momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/11/02 根深い木 COMMENT(16)  TB(0)  EDIT  TOP
20111011.jpg根深い木  뿌리깊은 나무   A Deep Rooted Tree
公式サイト Daum紹介ページ

第1話 10月5日 9.2%(TNms全国版)
第2話 10月6日 8.2%(TNms全国版)

関連ニュース!

第1話のニュースはこちら!

ソンオクスク-チェサンオ、火花散るカリスマ対決
ムヒョル役ジョジンウン、王たちを圧倒するカリスマ
美男ソンジュンギの再発見、世宗の熱演で好評洪水
視聴率小幅上昇にもかかわらず演技-映像美"好評"
根強い木、ソンジュンギの演技でしっかりと根を下ろした
[TVブリーフィング]ソンジュンギの新しい顔を…
SBS史劇の進化?一回当たり5億ウォン"根深い木"好評

動画を見る!
dramaload:根深い木(英語字幕)

viki根深い木(英語字幕)

dramasub:根深い木(英語字幕)

yb88:根深い木(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
タグ:韓国  ドラマ  動画  あらすじ  根深い木  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * R.M. * 2011/11/03 (07:37) * URL * 編集

momochi様、

お待ちしておりました~~笑。

世宗の人生を描いた最初の韓国史劇ドラマは1983-4年の
‘朝鮮王朝500年’2部(イ・ビョンフンデビュー作)との
ことですが、YTでも僅かな画像しかありません。

2008年の‘大王世宗’が86話の本格的ドラマですね。
脚色があって当然ですが史実に近いドラマとして好評です。

このドラマの太宗とイドの心理的戦いは見事な演出だと、感動。
義父 沈温へのイドからの密書、トルボクとの出会いは脚色ですが
自分の為にこれ以上人を殺させたくは無い、その気持ちは子供の
頃から強かったようです。

4話で太宗が崩御しますが、この二人の会話は鳥肌が立ちます。
ジュンギ君も天晴れですが、この太宗はいいですね・・・

‘魔方陣’は小説ではハングル創製の暗号のような意味で登場
します。数字遊び・・・方式がありますが、私には理解できません。
このドラマでは、世宗の趣味の一つ。太宗は‘私の答は簡単だ。
一が真ん中にあって他の数字は捨てる’~~絶対王権の象徴。世宗
にとっては国を治めることは魔方陣を解くように複雑、恐らく彼には
一つ一つの数字が‘民’の象徴なのでしょうか?民と共に生きる。

チャイミと同様、文句のつけようが無いドラマかな? チャンヒョクは
アクション・スターでもあるので空を舞うシーンはご愛嬌・・・笑
あの毒舌家の‘タッパル’はどう反応しているのでしょうか?

昭憲王后はこのドラマでは若い時代の時だけのようです。凄まじい
人生を全うした国母。何か本があったら教えて下さいね。

‘チラル’は私も初めてこのドラマで知りました。イドはトルボクから
この言葉を聞いて・・・チラル、そうだ王座を降りよう、チラル、
父に立ち向かおう、といろいろと使いますが、英語なら a bunch of bull
shit...くそ食らえ~~王が口にする言葉ではないけれど・・
チラル病は‘癲癇’とのこと。響きは可愛いのですが使わない方が
無難ですね、笑。

‘ケベク’の13話、見てみました。既に2,3世紀に千文字が
百済に渡っているらしいですが、読み書きは貴族や一部の商人に
限られていたのでは? ま、誰かが読めたことにして・・・

*****

シナモン様、引き続き見てらっしゃいますか??? 私はすっかり
溺れてしまいました~~

  * あやや * 2011/11/03 (07:47) * URL * 編集

momochiさま、あんにょーん!

背景や言葉の意味までありがとうございます!
同じSBSが作っているのに=脚本の力、ですか=
原作はミステリーだそうで、韓国の推理小説ってどんなんかな~と
興味もわきますです。翻訳本どこかからでないかしら??
純粋に続きが楽しみなドラマですね
お忙しいと思いますが
続きが待ち遠しいです=

 Re: R.M.さんへ! * momochi * 2011/11/03 (09:47) * URL * 編集

朝鮮王朝は、どの時代をとってもドラマになるからスゴイですね。
「大王世宗」は、先日見たという友人からも薦められているもの…。
チャンスがあれば、見てみようと思っています。

最も偉大な王として知られる世宗も即位当初はこうだったのかと、
まずはそこに驚かされました。
登場する小道具にもビックリですが、あれを見る限り世宗はオタク!?!
あの方陣セットもすごかったですね。
あの駒も残っているのでしょうか…。
先日、ソウルの世宗物語の展示をチラッと^^見たのですが、記憶にありません。
小さい頃から、読書を禁じられるほどの勉強家だったようですが、
それが後に生きてくるのですね。

