momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/07/28 善徳女王 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
善徳女王 第19話 7月27日放送  視聴率 32.7%

動画を見る!(英語字幕)

第19話-1 第19話-2 第19話-3 第19話-4 
第19話-5 第19話-6 第19話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
チクバンは、トクマンにこう言います。
「お前はユシン首長にお前の体の傷のことを本当に話さなかったのか?彼は知ってるぞ。全部知っていた。彼は俺達に言ったんだ。お前の体の傷には恐ろしい話しがあるから、それをからかっちゃいけないと。」
トクマンはある夜のことを思い出します。
風呂上がりにそこにいたユシンに気付いたトクマンが、「何をしてるんですか?」と訊ねたとき、少し慌てていた彼の様子を。

「王女様。トクマンは女です。」と言うユシンの言葉に絶句するチョンミョン。

「ユシン首長が知っていた?」と言うトクマンに、チクバンはこう続けます。
「ユシンはお前の体の傷を知っていた。でもお前はそれを話したことがないと言う。彼は知っていたから、お前を守ろうとしたんだ。それにしても、どうしてわかったんだろう。恐ろしい男だ。」

トクマンが女だと知り驚くチョンミョンに、ユシンは、
「申し訳ありません。あなたにはお話しするべきでしたが・・・。」
「それでは、トクマンが本当に私の妹なのでしょうか。」
「今私達はどうすればいいのでしょうか?双子についての予言によれば・・・。」
「隠さなければなりません。誰にも知られてはなりません。」
「しかし、あなたの言うことが真実なら、彼女は王家の一員です。どうして彼女を郎徒のままにしておけましょうか。」
「なぜあなたはトクマンが女であることを隠していたのですか?」
「???」
「私に対するのと同じ理由ですね。もしトクマンの素性が明らかになれば、私達は彼女を失います。彼女はソラボルからいなくなるに違いない。私達はすぐにトクマンを隠さなければなりません。自分の呪われた出生の事実に、彼女はどうやって耐えることができましょう。それではあまりにも彼女が可哀そうです。生まれてすぐ遠くに連れ去られ、やっと生き残って自分が誰かを探すために戻って来たのに、彼女がそれを見つけた時、死ぬ運命にあるなんて。」

一人になったトクマン。
「ユシン首長が知っている?どうすればいいんだ。」
そんな彼女を見つめるチョンミョン。

チクバンはユシンのところに行き、「トクマンが女の子だということを、知ってますよね!」と。ユシンは、「どうやってわかった?」と彼に訊ねます。
「私は経験があるから、見分けられます。」とチクバン。
ユシンは、「決して悟られるな!」と彼に言います。

トクマンはユシンに、「なぜ私を追い出さなかったのですか?」と訊ねます。
「何のことだ?」とユシン。トクマンは、「私が女だということです。」と。
「それがどうした?王女様が私にお前を託した。だからお前を引き受けた。それだけだ。彼女は私に、お前が女なら追い出せと命令しなかった。だから、私は言われたとおりにしているだけだ。何かそれに問題があるか?」
「私が嘘をついてもここにこうしていたのには、理由があるんです。だから・・・。」とトクマン。ユシンは「聞きたくない。」と彼女に背を向けますが、トクマンは、
「ユシン首長。どうしてあなたは、私が自分のことを話したいときにはいつも、こんなふうに私を避けようとするんですか?」
「避けてるんじゃない。関心がないだけだ。」
「たとえ関心がなくても、どうか聞いてください。タクラマカンからキエリム(?)までの間、私は大変な思いをしてここまでやってきました。さらに、男のふりまでして。」

タグ:ドラマ  韓国  動画  あらすじ  善徳女王  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/257-4f03e22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)