momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


レンタルDVDで視聴しました。
20121113-1.jpg
大望  대망  Great Ambition
2002年10月12日~2003年1月5日 SBS週末ドラマ
SBSVODサイト  Daum紹介ページ  完全攻略ガイド(Showtime)  OST
演出:キム・ジョンハク 脚本:ソン・ジナ

ストーリー!
18世紀の朝鮮をを背景に二人の兄弟の野望と愛を土台にしたフュージョンドラマ

キャスト!
チャン・ヒョク、ハン・ジェソク、イ・ヨウォン、ソン・イェジン

パク・サンウォン、キョン・ミリ、チョ・ミンス、チョ・ヒョンジェ
パク・ヨンギュ、パク・チョンハク、チョン・ソンモ
キム・ミギョン、チョン・ソギョン

チョ・インソン、イム・ジョンウン、チャン・グンソク、メン・セチャン、カン・ボギョン
タグ:韓国  ドラマ  大望  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * kiruto * 2012/11/13 (19:53) * URL * 編集

今 見終えました 

こちらで大望の記事を読むことができてうれしいです ありがとうございます

 毎回 まじめに次の日には録画をみるほど楽しみしてました(^^)

・・・シヨンは幼少のころ 自分になつかない飼い犬を殺した この段階で治療が必要ですよね ほんと 周りがふりまわされてます

・・・どっかの解説でみましたがソン・イェジンは途中 降板だとか、イ・ヨンウォンとチャンヒョクのストーリーになったので 出番が減ったためとか・・・

・・・最後 ハッピーエンドでよかったです  死んだと思ってましたから(^^;)


~~テレビ視聴ですが 太祖王建終わりました 長かったけど見ごたえありました  よかったですよ
昨日から光宗大王やってます

あと、“よそ”でお世話になってアラン使徒伝 。

龍の涙は引き続きみてます 

KBS-wでチェスジョンの大王の夢もみてます やっぱり史劇好きかな

 Re: kiruto さんへ! * momochi * 2012/11/14 (10:14) * URL * 編集

なかなかいいドラマでしたね。
チャン・ヒョクがキレイで、チョ・ヒョンジェがキレイで、
そういう意味でも楽しめるドラマでした(笑)
kirutoさんの書き込みがなかったら、見なかったかも知れません。
本当にありがとうございました(^^)

ソン・イェジン、そうだったんですか…。
なんとなく解せないままでしたので、すっきりしました。

私も史劇はいいなぁと思います。
特に昔のものは面白いですね。

テレビだと、つい録画を忘れてしまうので、
レンタルで一気に見たいのですが、長いのはちょっと…(・・;)
短めでおススメのものがあれば、ぜひ教えてください!

  * シナモン * 2012/11/22 (15:42) * URL * 編集

こんにちは。私もやっと見終えました。momochiさんに追い越されちゃいましたね。
実は13話あたりで見る気が失せちゃって、そのまま放置してたんです・・・^^;
ちょうどチェヨンがヨジンとの駆け落ちをすっぽっかしたあたりでして、
もう私は本当にブチ切れてしまいましたよ。
幼いときからのチェヨンの性格からして、友人の死がどんなに衝撃的な事件だったか
それはよくわかるのですが、もう中盤なのに全く生きる気力のない主人公って・・・
いやもう私はドン引きしちゃいました。

でもタンエやヨジンなど女性キャラにはとても魅力を感じましたし、
後半の世子の評判は噂で聞いていましたので、リタイアしようとは思わず、
しばらく間を空けて再開するつもりでいました。

ストーリーや男性キャラなど、なんだかなぁ・・・と愚痴りたいのは山ほどありますが、
それは控えておきまして、よかったなと思うところだけを書きますね^^;

>場面場面の台詞には心打つものがたくさんありました

そうそう、本当にそうなんですよね~。
私はチェヨン父・フィチャンと下人(役名忘れましたが「キムタック」のパルボン先生)
の会話がなかなか面白かったです。

私がこのドラマで一番印象的だったのはタンエです。チョ・ミンスさん、
本当に素晴しい表情をされる女優さんだなぁと改めて惚れ直しました。
思雨谷の女主人としての顔、チェヨンの母親としての顔、イ・スを慕う女性の顔・・・
それぞれ全く別の表情で演じていましたよね。
特に終盤、イ・ス手作りの木杯で三人でお酒を飲むシーンの彼女の顔は圧巻でした。

あと、萌えツボは、やはり何といっても“壁に向かってつぶやく世子”でした^^
つっこみどころは、ヨジンの下女がそこそこ年増っぽい感じするのにお下げ髪で、
私は彼女が映るたび毎回笑えたのですが、最後の方で誰かにこのことを
突っ込まれるシーンがあって、バカウケしちゃいました~。

それと私はイム・ヒョンシクさんの存在感に本当に救われました。
ちょっといい加減なようで、ちゃっかりしてて、愛嬌があって・・・
どのドラマでも本当に味のある演技をなさる方ですが、
今回は非業の死を遂げる結末でびっくりしました。
私がこのドラマで唯一泣けたのが、おじさんの回想シーンのところでした。

 Re: シナモン さんへ! * momochi * 2012/11/23 (13:31) * URL * 編集

シナモンさん、コメントをありがとうございます!

主人公がこんなに弱いストーリーも珍しいですね。
「お人よしも度が過ぎるとただのバカよ~~~!
友達とヨジンとどっちが大切なの~~?」
私もイラつきながら、心の中で何度もそう叫んでましたヨ。
ヨジンとの約束をすっぽかして助けに行った友人ソグ(善徳のソクプム)も、
何だか助けるに値しないような性格だったし…。

記事では控えめに書きましたが、私も結構ブツブツいいながらの視聴
登場人物の男性、誰にも気持ちの入らないドラマでした('-'*)フフ

それでも、最後まで続いたのはあの豪華なキャスティングでしたね。

チェヨン父フィチャンは何とも不思議な存在でした。
登場人物の中では、悪の部類かと思うのですが、
ときどきとても正論を言ったりして…。
やり方が間違っているだけで、大きく目指しているところは正しいのかなと思ったりも。
フィチャン下男役の俳優さんも、いつも印象に残りますね。

タンエ役のチョ・ミンスも素晴らしかったですね。
「砂時計」、「ピアノ」、「クリスマス」のときもそう感じましたが、
どんな役柄にもピタッとハマり、とても不思議な魅力のある女優さんだなと。
イム・ヒョンシクのデュイにも癒されましたし、
キョン・ミリさんが最後までいいオモニだったことも意外なことでした^^。
そして、何より驚いたのはチョ・ヒョンジェのハンサムっぷりでしたね!

とにかく、ドラマの内容よりも、豪華な俳優陣を楽しむドラマだったように思います。

チョ・ヒョンジェつながりで、TSUTAYAで「ラブレター」大人借り~!
昨日全話見終えましたヨ('-'*)フフ
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/2271-9ed142a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)