momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/07/30 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第11話 7月29日放送 視聴率 11.5%

動画を見る!(英語字幕)

第11話-1 第11話-2 第11話-3 第11話-4
第11話-5 第11話-6 第11話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

こちらから高画質のものをダウンロードできます。
(ダウンロードは自己責任でお願いします。ファイルサイズもかなり大きいです。)

あらすじ!

Part1
店に戻って来たウノが、「イ弁護士!」と呼ぶのを聞いて、「二人は知りあいなのかい?」と驚く女主人は、彼を息子の友達だとウノに話します。
「なんて偶然なの?私達は一緒に働いているのよ。」とウノ。
そのまま出て行くテジョを追いかけようとするウノに、女主人は「彼は見た目より繊細だから、気を付けてあげてね。」と言います。
外に出たテジョは車に戻らず、女主人の言ったこと「彼女の夫はあの事件のせいで死んだんだ。彼女は何も知らないけど。」を思い出します。
やっと車に戻って来たテジョに話しかけるウノ。
「ウシク?は、この辺では有名な天才だったのよ。どうして彼と友達になったの?まるで正反対の二人が仲良しだったなんて、信じられないわ。」
「俺達は今仕事中だから、個人的な話はすべきじゃない。」とテジョ。

新しい土地のオーナーの家には人の住んでいる様子はあるものの留守。仕方なく、明日の朝出直して来ようとテジョは言います。ウノはヒョンネに電話を。「私達はなぜ土地がミョンジャでなく、パク・ノスンに行ったのかを調べなければならないの。それに、あれだけの土地を買うことができる人なのに、その家がボロボロなのよね。何かおかしいと思わない?」
「お前のそのカンを信じなさい。」とヒョンネ。
車に戻ったウノは、寝ているテジョに、「もし明日の朝早くにここに戻るなら、ここにこのままいてもいいかしら?私、ちょっと行きたいところがあるのよ。」
二人は海辺で一夜を明かします。海岸でメールを読むテジョ。それは、ウノからの「私の最初のメッセージです!」というメール。ウノは笑顔を見せたテジョに喜び、こんな話を始めます。
「この場所には、私が泣いている思い出しかない。ここは私が夫の遺灰をまいた場所なの。彼は海が大好きで、死ぬ間際もこの場所のことを話していた。私はたくさんのミスを犯し、トラブルも巻き起こして来た。でももう4件目よ。あなたも私のために大変だったでしょう。」
「わかってくれればそれでいい。」とテジョ。
「本当にありがとう。あなたでなかったら、たぶん私は頑張れなかった。気にしてないように見えるかもしれないけど、私はちゃんとあなたが教えてくれたことを胸の中にしまってる。夫が死んでから、私は友達にさえ心を開くことができなかったわ。でも次第に、私はあなたに心を開くことが心地よく感じるようになったの。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/260-947a99a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)