momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/08/26 階伯(ケベク) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
20110518.jpg階伯(ケベク)  계백   ドラマ詳細

第4話 8月2日 9.3%(TNms全国版)

関連ニュース!

オヨンス - ノヨンハク、手に汗握るようにする"ギリギリの心理戦"
ケべク'子役4人組"、嵐の成長を知ってみると...
"ケベク"不振... MBC史劇屈辱?
100億大作"ケベク、上昇の勢いはいつ頃
一進一退サテク妃、ミシル追い付くには遠かった



動画を見る!
Viki:Gye Baek(英語字幕)

dramasub:ケベク

yb88:ケベク(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
タグ:韓国  ドラマ  動画  あらすじ  階伯  ケベク  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2011/08/27 (11:13) * URL * 編集

こんにちは。本当に、子役たちの熱演が光ってますよね。
ケベクとウィジャは最悪の出会い方になってしまいましたが、
どちらも今の二人の性格や境遇を物語っており、面白いですね。

擬似家族(?)のウルニョ、ちょっとお気の毒な感じがしますが、
仕方ありませんね。ムジン様はミョンジュ一筋ですから・・・。
ウルニョのしゃべり方が方言っぽいので、お笑い担当かとさえ思ってしまいます^^;

“萌~”のツボは、ケガをしたケベクを心配しながら、優しくいたわるムジンの表情です。
ちょっとアンニュイな感じがなんとも言えず素敵です・・・。
ケベク役のヒョヌ君の顔が本当にミョンジュに似ているので、
ケベクを見ながらミョンジュを想っているというのが手に取るように伝わってきますね。
濡らしたタオルを右手と口でギュ~ッと絞るところから、
優しく背中を拭き拭きしてるあたりなんぞ“萌萌”でした。
“萌~”のトドメは、まさかの“指圧”!私もグイ~っと生ツボを押していただきたいっ^^

ドラマが始まったとき(612年)はまだ「隋」でしたが、
今は14年後の626年ですので、「唐」になってますね。
サテク妃の宴で憤慨していたのも「唐の使者」ですね。

 Re: シナモンさんへ! * momochi * 2011/08/27 (14:40) * URL * 編集

本当に素晴らしい子役たち…。
このままずっと続けて欲しいくらいですよ(^^)

特別出演のキム・ヘソンは、私の中では「トンイ」のチョン尚宮なので、
もうビックリするほどの大変身…。
母と息子でお笑い担当なのでしょうか。
でも、何だかムジンに惚れ込んでいるようなのがちょっと切ないですね。
まぁ、ムジンはミョンジュ以外の女性は考えられないでしょうから、
こればかりはどうすることもできませんけど。

あの濡らしたタオルを口で絞るシーンは、本当によく考えました^^。
生気を失ったような表情の中に、父としての深い愛だけはなくならない、
このところ、そんな素敵な父子の場面が多いので、
それだけに父を失くしたときのケベクの悲しみまで想像してしまいます。

「唐」でしたね、そう言えば英語もTnagだった(・・;)
早速修正しておきます。
ありがとうございました。

 霧が晴れたようですっ!! * kabukimon * 2011/08/27 (18:25) * URL * 編集

こんにちは、momochiさん…、
一気に和訳を読ませて頂いて、色々なことが凄く良く分りました。
その中でも、ムジンがケベクの中にミョンジュの面影を抱いていた…という事が、なにより一番理解出来て嬉しかったですっv-238
そして、シナモンさんやmomochiさんが注目される、父と息子の暖かい会話の場面…、映像だけでも十分空気は伝わって来ましたが、
日本語の台詞を読むと更に感慨が深まって、チャインピョssiとイヒョヌssiの演技の素晴らしさに心が温かくなりますv-22
そうそう、あの訳の分らない“気付け薬”の正体にも、和訳を読んで愕きました…本当に昔はそんなことをしていたのでしょうかv-236
 
 …早速、リンクをさせて頂きます。これからも、素敵な和訳を楽しみにしておりますので、どうぞ宜しく御願いをいたします。また、歌舞伎のお話も、是非お聞かせ下さいネっ。

 Re: kabukimon さんへ! * momochi * 2011/08/27 (20:45) * URL * 編集

早速長いあらすじを読んでくださってありがとうございました。
少しはお役に立ったようですが、シナモンさんからご指摘いただいたように、
かなり曖昧な上に、単純な私のミスもあって…(・・;)
何かお気づきの点があれば、遠慮なく教えてくださいね。

このドラマの英語字幕がかなりいい加減なこともあり、
現代劇ならさらっと書けるあらすじが、なかなか進まず…。
どんどんリアルに遅れるばかりですが、気長にお待ちください。

歌舞伎のほうも全くの素人…、この10年で5回ほど見ただけですので、
とてもお話できるようなレベルではありません。
ただあの歌舞伎の舞台の役者さんの迫力と、美しさは他にないもの。
もっともっと見てみたいとはいつも思っていますよ♪
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1841-611adc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)