momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/12/30 映画レビュー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
視聴状況のメモから、映画だけをこちらに移動しました!

◆ 8月

* 血も涙もなく 2002年
   チョン・ドヨン、リュ・スンボムが出ているのでレンタルしました。
   監督は、リュ・スンワン。
   理解に苦しむほどの過激な暴力シーンが続きます。
   個人的には、リュ・スンワンの映画なら、「クライング・フィスト」のほうが好きですが、
   チョン・ドヨンの演技は言うまでもなく、チョン・ジェヨンもかなり凄かったです。
   彼の最近の主演作「黒く濁る村」もずっと見たいのですが、
   いつもTSUTAYAでは貸し出し中。
   6本もある映画がいつも貸し出し中なのは珍しいので、よけい気になっています。
   イ・ヘヨンという女優さんもインパクトありましたね。

◆ 9月

* チュ・ジフン「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」 (09.17)
* オム・テウン「シラノ 恋愛操作団」 (09.16)
* 黒く濁る村 (09.12)

◆ 10月

* 永遠の片想い 2002年 チャン・テヒョン、イ・ウンジュ、ソン・イェジン
   なぜか2回目…^^。ストーリーはイマ一つですが、映像が美しく大好きな映画です。

* 悪魔を見た  2010年 イ・ビョンホン、チェ・ミンシク
   復讐する主人公に気持ちの入らない映画でした。
   そして、あまりにも多い残虐なシーンは、少々悪趣味かと。
   期待していただけに残念な作品でした。
   チェ・ミンシクの演技は素晴らしかったですけどね。

* 私たちの生涯最高の瞬間 (10.29)キム・ジョンウン、ムン・ソリ、オム・テウン
   アテネ五輪で女子ハンドボールチームが銀メダルを獲得するまでを描いた作品。
   家族皆で楽しめるような楽しい映画でした。
   
◆ 11月

* 食客 (11.10) キム・ガンウ、イム・ウォニ、イ・ハナ
   結構面白く見ましたが、一番大事な料理対決が物足りなかったような…。
   2時間の映画では、少々無理があったのかもしれませんね。
   ドラマのほうを見ようかと思いましたが、主演がキム・レウォン…。

* 甘い人生(11.15)イ・ビョンホン、キム・ヨンチョル、シン・ミナ
   ビョンさまファンにはたまらない作品ですが、そうでない方にはちょっと…の作品(^^)
   私には、ビョンさまより、特別出演のエリックのほうがカッコよく見えましたね。
   ところどころ、素敵なシーンもありました(笑)

* 大胆な家族 (11.17)カム・ウソン、キム・スロ、キム・スミ、シン・グ
   祖父の遺産のために、南北が統一されたことをでっちあげる
   孫たちの奮闘を描いたコメディ。
   バカバカしく面白く、最後は涙で締めくくるものですが、好き嫌いがわかれそう。
   私はそれなりに楽しめました^^。

* インシャラ(11.24)イ・ヨンエ、チェ・ミンス
   1997年の古い作品。主演の二人の名前でレンタルしましたが、
   ストーリーはイマみっつ^^。
   映像は、全編サハラ砂漠を舞台にしているのでそこそこ綺麗でしたが。
   若いイ・ヨンエはセミヌードも披露していました。当時もうスターだったのでしょうか。
   とにかくチェ・ミンスがカッコよくて、それだけで満足できました(^^)
   
* ユゴ 大統領有故 (11.26) レビューアップしてあります。

◆ 12月

* ハーモニー 心をつなぐ歌 (12/19)2009年 キム・ユンジン、ナ・ムニ 
   女子刑務所で結成された合唱団、そこで歌を通じて生きる希望を見出す女性たちの物語。
   ストーリーは特に興味深いものではありませんが、実力派の女優陣が揃った作品。
   実話だと聞き、さらに感動が増しました。

* 韓半島(12/7)2006年 アン・ソンギ、チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ
   反日映画ということで日本では公開されなかったのだとか…。
   キャストを見ただけでわくわくしちゃいましたが、何しろひどい日本人が登場します。
   いずれにせよ、非常に興味深い内容。
   高宗の時代と現代を行ったり来たりしながら、国璽探しが始まります。
   日本人が何を言おうと、これが韓国人の本音なのかと思うとちょっと寂しくなりますけど。

* 卑劣な街(12/16) 2006年 チョ・インソン、チョン・ホジン、ナムグン・ミン
   どちらかというと私の好みから外れるチョ・インソンですが、
   この映画の彼は最高、ちょっと好きになりました(^^)
   三流やくざが似合うってことかしら…^^。
   切ない切ない韓国やくざ映画はたくさんありますが、かなり好きなほうに入る映画です。
   音楽もよかったし…。
   そうそう「根深い木」に出演中のユン・ジェムン、チョ・ジヌンも出てます。

* 亀、走る(12/8) 2009年 キム・ユンソク、キョン・ミリ
   「チェイサー」のキム・ユンソクがまたダメダメ刑事を…。
   ダメ刑事をやらせたら天下一品!?! その奥さんをキョン・ミリが演じています。
   お決まりの追跡ものですが、農村を舞台にしたこの作品はどことなくのんびり感があり、
   最後はなかなかいい締めくくりでしたね。
   犯人役のチョン・ギョンホもなかなか魅力的でした、
   凶悪犯には見えませんでしたけど…^^。

* 木浦(モッポ)は港だ レビューアップしました!

韓流以外のもの
   
* 白いリボン 2009年
   カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞作品。
   1913年のドイツの小さな村を舞台に人間の深層心理を描いたミステリーです。
   全編モノクロの映像がさらに恐怖を掻き立てます。
   深い深いメッセージを込めた作品のようですが、もう一度見ないとダメかな(^▽^;)

* ハンナ 2011年
   シアーシャ・ローナンの演技力に圧倒される作品。
   少しMVのような映像はやり過ぎ感もありますが…。
   エンディングには我が家は不満足でした。
   監督も同じだったようで、DVDには別のエンディングも入っていましたよ。
   それもどうかなって感じでしたけど(^^)

 「英国王のスピーチ」、「13人の刺客」、「最後の忠臣蔵」
 3本ともなかなかいい映画でした(^^)
タグ:韓国  映画  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/2076-7bbd38ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)