momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/09/01 女の香り COMMENT(12)  TB(0)  EDIT  TOP
20110518.jpg女の香り 여인의 향기 Scent of a Woman 
2011年7月23日スタート 土・日 21:55~ 全16話
MBS公式サイト Daum紹介ページ

第10話 8月21日 18.6%(TNms全国版)

関連ニュース!

キムソナ嗚咽、"涙切実'演技..."やっぱりキムソナ!"好評
イドンウク、死んだ母の手紙を探して悲しい涙をこんこんと
"女人の香り"陳腐超えた人生の切々たる意志"応援洪水'
ソヒョリム、"ただではおかない"悲劇予告
イドンウク、連載がん病棟探して"壊滅的"
「女の香り」陳腐でないことはこのように難しい
動画を見る!
viki:女の香り(英語字幕・日本語字幕)

dramasub:女の香り

Jacinda Entertainment:女の香り(英語字幕)
Jacinda Entertainment:女の香り(中国語字幕)

yb88:女の香り(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
タグ:韓国  ドラマ  動画  あらすじ  女の香り  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 陳腐~~かな? * R.M. * 2011/09/02 (08:36) * URL * 編集

momochi様~~

この土・日が13、14話ですよ。11、12話もハンカチを準備。
‘バケット・リスト’が流れるともう目頭が熱くなる・・・笑。

ところで・・・この曲がYTから全て削除されてようです。Naverで
聞けますけれど。MVがそのうちYTにアップになるかな??

****

ジウクは母親が急死した時12歳、それから20年経っているので
32歳。但し、母親の面影だけを追う‘坊や’ですよ。ヨンジェは
父親の死後、普通じゃなくなった弱い母を支えて何とか生きて来た
けれど、ジウクとの恋を夢見るのはエゴだったと悟る・・・

後4話・・・どんな結末が待っているのか、全く予想できません。
キム・ソナだから、メロメロにならないのかな、と不思議ですわ。

11、12話をご覧になったら、‘又か~~!’と吐息されるかも
ですが、我慢されたし! ウンソクも泣くに泣けない立場で可哀相・・・

このドラマ、過去の韓国ドラマのおさらい・・・みたいですね。
パリの恋人、私の名前は~~、シティ・ホール、シークレット・ガーデン、
そして最高の愛も・・・沖縄やワンドのシーンも私は楽しみましたよ、笑。
‘シティ・ホール’ではキャンプだけじゃない、タンゴも登場したでしょ?


****

プリティ・ウーマンの後に女子社員が薦める映画は・・・

プル・オン・サンディ と聞こえるのですが、불 不 かな??
(シナモン様の意見は??)
それにしても、古い映画ですねえ~~Never On Sunday (ギリシャ映画)
両手に‘花男’って内容の映画は他にもいろいろありますけどね・・・

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/09/02 (12:48) * URL * 編集

まだまだ涙のシーンが続くのですね^^。
心の準備をして見ることにします。
今は、「ケベク」第6話と格闘中…(・・;)
「ペクドンス」は適当に訳しているので、結構早く進みますが、
「ケベク」のほうは難解で、遅々として進みませんよ。

昨日、「女の香り」をアップするときに、私もOSTを探しましたが、
Youtubeは全部削除されていましたね、徹底的に…。
私も「バケットリスト」をどうしてもフルコーラス聞きたかったので、探しました(^^)

http://www.4shared.com/audio/jzdEtGY5/01_-JK_.htm

こちらでフルコーラス聞くことができますよ!
すべてをまとめたMVが出たそうですが、それもすぐ削除されるのでしょうね。

よく考えると確かに陳腐な話なのかもしれませんが、
俳優陣の演技がそれを補っているように思います。
個人的には、ジウクよりも、
冷たい人間を装っていながら、犬には優しいウンソクを応援しているんですけど、
それは無理でしょうね(^^)

もう明日は13話!?!
早く追いつかなくては(・・;)

  * R.M. * 2011/09/02 (20:47) * URL * 編集

財閥御曹司と貧しい女のドラマは一杯ありましたよね、今まで。
それプラス、メロドラマの要素・死。

身近にいくつか起きた事実だから、単に‘陳腐’なテーマとは
言えないです。死を目前にした本人も周りの人間も不安な毎日を
過ごすのはドラマだけじゃない。主役も脇役も見事な演技・・・
ウンソク役の男優さん、このドラマが一番素敵ですね。ヨンジュを
見守りながら彼自身も変貌して行く・・・ヨンジェが甘えられるのは
彼だけ・・・‘バケット・リスト’を聞きながら、一体誰が誰に
語りかけているのか??と・・・ウンソクの歌でもあるのですよね。

