momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/07/23 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第9話 7月22日放送 視聴率 10.9%

動画を見る!(英語字幕)

第9話-1 第9話-2 第9話-3 第9話-4
第9話-5 第9話-6 第9話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

こちらから高画質のものをダウンロードできます。
(ダウンロードは自己責任でお願いします。ファイルサイズもかなり大きいです。)

あらすじ!

Part1
カン議員と一緒に事務所にやって来たヨンウは、こう話し始めます。
「私は、カン・ヒス議員の離婚訴訟の代理人となりました。カン議員は、できるだけ早くこの問題を片付けたいと考えておられる。そしてできれば裁判に持ち込まずに離婚と親権の問題を処理したいのです。」
ヨンスは、時間を置いてまた会合を開きましょうと言います。

テジョは、ジョンウォンに兄貴と喧嘩したのかと訊ねます。
「このケースを担当するのに、理由がいるの?すべて自分のキャリアのためよ。カン・ヒスは将来大統領候補になるかもしれないわ。こんな相手と戦うチャンスはめったにないでしょう。」
そして彼女は、入って来たウノに、このケースから降りてと言いだします。
「それはできません。キム・ヨンスクさんは、最初から私を信頼していますし、カン議員への借りもありますから、最後までこのケースを担当します。」
「それなら俺が降りる。」とテジョ。
「それはだめよ。私には役に立つ人間が必要なの。」とジョンウォン。

事務所では、昨夜会った女性のことで浮かれるハンノをヨンスがからかいます。
そこに警察から電話が。女性がハンノをセクシャルハラスメントで訴えたと。

カン夫人に会う三人。ジョンウォンは質問を始めます。
「私は経験が豊富よ。だから私を信頼して言う通りにすれば、多額の慰謝料を取ることができるわ。虐待の回数や期間を正確に覚えているかしら?病院の治療の記録は?」
首を振る夫人に、「お金のために思い出さなくちゃ!」とジョンウォン。
「私はお金のことはどうでもいいんです。私はただ私と子供が彼から自由になればいいんです。」
「ひょっとしてお子さんは、あなたの虐待の現場を見ていませんか?もし何か音だけでも聞いていれば、彼を証人にできるわ。そして勝てます。」
「いつも彼は、子供がいないときか、寝ているときだけ私を虐待しました。」
「彼が虐待をしたというのは、本当なんですか?こんなに長い間そんなひどい虐待を隠しておけるのかしら。」
ウノはジョンウォンを外に呼び出します。
「キム・ヨンスクさんは、子供を置いてきたことで心を痛めている母親です。あの質問はひどすぎます。」
「それじゃあ、どうやって誰も見てもいない虐待を証明するの?」
「私は首の傷をはっきりと見ました。写真も撮りました。」
「それはどこかにぶつけただけでもできるわ。向こうは、彼女の鬱と精神状態を取り上げて、それは自分でやったと言ってくるわよ。そして負ける。」
「彼女は完全に正常です。あなたも見てわかるでしょう。」
「そんなことではなく、それを証明できるかどうかを言っているんです。まったくどうして基本的なことすらわかってないのかしら?」
「私はあなたが素晴らしい才能を持っていることは知っています。でも生きたヨンスクさんと書類の上の彼女では、本当のヨンスクさんのほうがはるかに大切なんです。私は彼女の苦しみと涙に彼女が打ち勝つのを手伝ってあげたいんです。」
そこにテジョが。「先輩に対して失礼だぞ。」と。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/246-b5028bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)