momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2013/06/20  COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
20130528-05-tile.jpg
  상어  Shark  
2013年5月27日~7月30日 KBS2 月・火 21:55~ 全20話予定
KBS公式サイト  Daum紹介ページ
視聴率 第7話 6月17日 7.5%(AGB全国)
視聴率 第8話 6月18日 6.9%(AGB全国)

関連ニュース!
みな秘密を消した人々。息をのむ楽しみ
"サメ"、ネタはもう終わり〜
(ドラマレビュー)" サメ" 、 とてもいいが 展開が 遅い のはどうか
本格 "三角ロマンス"始動...月火ドラマ戦争 "大逆転"できるのか?
不親切なドラマ'サメ'、視聴者に試験を受けさせる
ドラマレビュー 鮫 のんびり浮き袋話をするときか
ウェルメイド 'サメ'、視聴率出ない理由は何か
ソン·イェジン、刺激と不運に埋もれてしまうもったいない演技
キム·ナムギル笑顔がこんなに胸が痛いなんて
冷やかで切ないキム·ナムギルの二重の魅力
キム·ナムギル - ハ·ソクジン、微妙な心理の変化 "回想 - 嫉妬"
イハニ、深い内面演技でキャラクターの構築'存在感UP'
イ·ハニ、謎めいた正体が明らかになった
ソン·イェジン高級一人娘ファッション本人が直接デザインした

見る!
dramacrazy:Shark
gooddrama:Shark
dramaepisode.com:Shark
タグ:韓国  ドラマ    

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2013/06/21 (15:27) * URL * 編集

こんにちは。

>彼だけは、このドロドロとした復讐劇に参加せず、
ずっと爽やかで優しいオッパでいて欲しかった

そうなんですよね~。
善人だと思っていた人が実は悪人で、うさんくさそうな人が本当は良い人だった・・・
という反転が醍醐味のドラマもありますが、謎めいた登場人物たちの中でこの人だけは
最後まで変わることなく良い人であってほしい、と切望するキャラっていますよね。
私にとってもジュニョンはそういう存在です。
ジュン=イスと知り、葛藤しつつも最後までいい奴でいてほしいですね。
今週はアボジ(地検長)が出てくるたびに死相が漂っているように見えて、
父子でのシーンはなんだか余計な心配をしてしまいました^^;

沖縄の老人があの俳優さんで、私はまたまた変なテンションが上がりました。
しかも顔が火傷のような感じだったので、この人物に関して妄想しまくりですよ。
たしかヨシムラジュンイチロウは、家族を家事で亡くしたと言っていたので
そのときの生き残りの1人かな・・・とかね。
(私はその火事もヘウハラボジの仕業だと思っているので・・・^^)

あと気になったところといえば、イスが電話で自ら「ハン・イスだ」と名乗っていた
シーンがあったことです。
少なくとも自分の正体を明かしている(知っている)相手が、ジュンイチロウ以外にも
いるということですよねぇ。
ヨシムラジュンではなく、イスとして接している人物・・・。
“ヘウハラボジの手に入る前に写真を探し出せ”みたいな指示をしていたので
それが何の写真かも気になります~。

ちなみにハラボジが(ドラマだから^^)証拠隠滅せず12年間も大事に保管していた
例の文書のタイトルは「チョン・ヨンボに関する真実」でした。
いや~、それにしても7年前のヨンヒはケバかったですねぇ~^^;

 Re: シナモンさんへ! * momochi * 2013/06/21 (21:09) * URL * 編集

ここ数日天気が荒れていて、何だか嫌ですね。
雨の日は、ワン散歩ができないので本当に困ります。

さてさて、ドラマのほうは本当に怪しい人ばかりで('-'*)
それぞれが秘密を持つとなると、
それを明かすだけでもだいぶ時間がかかりそうですね。

>アボジ(地検長)が出てくるたびに死相が漂っているように見えて

本当につらそうな表情でした、死相までは思い浮かびませんでしたが、
確かに死ぬ運命にあるような気がしますね。
父親のことを知ったジュニョンは、相当なショックを受けそうで、
それだけでも、人間が変わってしまいそうな…。
とにかく、憎たらしいキャラにだけはならないことを願うばかりです。

沖縄のハラボジ、チュ・ジンモさん!!!
彼の名前だけは忘れませんヨ(笑)
「魔王」「復活」に続いて登場してきましたね。
ものすごい特殊メイクで、謎を秘めた人物でしたが、
そこから、ジュンイチロウとの繋がりを見つけ出すとは、さすがです。
単純な私は、ヘウハラボジと繋がりがあり、
昔のシーンにふんだんに登場するために、
大げさな老けメイクにしているとばかり(^▽^;)
ヘウハラボジとは、どんな因縁があるのでしょうか…。
気になります。

>イスが電話で自ら「ハン・イスだ」と名乗っていたシーン

そうそう、重要なシーンなのに書き忘れました(^▽^;)
誰でしょうか、もうすでに登場している人物なのでしょうね。
これまた謎…。

チョン・ヨンボ…、これはハラボジの昔の名前ってことですか!?!
またまた謎追加^^。

あのボールペン男も、今度はどんな使命を受けているのやら…。

もう秘密が山のようで、整理しきれませんわ。
次回には少しなにか明らかになるといいですね。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/2592-1b3aefab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)