Naver の동영상 を開くと、SBS NeTV OST, JK김동욱의 버킷리스트 뮤직비디오
があります。昨日アップされてますので、これがMVじゃないでしょうか?
動きが悪いので見づらいですが・・・

13話で、キム・ソナとドンウクのデュエット曲が流れるそうですよ。
イ・ソラとキム・ミンジョン(김민종)の 우리다시 という曲。検索不可能。

*****

‘ペク・ドンス’も‘ケベック’も*一応*見てますがかなり
疲れますね。平行して見ている‘善徳’が面白いのに何故ケベックに
乗れないのか、解らない・・・同じ時代なのに。

ペク・ドンスで違和感が湧くのは、まだ髭が無いからなのか~~?!
製作側が忘れてしまった? まさか・・・‘3年後~~’あの場面から
髭をつけたら大人の雰囲気が出たのでは? 

両ドラマのviki画像は開かないので、momochi様の訳を読んでますよ。
dramacrazy でも viki画像は(ここでは)開きません。

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/09/03 (15:41) * URL * 編集

韓国のメロドラマは、必ずどちらかがお金持ちですね(^^)
財閥というものに対する憧れが強いのでしょうか。
まぁ、そういう設定のほうが障害が多く、盛り上がるということもあるのでしょうね。
交通事故、記憶喪失、白血病…。
一昔前の韓国ドラマには、よくこの3つが出てきて、それが嫌いだった時期もあります。
今では全然抵抗ありませんけど(笑)

ウンソク役のオム・ギジュンはとてもいいですね。
飲酒運転で、恐らくこのドラマの後はしばらく見られないと思うととても残念。

私は、「ソドンヨ」まで視聴を始めてしまいましたよ(^^)
「善徳」を見て、「近肖古王」を途中で挫折して、そして「ケベク」
やはり、「善徳」は面白いのでしょうね。
でなければ、あれだけの視聴率は取れません。

viki動画が動かないのは残念ですね。
もっとも「ケベク」に関しては、英語字幕滅茶苦茶ですけど。

こちらの「ペクドンス」もダメですか?
http://www.dramasub.com/korean-drama-warrior-baek-dong-soo-454.html

善徳女王の妹がソンファ皇后…。
「善徳女王」にはまったく登場してこなかったので、イマひとつピンときません^^。

  * シナモン * 2011/09/05 (13:52) * URL * 編集

こんにちは。
私はヒロインが余命宣告されて・・・という設定が苦手なので視聴してないんです。
いつも元気なイメージのキム・ソナさんが、悩み苦しんでいく演技を想像するだけで、
もう泣けてくるんですよね・・・。
ですから、私が実際にドラマは見て確認したわけではないのですが、
他の方のブログでこの回に出てきたと思われる“映画”の題名がありましたので書いておきますね。

「暗い日曜日」というタイトルで、二人の男が同時に自分のことを好きになる内容らしいです。


R.M.様 こんにちは~。

私も直接自分でタイトルを聞いたわけではないので何とも言えないんですが、
この邦題をそのままハングルにすると“オドゥウン・サンディ”になると思います。

 gloomy Sunday * R.M. * 2011/09/05 (18:17) * URL * 編集

.....暗い日曜日・・・なんと!

ドイツ映画でした。Ein Lied von Liebe und Tod 愛と死の歌

主人公は2人どころか3人の男性に慕われる、笑。

momochi様はごらんになられたのでしょうか??ドイツ男優2人は
有名な性格俳優です。映画評価も悪くないのでDVDを探します。
韓国ではドイツ映画も人気があるのかな?? 

