momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/07/03 最新芸能情報 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
SBS 水木ドラマ 「シティーホール」が終わりました。
来週からは、いよいよ「太陽を飲み込め」が始ります。

関連ニュース!

シティーホール、自体最高視聴率 19.6%で '有終の美'…20回連続1位(機械翻訳)

終映した SBS 水木ドラマ 'シティーホール(ギムウンスックシナリオ,シンウチォル演出)'が、20回連続スモックグック 1位を記録してピリオドを付けた。

3日、視聴率調査会社 TNSメディアコリアリサーチ調査結果によれ、 2日放送された 'シティーホール' 20回は、 19.6%の全国視聴率を記録しながら幕を閉じた。

これはまさに前日の 1日放送された 'シティーホール' 19回が記録した、17.6%よりおおよそ 2%ポイント上昇した数値だ。特に去る 6月 25日記録した自体最高視聴率である 18.3%より 1.3%ポイント上昇した数値で、自体最高視聴率を記録して有終の美をおさめた。

'シティーホール'と同時間帯放送される、KBS 2TV 水木ドラマ 'パートナー'は 7.7%の視聴率で 2位を占めたし、MBC 水木ドラマ 'トリプル'は、6.8%の視聴率で後を引き継いだ。

一方、この日終映した 'シティーホール'は、グク(チャ・スンウォン)とミレという(キム・ソナ)が真の政治を実現することで済ました。インジュ市民たちの積極的な支持で、ミレがインジュ市長に復帰と、グクは真の政治観を先に立たせて大統領候補に出た。またグクとミレカップルは、もっと堅固になった愛を確認して結婚にゴールインした。
ボングズンヤング記者 bbongjy@mydaily.co.kr 2009/07/03


シティーホール,'希望がすなわち政治' メッセージ残して終映(機械翻訳)

SBS 水木ドラマ 'シティーホール'(シナリオギムウンスック,演出シンウチォル)が、真の政治を実現するグクとミレの姿で終了した.。

2日。 'シティーホール' 最終回では、ミレが願った市民たちのための是正が成り立つインジュの姿とともに、グクとミレ、ジョンドとジュファなどの幸せな再結合が描かれた.。

ミレ(キム・ソナ)は、インジュの廃棄物工場事業を白紙に返すとともに、市長職死なのを公式発表するが、副市長と市職員たちはもちろん市民たちの全幅的な支持を受けて市長に復職する。孤高で(ユンセア) また大韓グループ会長である父親の過ちが分かるようになった後、また市長になったミレに健全なリサイクル品工場設立及び市立病院建設を約束してすべての事を直す.。

グク(チャ・スンウォン) は、またビックブラドの伝横を皆受け止める。未来を脅かした事実に引き続き、告解と自分の結婚をずっと推進しようとするビックブラドの相変わらずの野慾が分かったグクは、突然の記者会見を開いき、任意にビックブラドの引退宣言を発表して、自分が彼の親子なのを暴露してしまう。

そしてグクとミレカップルは、もっと堅固になった愛を確認して結婚にゴールインして、このジョンド(イ・ヒョンチョル)とジュファ(チュ・サンミ) は、離婚は忘れて再結合していよいよ姙娠に成功する。最後にグクは真の政治観を先に立たせて大統領候補に出て、これを熱裂に応援するミレの姿で幕を閉じる.。

'シティーホール'は、コミックゾングチグックというちょっと不慣れなジャンルを標榜、,熱血視聴層を作り出して話題を集めた。特に,ノ・ムヒョン前大統領逝去とかみ合って、櫓前大統領を連想させるミレというキャラクターで国民的共感台を買った.。

しかし、何より政治という重いだけの素材が、メロ、コミックと絶妙の調和を成したことは、小さな快挙だと言うに値する。これは 'パリの恋人' 'オンエア' など、メロ中心の才気煥発した笑い要素をとかし出した作品の鬼才であるギムウンスック作家の力量おかげだ.。

ギムウンスック作家は、政治を理解するためにはニュースと新聞ではない、胸と熱情がもっと必要だろうか分からないということを、ゼチノムチはおびただしい良医せりふたちに立証し出したし、これはコミック演技の達人たちであるキム・ソナ、チャ・スンウォンの熟れた演技力に完成された。ここに真否することができたミレ、支庁職員、市民たちが反目で和合に進む過程は、むしろ痛烈さを抱かれてくれて劇の濃い味を加えた。
アンヒョウン記者 pandol@mydaily.co.kr 2009/07/02


キムソンア、"すべて経験した 'シティーホール' お陰で俳優として成長" (機械翻訳)

2日終映した SBS 水木ドラマ 'シティーホール(ギムウンスックシナリオ,シンウチォル演出)'で熱演した俳優キム・ソナが "一生得ることができないことをいっぺんに経験した。私の人生最高の作品"と言いながら終映所感を明らかにした。

インジュ市長シン・ミレを演じたキム・ソナは、 "撮影始終海千山千という言葉が顔負けで走って倒れて泣いて笑った。また卵洗礼にあったりしたし、特にトマトケチャップでごちゃになった場面では、目にケチャップが入ってしばらく苦労したりした"と、 "忙しくてつらい撮影だったが俳優として、人間的に一歩成長することができる大事な機会を作ってくれた意味ある時間だった"と去る時間を回想した。

引き続きキム・ソナは、 "地方小都市の末端公務員から女性市長の席にまで上がるようになるシン・ミレというキャラクターの特性の上、初回から最後の回に至るまで、毎瞬間瞬間変わる感情の起伏を表現するのが難しかったことは事実だが、これがきっかけで感情演技のテクニック的な面も学ぶことができた"と、いっそう成長した姿を見せた。

最後にキム・ソナは、 20話を無事に終えたスタッフたちに対して感謝あいさつを伝えた。キム・ソナは "シン・ミレを通じて、キム・ソナを尋ねるようにしてくれた監督と作家、そして多くの先輩・後輩俳優たちとすべてのスタッフたち、そして最後に最後まで愛情のこもった視線で眺めてくださった視聴者みなさんに、心よりご感謝の言葉を申し上げる"と、 "今後とも良い作品,良い姿でお伺いすることができるように最善をつくすつもりだ"と付け加えた。
ボングズンヤング記者 bbongjy@mydaily.co.kr 2009/07/02

タグ:ドラマ  韓国  シティホール  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/205-be74e220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)