先日視聴を終えた「王と妃」では、王族の最年長者譲寧大君が、
事あるごとに前に出てきていましたが、このドラマではそういうことはないのでしょうか。
王位は弟に譲ったとはいえ、長男ですからあれこれ世宗に助言する…。
そんなことはなかったのかな^^。

太宗役のペク・ユンシクは、私も注目の俳優さん!
その独特の存在感は、どの作品でも素晴らしいと思います。
途中まで見た「危機一髪豊年ビラ」が最初でしたが、
その後、 映画で何度も。
最近見た「チョヌチ(田禹治)」のチョヌチの師匠役もとてもよかったです。

とにかく、2話までは完璧な仕上がりでしたね。
続きが楽しみ…、じっくりお勉強しながら見ていくことにします。

ますます「ケベク」から気持ちが離れそうですよ。

 Re: あややさんへ! * momochi * 2011/11/03 (09:53) * URL * 編集

あややさんもご覧になっているのですね(^^)
「ペク・ドンス」、「ケベク」と手を付けてしまったので、
それが終わってからと思っていたのですが、結局見ちゃいました。
とても面白いですね、他の2つとはちょっと違うかな(笑)

本は既に発売されていますよ!
タイトルは、「景福宮の秘密コードーハングルに秘められた世宗大王の誓い」上下2巻

私も最近知って、ドラマが終わったら注文しようかと思っているところです。

  * シナモン * 2011/11/03 (16:32) * URL * 編集

こんにちは。週末は伊豆での滞在、またまた羨ましいですね。
R.M.様と同じく、私もお待ちしておりましたよ~^^

若き世宗を演じたソン・ジュンギ君、想像以上に魅力的で驚きました。
私にとって、朝鮮王朝ドラマの歴代王の中では“花美王No.1”となりました。
(ちなみに今までは「王の女」光海君役のチソン君が一番でした)

>ケベクから気持ちが・・・

うふふ。お気持ちお察しいたします~^^;
欲望の赴くままチョイスしながら、楽しく視聴していってくださいね。


R.M.様、こんにちは~。

見てます、見てます! 次週までに3回くらい見返してますよ^^
ドラマネタにまつわる色々な情報、いつもありがとうございます。
全部で何話の予定か知らないのですが、おそらく年内いっぱいこのドラマで盛り上がれそうです。
今回もまたいろいろ教えてくださいませね~^^

 Re: シナモンさんへ! * momochi * 2011/11/03 (21:09) * URL * 編集

伊豆でチャングムマラソンをしようと思ったら、
TSUTAYAのチャングム11本目からが貸し出し中…。
主人も見たかったのか、池袋界隈のTSUTAYA3軒回ってくれましたが、
すべての店舗で貸し出し中でした…。
旧作1本100円効果のせいもありますが、チャングムいまだに人気のようです。

ソン・ジュンギくん、本当にいいですね。
見た目、演技共にすばらしいの一言、私の中でも1番ですよ(^^)
「王の女」は見ていないのですが…。

「ケベク」もまだ見るつもりですが、このまま盛り上がらないのかと思うとちょっとちょっとですね。
でも、どこかいいところを見つけながら何とか最後まで視聴しようと思っています。

  * fukko * 2011/11/03 (22:49) * URL * 編集

[景福宮の秘密コードーハングルに秘められた世宗大王の誓い]
アマゾンに注文してみました。6日までに届くそうです。

字幕翻訳はされないですか?

実を言いますと、私はチェ・ミンスより先にハン・ソッキュに出会っています。「接続」という映画です。声が良いでしょう?以前は声優だったとか。

「シュリ」で良いなあ、と思っていたのですが、「二重スパイ」を見て、なんだか心が離れてしまっていました。

「根深い木」に出ていることを知り、見たいと思っていました。
momochiさんに頼ってばかりですが、もしお時間があるようでしたら、翻訳をお願いしたいと・・・・

「永遠の片思い」を見ます。momochiさんの見られた映画は全部見るつもりです。何年もかかりそうですが、自分にアジャアジャファイティング!!です。

 Re: fukkoさんへ! * momochi * 2011/11/05 (08:49) * URL * 編集

とても上質のドラマですね。
まだ第2話までしか見ていないので、ハン・ソッキュは登場していません。
彼のドラマは初めてですし、まさに鳴り物入りって感じなので楽しみです。