‘女の香り’も来週末で終わり。メロともコメディとも呼べない
ですね、このドラマ。キム・ソナの涙には胃もたれしない・・・
ここが不思議。現実感があるのですよね。버킷리스트 と 우리다시
の歌が頭から離れない~~~

*****

dramasubのペクドンスは開きます。‘善徳’、いよいよ最終回を
残すのみ!ミシル死後のストーリーも悪くなかったですよ。新羅から
百済へ移動します、これから、笑。

*****

飲酒運転くらいで保されるのですか?!人身事故じゃなかったの
だから運転免許証差し押さえで充分じゃないですか・・・プロミルの
数値も低いし・・・お気の毒。

 Re: シナモンさんへ! * momochi * 2011/09/05 (19:23) * URL * 編集

>キム・ソナさんが、悩み苦しんでいく演技を想像するだけで…。

シナモンさんは、見ないほうがいいですね^^。
もうそのまま倒れてしまうんじゃないかと思うほどの、キム・ソナの泣きっぷり…。
見ているこちらまで、胸が苦しくなるほどです。
最初の頃は、多少コミカルな部分もあったのに、
ここ数話は、ただただ涙…。
辛い辛い展開になっています。

映画の情報ありがとうございました。
「暗い日曜日」の映画は知りませんでしたが、
youtubeでその映画の元になった曲は聞き覚えがありました。

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/09/05 (19:42) * URL * 編集

ドイツの映画だったのですね^^。
「暗い日曜日」、全然知らなかったのでwikipediaで調べてみたら、
元になった曲は、「シンドラーのリスト」に使われていたとか。
自殺の聖歌と言われるような暗い悲しい曲ですね。
曲を聞く限り、このドラマのこのシーンの会話にはちょっと合わないようなきがしましたけどね。

日本でのドイツ映画の人気はどうなのかわかりませんけれど、
あまり公開されているようにも思いません。
最近のもので、ドイツ、映画ということで思いだすのは、
「ベルリン天使の歌」、「バグダッドカフェ」と「パリ・テキサス」…。
最近でもないし、ドイツ映画じゃなかったかな…(・・;)

まだ13話は見ていないのですが、二人のデュエットシーンだけは見てしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=WAyOdoOddFc
どういう状況なのかは、これからゆっくりと(^^)

まったくコメでディではなくなりましたね。
ただただキム・ソナの演技の気迫に、画面から目を離さず見ています。

  * R.M. * 2011/09/06 (17:33) * URL * 編集

上記の映画、ドイツ映画です。ヴェンダースの作品は
難解で・・・解説を読んで終わりですね。深刻な映画作りは
ドイツは優れていると思いますが、憂鬱になる。

‘シンドラーのリスト’に登場したのですね、あの曲。後で
歌詞を読んでみます。この映画も暗そう・・・

****

ヨンジェとジウクのデュエット~~素朴で悪くないでしょ??
この曲を選択した音楽担当にも拍手ですわ、10年も前の曲なのに。

キム・ソナの演技の魅力は? お芝居と感じさせないところ?

 Re: R.M.さんへ! * momochi * 2011/09/07 (19:50) * URL * 編集

よく考えてみると、ドイツ映画もたくさんありそうですね。
「Uボート」もそうだったかな。
「バグダッドカフェ」は、今でもタイトルを聞くとあの音楽が聞こえてきます。

デュエット、本当に素朴という言葉がピッタリ(^^)
まだ13話が見終わらないのですが…。
古い曲なのですか???

明日、明後日で何とかリアル最終回に追い付きたいと思っています。

 暗い日曜日~~~ * R.M. * 2011/09/08 (18:30) * URL * 編集

確かに‘gloomy Sunday’って言ってますね。
でもシナモン様の情報無しでは、聞き取れなかった・・・

オリジナル歌詞はハンガリー語ですが、日本語歌詞もずいぶん昔から
あったのですね。YTで 昭和11年の淡屋のり子を見つけました。
声が若い! こんな貴重な記録も発見できるのはYTならでは・・
暗い歌は晴天の日に聞きましょう~~

****

momochi様のように映画をたくさんは見ないのですが、ドイツ映画で
一つだけお勧めしておきますね。

4年ほど前だったか? 最優秀外国映画でオスカーをとった

Das Leben der Andren(だったと思う・・・)日本語タイトルは
‘~~のソナタ’? 東西統一直前の東ドイツ秘密警察の人生を
描いた映画。この人物を演じた俳優は、オスカー受賞の直後、癌で
亡くなりました。自身も東独政府に抑圧された過去を清算する覚悟
で病を隠しての撮影だったとのこと。

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/09/09 (08:39) * URL * 編集

かなり有名な曲、そして映画だったようです(・・;)
主人に話したら、彼は知っていました。
「自殺の聖歌」のようになってしまった歌だということも。

善き人のためのソナタ…、アカデミー賞外国語映画賞でしたね。
そういう後日談などを聞いてから見ると、また見方が違ってくるでしょう。
見たいと思いながら、そのままになっていた作品でした。
見てみます!
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1862-50410818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)