momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/11/10 根深い木 COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
20111011.jpg根深い木  뿌리깊은 나무   A Deep Rooted Tree
公式サイト Daum紹介ページ

第3話 10月12日 16.4%(TNms全国版)

関連ニュース!

"秘密組織ミルボン登場し、"緊張感up"
イ・バンウォン‥朝鮮の王たちはなぜ上王になろうとしたのか
ペクユンシク-ソンチュンギ特別出演の2人の狂気の存在感
チョンギジュン演技する俳優は誰?疑問爆発
<キムホンシクコラム>"根深い木"太宗、悪役を引き受けた者の悲しみ
[インタビュー]チャンヒョク、"…すべての瞬間が俳優としての頂点"

動画を見る!
dramaload:根深い木(英語字幕)

viki根深い木(英語字幕)

dramasub:根深い木(英語字幕)

yb88:根深い木(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
タグ:韓国  ドラマ  動画  根深い木  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2011/11/12 (12:38) * URL * 編集

こんにちは。
momochiさんの“検索萌え~”のツボをくすぐる、困ったドラマになりましたね^^;

これはまさに秋の夜長にぴったりのドラマですよね。
回想シーンが出て来ると妙に気になって、また最初から何度も繰り返し見たくなります。

>「ケベク」で忠臣ソンチュン役チョン・ノミンが出てきたこと

そうそう、私もびっくりしました!しかも「サゴル」とペアで・・・^^;
ソンチュンは「ケベク」出演真っ最中なのに~?
放送曜日が違うから他局でもOKなの~?・・・とか、いろいろ詮索しちゃいましたよ。

ミステリーがらみの上質なドラマですので、
検索しすぎてネタバレしないよう気をつけてくださいね^^

 Re: シナモン さんへ! * momochi * 2011/11/12 (14:52) * URL * 編集

そうなんです…(・・;)
同じ史劇でも、「ペク・ドンス」のときにはまったく語彙なども調べないまま…。
「ケベク」はあらすじを書いているので、ときどき単語くらいは調べますけどね^^。

朝鮮王朝初期の知識がほとんどないので、とても勉強になります。
時間ばかりかかるのが困りものですが(^▽^;)

見ている側の興味をかき立てる上手い演出、そして映像もとても綺麗ですよね。
また3話ですが、続きがとても楽しみです。

> しかも「サゴル」とペアで・・・^^;
そうでしたね^^、史劇と言えば彼!!!

SBS「千日の約束」に出ているムン・ジョンヒが、
連続ドラマのKBS「あなただけ」に出ているとことはニュースになっていましたが、
チョン・ノミンはOK!?!
でも忙しいでしょうねぇ^^。

今日もスケート見ているところ^^。
NHKBSでライブ中継しているので、その合間にお返事を書いています。
今日はドラマは見られそうにありません(^^)

  * fukko * 2011/11/12 (21:48) * URL * 編集

「景福宮の秘密コード」を読み始めました。こちらは、殺人事件から始まります。言葉の説明が良くわかります。

ドラマとは大きく作りが違うように見えますが、面白いです。原作も。原作者のイ・ジョンミン氏は「風の絵師」を書いた方だそうです。

私はmomochiさんと同じようにミステリー好きで、学生時代にはエラリー・クイーンに凝っていました。試験の最中に続きが気になって気になって、答案を半分書いたところで、我慢できずに教室を出てしまったことがあります。「エジプト十字架の謎」です。

4話楽しみにしています。

na-mimさんのあらすじも読ませて頂いています。この場を借りて
ありがとうを言わせてください。

ロッテの免税店のところにコメントがいってしまったので、こちらにコピーをはりつけました。

 Re: fukkoさんへ! * momochi * 2011/11/13 (12:57) * URL * 編集

エラリー・クィーン、懐かしいです~~~~(^^)
私も遠い昔に貪るように読みましたよ!
もうほとんど忘れてしまいましたが、「Xの悲劇」はまだ覚えてますね。

学生時代、娘が歩き出す前は、終日ミステリーを読んでいたような気がします。
一番忘れられないのは、 ウイリアム・アイリッシュの「幻の女」!
今は手元にありませんが、訳者によって違うということを知った意義ある1冊でもあります。
冒頭の素晴らしい一説が、全然違っていたのですよ。
原書でなく翻訳本を読む私にとっては衝撃的なことでした。

懐かしく思い出して検索してみたら、同じように興味を持った方がいたので^^。
http://d.hatena.ne.jp/mmpolo/20110603/1307031341

もっとも、ミステリーはストーリーやプロットが重要なので、
あまり叙情的に訳さなくてもいいかなとも思いますけどね。

「根深い木」は、じっくりと楽しみたいドラマ…。
これまたリアルにはとても追いつけそうにありません。

もう一つのコメントは、削除しておきました。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1928-d8d9da24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)