momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/08/29 階伯(ケベク) COMMENT(6)  TB(0)  EDIT  TOP
20110518.jpg階伯(ケベク)  계백   ドラマ詳細

第5話 8月8日 10.7%(TNms全国版)

関連ニュース!

オヨンス、チャインピョに拉致された後、過去の"切ない愛"回想
チャインピョ嵐存在感、視聴者の"死ぬかと思って"戦々恐々
チョンヒョンス作家"の6部涙の台本であり、前半勝負になるだろう"
ケベク、初めて自分の道を歩きはじめた
ギェベクバクユファン、格別な存在感で初登場、"演技変身成功"
ノヨンハク、先に注目されたイヒョヌ - ユスンホ"羨ましくない"
教保文庫、"ギェベク"eBook 1,000ウォン…
"ギェベク"時代劇の衣装注目!

動画を見る!
Viki:Gye Baek(英語字幕)

dramasub:ケベク

yb88:ケベク(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
タグ:韓国  ドラマ  動画  あらすじ  階伯  ケベク  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 これでまた、少し理解が…&お礼&御願い * kabukimon * 2011/08/29 (17:47) * URL * 編集

こんにちは、momochiさん!!

コメントをありがとう御座いました、私自身が“英語字幕”に
挫折をしたので、余計にmomochiさんの記事に感動をしたのです。
私が苦労をした原因が、“英字字幕”の方にも問題があった可能性を知り、チョッピリほっとしたりもして…

なので、決してオーバーにご紹介をしたとは思っていません…。
今回の5話も、読んでいて「すとんっ」と分る部分が多々ありました。特に、私にとっては役の名前が分りにくいので、《誰が誰に、何を言っていた…》が分かり易くて、とてもありがたいのです。

それと、大きな画面での視聴についても、とても嬉しいお話です…。どうか、次回の私の記事にて、こちらの件も紹介をさせて下さいませ~~。よろしく御願いを致します。長々とすみません。

 Re: kabukimon さんへ! * momochi * 2011/08/29 (19:11) * URL * 編集

英語字幕からのあらすじはいつもハードな作業ですが、特に史劇は大変です。
何しろ知識が浅い上に、韓国語がわからないので、画面にハングルの解説がないものはお手上げ!
いつもブログの読者の方に助けていただいています(^^)

vikiの字幕はかなり早いのですが、3分の1くらいは間違った字幕がついています。
そこで、darksmurfsubというサイトの英語字幕を待っているので、なかなか先が見られません。
こちらのサイトでは、まだ第6話が69%なのですよ。
これが、90%を超えたら記事をアップします。

あの動画サイトは、基本的に動画のダウンロードサイト…。
現在日本では、著作権のある動画のダウンロードは違法となっているので、
私の記事中でも紹介していないのですよ。
見るだけなら大丈夫なんですけどね。

というわけですので、記事で紹介することについては全然構いませんが、
その場合は、私の名前は伏せてお願いいたします。

このブログの中のものは、どのように使っていただいても構いません。
お役に立てば幸い^^、事後承諾でも何でもokですよ!

今日はもう「ケベク」の日ですね。
まったくリアルに追い付けそうもありません(・・;)

 了解ですっ!! * kabukimon * 2011/08/30 (02:26) * URL * 編集

こんばんは、momochiさん、なるほどぉ…
日本の著作権の法律について、不勉強でした。
教えて下さってありがとう御座いました。
これから気をつけます。
記事のことも、何か方法を考えますね。

「ケベク」はやっと“百済”に戻ってきて、イソジンssiのお衣装も少しはマシになりましたよっ(笑)、3角関係もドンドン深まりそうです…(ワクワク)

  * シナモン * 2011/08/30 (12:57) * URL * 編集

こんにちは。
ムジンとクミョンのなれそめを含む過去のシーン、面白かったですよね~^^
お茶を一気飲みしたとき、めちゃ熱かったでしょうね。ムジン将軍の目がまん丸になってました。
馬の管理ができてないと、すぐさまクミョンが刀を振り下ろしたのは強烈でしたね。
まんざらでもなさそうなムジン将軍でしたが、これで完全に引いちゃいましたよね。
まん丸お目々と、このギョッとした顔が私の“萌~のツボ”でした^^
自ら墓穴を掘ったクミョン、さすがキョギの母親ですねぇ・・・。

私がこの5話で一番印象的だったのが、ウィジェ団に単身乗り込んだムジンと
再会したときのサテク妃の表情なんです。
その男がムジンとわかるや一瞬にして、いろんな感情が込み上げた、まさに“女の目”でしたよね。
その後、ムジンに人質として連れ去られることになりましたが、
サテク妃ってば、内心めっちゃ嬉しいんだろなぁ~と思っていました。
馬に相乗りしたり、二人だけで会話をしたり、どんなにムジンに冷たくされても
“マンモスうれP~”状態のツンデレサテク妃も、妙にツボでした^^

義慈が母の位牌を燃やしてまで貫こうとした信念というか、執念の深さを見せつけられましたね。
ムジン将軍と再会して、また新たなる覚悟を決めた義慈も、本当に辛い人生なんですよね。

サテクチョンドクに報告していたポクチョ役の人、JYJのユチョン君の弟さんなんですよね。
綺麗な顔立ちだなと思っていたのですが、放送翌日の話題になっていて知りました。

それにしてもmomochiさん、私の萌~のツボが乗り移ったかのようなキャプチャーばかりで
私もマンモスうれP~(これも今や死語なんでしょうか?)ですよ^^

 Re: kabukimon さんへ! * momochi * 2011/08/30 (19:11) * URL * 編集

ご理解くださって、ありがとうございます。

「ケベク」、早く続きが見たいですよ!
イ・ソジンさんの衣装のことは、ニュース記事でチラッと読みました(^^)

 Re: シナモン さんへ! * momochi * 2011/08/30 (19:50) * URL * 編集

本当にあのシーンは楽しめました(^^)
第1話の最後で、「えっ?」と驚き、第2話で一安心していたところだったのに、
どうもこの回想シーンでは、ムジンもちょっとだけその気だったのかと…。
でも、サテクが本性を披露してくれて助かりました(^^)
あれじゃぁね、普通引いちゃいますよね。
それはともかく、二人とも可愛かったことは確か。

今や彼女に憎しみしかないムジンを愛し続けるサテクは、
それでも嬉しさを口にしていましたね。
顔はクールに、そして心はワクワクだったことでしょう(^^)

画面キャプチャーは、できるだけムジンを中心にやってます(笑)
もうすぐ見られなくなるでしょうからね、今のうち…^^。
それにしても、マンモスうれP~とは(*´∇`*)
死語というより、芸能界では禁句になっているのかもしれませんよ。
チョーうれしいも死語でしょうね(^^)

ユチョンくんの弟はなかなかのイケメンですね。
顔ばかり見ていて、セリフはどうだったのかよく思い出せないんですけど^^。

今第6話の中ほどまで視聴しました!
残りは字幕待ちです。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1852-06a7e1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)