momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


20110518.jpgタイムスリップDr.JIN  닥터 진  Dr. JIN    
MBC公式サイト Daum紹介ページ  全20話

第7話 6月16日 14.4%(TNmS全国) 14.7%(AGB)
第8話 6月17日 13.3%(TNmS全国) 15.1%(AGB)

関連ニュース!

ソン·スンホン、歴史変えるか...ペニシリンの研究に着手
イ·ボムスは、このドラマでは絶対抜けたらいけない理由
迅速な展開+俳優たちの熱演 "映画一方見た?と思います!"
キム·ジェジュン、醜い悪役なのになんか気の毒
金塊をめぐる息詰まる緊張感、ウェルメイドドラマ好評
チャン·ヨンナム 1分に登場 "ベールに包まれた人物"知りたい事爆発
キム·ジェジュン!ユン·ジュヒ殺しパク·ミニョンと結婚承諾を!
ソン·スンホン、キム·ジェジュン - パク·ミニョン婚事ニュースに混乱
イ·ボムス、チンイハンに手を出して...一緒に安東金氏の取組み?
爪現わしたイ·ボムス、彼に目が離せない
酒に酔ったイ·ソヨンの言葉に、ソン·スンホンびっくり!なぜですか?
未来のパク·ミニョン、朝鮮時代には誰?ひょっとして...
ソン·スンホン、命を救ったパク·ミニョンに "私は未来から来た人"告白
チンイハン、ホンヨンフィ - ホン頭領1人2役 "音もなく強い"
ソン·スンホン、冷徹医師→穏やか医員 "相反キャラクター"完壁消化
ますます没入できるソン·スンホンの演技
"またあの俳優?" 名品助演たちの重なる出演、どう見るべきか
大ヒットドラマの成功法則?男性ツートップ全盛時代

タッパルのTVを読む:ドクタージン、流れる文字や失踪した名場面



動画を見る!
viki:Dr.JIN(英語字幕)

yb88:ドクターJIN(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
タグ:韓国  ドラマ  動画  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2012/06/19 (13:51) * URL * 編集

こんにちは。
歴史を変えるほどの重大な業績となるペニシリン製造の過程・・・
メディカルドラマらしからぬ、さらっとした描き方で拍子抜けでしたね。
つっこんでいいのやらマズイのやら、私も微妙~な気分で見てました^^;

さて、いよいよハウンが大妃とつながりを持てそうな展開になりつつありますね。
第8話を見ていてちょっと気になったこの「大妃」なんですが・・・
台詞では皆が「テビママ(大妃様)」と呼んでいましたね。
普通に「大妃」というと、先代王の皇后だった人のことだと思うので
現在の王は哲宗ですから、先代王・憲宗の皇后のことになりますよね。

ドラマ「明成皇后」での記憶として、興宣君は翼宗の妃だった大王大妃(趙氏)に
取り入り、丁々発止のやりとりの末、一発逆転でミョンボクに白羽の矢が・・・
という感じだったと思うので、ここでの「大妃」は誰のことなのか気になったんです。
でもラストシーンでハウンが「テワンテビママ(大王大妃様)」と呼んでいたので、
やはり趙氏(神貞皇后)なのかと思ったり・・・。
あ、でも、このとき厳密にいえば彼女はまだ「王大妃」ですよね。
まぁ、これは来週になればわかることでしょうから、今は深く考えず、
どんな女優さんが演じるのかも含めて、来週までの楽しみとしておきます^^

私は今回、妓生の葬儀風景がとても印象的でした。
故人を弔うチュノンたち妓生の喪服(喪装)がとても美しかったですね。
妓生の葬儀に参列する装いとはこういうものだったのか、あるいはこのドラマならでは
なのかわかりませんが、私は史劇で初めて見たように思いました。
もしかして「ファン・ジニ」でジニの師匠が亡くなったときも、こういう喪装を
していたのでしょうか? 単に私の記憶がないだけですかね・・・?^^;

あと、これまた余談ですが“名品助演たちの重なる出演、どう見るべきか”の記事は、
私も最近何気に思っていたことです。
今見ている「幽霊」と「ビッグ」両方に出ている男優さんがいまして、
曜日や局が違うとはいえ、現在放送中の複数のドラマでお目にかかるのは
全く違うテイストの役柄だけにちょっと興醒めな感じがしないでもなく・・・。

まぁ私も普段からドラマを掛け持ちでたくさん見ているので、俳優さんがダブるのは
日常茶飯事ですから、あまり気にするほどのことでもないんでしょうけどね^^;

 Re: シナモン さんへ! * momochi * 2012/06/19 (14:53) * URL * 編集

確かにドラマのポイントが少々ズレてきちゃいましたね。
ジンのこの時代の医術への貢献や、それによって生じる葛藤というよりも、
歴史がどう変わるかというその背景的なことのほうに比重が置かれているような…。
タッパル氏が厳しいレビューを書いていましたけど、
どっちつかずの中途半端なドラマにならないといいのですが…。

ただ、イ・ハウンはなかなか良い設定だと思っているので、
それだけに、次回から登場する大王大妃趙氏は重要ですね。
一体どんな女優さんが出てくるのでしょうか。
私も「明成皇后」は60話まで見たので、
今でも、キム・ヨンリムの顔が鮮明に残っています(^^)

妓生の葬列は、とても美しく印象的でした。
この場面、イ・ソヨン、イ・ボムスがインパクトあり過ぎて、
ソン・スンホンとパク・ミニョンの存在が薄かったような気もしましたけれど^^。

ファンジニでも、白い衣装だったような…。
葬列のシーンはありませんでしたよね。
川原でジニが師匠に捧げる最後の舞を舞っていたことは覚えていますが…。

俳優さんが掛け持ちであれこれ出るのは、私ももう慣れっこになっています。
やはり、ときどきは「あれ!?!」と思うようなこともありますけれど、
主役の演技をさらに引きたてるような名脇役は、
ひっぱりだこというところでしょうね。
すべては数字のため、演技の上手い俳優さんはたくさんいても、
数字の撮れそうな助演を選んだ結果かもしれません(^^)
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/2164-27019ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)