウ。
このアマ何ぬかしとんねん。あほんだら、あほんだら、あほんだら・・・!
と画面に向かって言わずにはいられませんでした。
やっとジュニョンがハラボジの性根の悪さを知ってスッキリしました~。

私が感じている「復活・魔王の魅力」と一番違うところが、ヒロインの存在です。
前2作ではヒロインの存在そのものが癒しであり救いであり希望でもあったんですが
私はこのヘウにはそこまでの魅力が感じられないまま終盤になってしまいました。
イヒョンやドンス、そして謎がありつつもまだヨンヒの方が希望の光へと導いて
くれそうな役割ですよね。
あと、私が想像していたより最初からイスが脆いなぁというのもありますね。
やられたら倍返しどころか、2倍3倍にしてやり返しても気が治まらないのに、
最初からヘウやイヒョンへの感情があふれすぎて弱点になるというがちょっと・・・。
復讐するならただひたすら“孤独”に耐えてこそ、私は共感度が高まるタイプです。

余談ですが、無性に「復活」が見たくなりレンタルしようとしたら貸出中だったので
手元にある「魔王」を見始めました。
こちらも高校時代の事件から12年後が描かれていたんですねぇ。
ところどころに「鮫」とリンクしている言葉や出来事などがあり、へぇ~と思いながら
見ています。ザル頭のおかげで忘れているところがたくさんあって、とても新鮮です。
そういえば、地検長の息の根を止めに来た男は“偽スティーブン・リー”でしたね^^

 Re: シナモンさんへ! * momochi * 2013/07/30 (19:25) * URL * 編集

「特に何もないまま18話まで来てしまった」というニュース記事がありましたが、
本当にそんな感じで…。
「愛と復讐」のほうは、どうにもインパクトがありませんね。
主役を演じる俳優さんが苦手だからかなとも思いましたけれど、
それを言うなら「復活」も同じですし、どうやら脚本の問題かなと…。
ただ、気になることがたくさん残しておいて、
それで興味を引っ張っていくという手法は見事ですね^^。

私も、カン・ヒスを殺した犯人はアジョシだと思います。
スヒョンとイスの間を切るためのアジョシの作戦では!?!
ここで、ヨンマンが殺人犯では、イスが可哀想すぎますからね。
ここまでの殺人の詳細、そしてサングクの過去の証明と破滅などなど、
残り2話ですっきりさせてくれるのでしょう。
それは楽しみです^^。

ヘウの行動は本当にイラッと…、そして存在感も少々薄いですね。
この頃では服装にまでブツブツケチを付けながら見ている有様で(・・;)
検事がこんなに足を出す格好をするかしら…とか(笑)

ちょうど同時に見ている「君の声が聞こえる」の
イ・ボヨンとイ・ダヒが弁護士と検事役をやっていますが、
どちらも役に会った服装で登場していて持てるので、
余計気になって仕方がありません。
セリフもいちいちカチンとくるし…。
こんな調子じゃ、ドラマにハマりこむことはできませんねぇ('-'*)

どういう結末になるのでしょう。
ジュニョンとヘウが元のさやに納まることもないでしょうし、
ヘウとイスが結ばれるというのも何かおかしい気がするし…。
最後で視聴者を納得させる結末ってあるのかしら…。

バタバタと落ち着かない毎日ですが、
そんな合間にちょこちょこテレビも見ています。
偶然昨日、私も「魔王」をBSで見ました。
やはりこちらのほうが面白いですね^^。

そうそう偽スティーブン・リー!
それでキャストを検索して、本物がイ・ジヌクだとわかった次第。
それまで気づかなかったんです(・・;)

三部作完結編といいながらもいい結果を出せなかったから、
また完結編が出てきたりして…(*´∀`)アハハ♪
それはそれで楽しみですけれどね。

とにかく今日が最終回。
明後日くらいに見られるといいなぁと思っています。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/2647-893b00bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)