momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


20110518.jpg韓国語名:무사 백동수  英語名:Warrior Baek Dong Soo
公式サイト Daum紹介ページ

第25話 9月26日 17.0%(TNms全国版)

関連ニュース!

チェミンス、チョングァンリョル死で退場、"ベクドンス"今後の展開は?
チェミンス壮絶死にもかかわらず、視聴率下落
チェミンス葬儀もなく、みすぼらしい退場、チョングァンニョルとの比較に…
貞純王后、世孫に毒気目つき+血の色の陰謀"代理聴政…"
朝鮮第一剣客vs朝鮮第一の殺手'緊張感の上昇'



動画を見る!
viki:武士ペク・ドンス(英語字幕) 

dramasub:武士ペク・ドンス

yb88:武士ペク・ドンス(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがあります。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * fukko * 2011/10/15 (10:57) * URL * 編集

脚本家自身が何がテーマか忘れているようです。

チェ・ミンスの退場は、チョン主とヨ・ウンの戦いのシーン、世代交代が完了した時点で、終わりにすべきでした。

チェ・ミンスはふうっと力を抜き、スンホにチャンスを与えました。その時のチェ・ミンスの顔は最高です。そして、そのままチェ・ミンスを去らせれば完璧でした。彼はきっと、その背中でヨ・ウンに託すチョン主の運命を見せたと思います。

チェ・ミンスですから、どのようなシーンでも魅せますが、最期のシーンはいけません。ジンジュに逢わせておきたかったのですかね。クァンテクと同じ場面を作りたかったのですかね。あのすばらしい川べりのシーンのように、余韻を残してほしかったと思います。

ただ、スンホ君に少し、成長が見られたのが、救いかなあ。

 Re: fukkoさんへ! * momochi * 2011/10/16 (11:38) * URL * 編集

> 脚本家自身が何がテーマか忘れているようです

本当にその通りですね。
特に視聴者の反応でストーリーが変わっていく悪癖が如実に表れているように思います。
これまでの展開の軸となっていたのは、主役ではなく、チョン、チ、クァンテク、そしてジンジュ…。
複雑に絡み合った母と娘、そして二人の父と娘の切ない愛にスポットが当たっていました。
実際にはそうでないものを、その演技からそう感じてしまったのかもしれませんが…。

引き気味のチョンのシーンはつねに美しく、彼の表情が映らずとも空気が伝わってくるようでしたね。
ペク・ドンスの存在感のなさは、結局このまま最後まで続きそうな気配!?!
だいたい本来ならもう終わっているドラマですしね。
ただただ残念なドラマとして心に残りそうですよ^^。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1906-7a937115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)