翻訳は、もう既に別の方がなさってますよ!
リンクの了解は得ていませんが、ここにメモしておきます。

http://namin.exblog.jp/i54

韓国語が堪能な方の素晴らしい翻訳です。

ハン・ソッキュの映画は、今までに3本! 何を見ても、90年代最高の俳優だとありますね。
私は、「八月のクリスマス」、「シュリ」、「目には目、歯には歯」を見ましたが、
その90年代最高の…というところまでは、よくわかりません。
ただ「八月のクリスマス」は、静かで余韻の残る映画として心に残っています。

今日は、「父,山 (プサン)」を見ました。
まぁまぁ(^^)、いつもどおりのユ・スンホくんがいました。
スンホくんのファン以外には、おススメしない映画かな。

「永遠の片思い」は、単に私の好みであるというだけです。
おそらく人によっては、全然面白くないというタイプの映画だと思います。


 はじめまして。 * na-mim * 2011/11/06 (18:31) * URL * 編集

momochiさん、はじめまして。

以前からドラマ情報と動画サイトの情報をいただきに来ておりました。
momochiさんも「根深い木」見られ始めたんだなーと思って、コメント欄まで読んだところ…わっ!私の名前が!おまけに便利なページまで。
私自身はこんなページがあるとは知りませんでした。。。こういう粗忽な者ですが、よろしくお願いします。

韓国語は全然堪能ではありませんが、聞き取りよりは読むほうがマシのようで、すごい下手ですが台本訳とか小説の翻訳とかしています。
「根深い木」も原書の翻訳をしたのですが、原作のままでは内容が難しすぎるし、女性の登場人物がほとんどいないし、これでドラマ化は大丈夫かと心配だったのですが、実際始まると、期待以上でした。

ハン・ソッキュさん、ユン・ジェムンさんと、もちろんチャン・ヒョクさんに期待していたのですが、チョ・ジヌンさんも素晴らしいですね。脇役に至るまで、個性が際立っていて、皆さん素敵です。
これから後も、momochiさんの感想を楽しみにしています。

 魔方陣 * R.M. * 2011/11/07 (05:06) * URL * 編集

秋の伊豆を満喫されましたか??

根深い木では イド・世宗の兄弟も息子達も数多くの側室も
省略されてます。5番目の息子・広平大君が首陽大君の代わりに
世宗を補佐してます。(世祖はやはりイメージが悪い?笑)
女気が少ないドラマですね。

1,2話で登場した‘魔方陣’~~33x33(1089駒)の
セットには、私もビックリしました。え? どうやって数字の駒を
並べるのだろうか?と。

重箱の蓋を開けて 3x3 から一を枡の外に出すと・・・そこまでは
理解できましたが、枡が大きくなると~~?但しどんなに大きくなっても
n(n2乗+1)の2分の一が、縦・横・斜めの足した数。
2話のあの場面をもう一度チェック。合ってます! 17985!爆笑!

これはこのドラマだけのイドのお遊びで、世宗博物館には展示されて
無いと思いますよ。展示品になってもなかなか洒落てますよね。

この空の重箱シーンも気に入りました。残酷な仕打ちではなく、イドに
後の世をかける太宗の願いの表れだったのでは??非常に意味深い
演出でした。

momochi様、1995年の the usual suspects という映画を
ご存知ですか? スリラー・ベスト10に入る映画だそうですが、
質問の根拠は聞かないで下され・・・ネバばれになるので~~

 Re: na-mim さんへ! * momochi * 2011/11/07 (12:05) * URL * 編集

お忙しい中、コメントを残してくださって本当にありがとうございました。
私もだいぶ前から、ときどきこそっと覗かせていただいていたんですよ(・・;)
マイブックマークの記録を見ると、昨年夏ごろから…^^。
なぜブックマークしたのか、詳細はもう忘れてしまいましたが、
韓国ドラマだけでなく、ハンドルネームの由来なども興味深く、
10数年前に初めてローマに行く前、
何冊か塩野七生の本を読みかじったことがあったためかと^^。

「根深い木」の韓国語からの翻訳は、本当にすばらしいの一言!
いつも英語字幕で見ているのですが、史劇ですと英語字幕にはかなり無理があり、
それをNAVAER辞書などで調べながらの視聴はかなりの労力が必要でした。
今回は、そのわからなかったところが na-mimさんの解説ですぐ判明するので
上質のドラマをさらに気持ちよく見ることができて、心から感謝しています。

これからも、最後まで楽しみに読ませていただきますので、
どうかよろしくお願いいたします。

 Re: R.M.さんへ! * momochi * 2011/11/07 (14:12) * URL * 編集

まだ紅葉には早い伊豆高原でしたが、のんびり犬たちと散歩して、
後は温泉、そして新鮮なお魚を堪能したの4日間でした(^^)
プラス持参した映画6本!

あの魔方陣には驚きましたね。
その数学的な謎解きも、そして小道具の素晴らしさにも圧倒されました。
この時代の韓国史劇を見ていない私には、まだ太宗という人物についての知識がありませんが、
それが、世宗に対する愛情の表れだとしたら、これまたスゴイ王様ですね。

世宗、魔方陣についてちょっと検索してみたら、こんな記事がありました。

http://mathtaegu.cafe24.com/zbxe/20879

2008年の記事で、楊輝算法という中国の数学書の翻訳版が発見されたというものですが、
この記事によれば、これは世宗初期に作られたものだと考えられるそうな。
世宗15年には、韓国国内で独自の楊輝算法が出版されているそうで、
この書は、魔方陣の解説書でもあるのだとか。

ユージュアル・サスペクツは、たぶん2回位見ました(・・;)
スリラーと言うよりは、ミステリーとかサスペンスのジャンル!?!
緻密に計算された謎が解けるか…みたいなコピーに惹かれましたが、
私自身には、それほどの衝撃はなかったような…。
何しろ10年以上前に見たので、もうすっかり忘れています。
ガブリエル・バーンは好きでしたけど^^。



 楊輝算法 * R.M. * 2011/11/07 (16:41) * URL * 編集

momochi様~~!

‘真実は見えないところにある。今存在する世界を抜け出さないと
新しい世界が見えない’(namim翻訳より)

小説・根深い木の 慶会楼 の章 に3x3魔方陣 を開いた図が
ありました・・・いやあ~~あれが空の重箱に続いて行ったのだ・・
と、momochi様の上記の情報を読んで気づいた次第・・・

魔方陣はイドの単なるお遊び~~~私の推測は撤回しますわ。
(少なくとも世宗はこの数学本から解き方を知っていた??)

世宗時代の発明は世界でも稀。頭脳明晰な人材に恵まれたのは事実
でしょうが、王自身が興味を持たなければ、人材も生かされなかったはず。

*****

‘景福宮の秘密コード’、この日本語タイトルはハリウッド映画的
ですね。韓国版・ダヴィンチ・コード~~笑。ドラマと平行して
読むのは、ちょっとお勧めできません。謎解きがますます複雑怪奇
になります・・・・

 Re:R.M. さんへ! * momochi * 2011/11/08 (00:04) * URL * 編集

子供のころからのミステリー好き…。
周囲が呆れるほどミステリー小説に溺れていた時代もありましたが、
やはり、発想の転換、固定観念からの脱出は大切ですね。
私には、その部分が欠けているのですが…。

魔方陣は、このドラマ(小説)には重要なアイテムのよう…。
翻訳本は、ドラマが終わってから考えようかと思っています。
今読んでしまうとドラマの面白みが失せてしまうようで。
amazonでは、ミステリーとしてはイマひとつというようなレビューでしたけどね。

魔方陣を検索しているときに、「善徳女王」もかかってきました。
32話に文字の魔方陣が登場していたようです。
当時は、英語字幕のみであらすじを書いていたので、魔方陣に辿りつきませんでしたがp(・・,*)
Mabangと英語字幕にあったのが、魔方陣だったようです(・・;)

  * kiruto * 2012/06/29 (10:02) * URL * 編集

今日はやっと 1話みれました
知識の少ない頭でいろいろ名前を思い出しながら みてました
深い内容ですね  イバンウォンって 今みてる  龍の涙あの人??

kntv放送を流してくれてるのでもう15話まで アップされてます
時間とれるかな~面白いのでがんばってみます

だれか ジソブの幽霊 日本語字幕 つけてくれないかな
面白そうなんやけど ・・・ 探してもみつかりません

 Re: kiruto さんへ! * momochi * 2012/06/29 (10:34) * URL * 編集

「龍の涙」見てるんですね、いいなぁ…。
イ・バンウォンは、3代王太祖ですね。
本当によくできたドラマですが、日本語字幕じゃないと恐らく内容がわからなかったかなと。
私は、丁寧な字幕翻訳されたものを横に置いて視聴できてラッキーでした。

「幽霊」、あちこちにほぼ翻訳のあらすじがアップされているようですよ。
私は見ていないので、ノーチェックなんですけどね(・・;)

アイランドは止めちゃいましたか?
私はまだ細々とやってます(^^)
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1921-5c0a5ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)