momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


20110518.jpg韓国語名:무사 백동수  英語名:Warrior Baek Dong Soo

公式サイト Daum紹介ページ

第7話 7月25日 17.9%(TNms全国版)
第8話 7月26日 18.4%(TNms全国版)

関連ニュース

ユスンホ、交通事故でも撮影の意志...やはりプロ
チョングァンリョル - チェミンス再会、嵐のカリスマ対決'視線集中'
ユスンホ、撮影現場に復帰..."ケーキを持って明るく笑って"
ロマンスに執着する武士ベクドンス、いつ…?
10asiaインタビュー100:パク・チョルミン
「ケベク」VS「ペク・ドンス、それぞれ別の方式の勝負
ドラマキャラクター列伝:混沌の時代を分ける武士たちの剣術
「武士ペク・ドンス」飛躍に期待をかけてみる "武士ペク・ドンス'、100億大作"ギェベク"に完勝
ズームインDrama:ベクドンスvsケベクvs姫の男...'3作3色"の魅力対決

動画を見る!
viki:武士ペク・ドンス(英語字幕) 

dramasub:武士ペク・ドンス

yb88:武士ペク・ドンス(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 面白くなってきました! * bluerose * 2011/08/01 (16:45) * URL * 編集

momochiさん、こんにちは(^o^)!

ペクドンスが面白くなってきましたね。
子役から大人への交代がどうかなと思っていましたが、男性陣はOKでどうも女性陣がちょっと違うかなと言う印象を受けました。
二人とも顔の輪郭が全然違うので、もう少し似たイメージの子役でよかったのではないでしょうか?

ほお骨骨折?でも、現場に復帰したスンホ君、顔は腫れていないのかと思いますが、写真でも見る限りでは大丈夫なようですが、あまり無理しないようにと思ってしまいました。

フフ、ジンジュとチの関係が私が初回予想したとおりで、嬉しくなっております、その方が話しの展開が俄然面白いはずなんですよ。
多分これ、大事なキーになるのではないでしょうか?

あと少しで世子の運命が.....この当たり「イサン」の初回に繋がるので、わかっている史実の展開に対してどうなるのかと思いつつ、ヨウンとドンスがこれから袂をわかち、どんな人生を選択していくのか?色々興味がつきません。
でも、だいたいmomochiさんが言われている事にウンウンと頷いていますが、ホントにチョンは(?_?)なおじさんです。

ところで、姫の男もご覧になられていて、また理由が同じで笑ってしまいました。私も「ケベク」の画像と英語字幕のアップがあまりに遅くて、早かった「姫の男」を先に見ております。
「王と妃」は視聴しておりませんので、私には違和感なく見ておりますが、確かに被っている役だと気になられるでしょうね。

momochiさん、ちょっと横レスで、すみません。
横レスですが、4話のところで丁寧に説明して下さったR.Mさんありがとうございます。
史劇は史実に忠実ではない場合も多いのですが、知っていて当たり前な部分を教えて頂ける事が理解の上でとても助かり感謝しております。
これからもよろしくお願いいたします。

では、お互いに夏バテしないようドラマで楽しく8月も過ごしましょうね。

 Re: bluerose さんへ! * momochi * 2011/08/01 (17:45) * URL * 編集

7話からがぜん面白くなりましたね。
ストーリーもしまった感じ、さらにおじさん二人が完全復活したことが大きいのでしょう。
バトンタッチもまずまず…。
大人4人共に、演技に好感が持ててホッとしています。

ジンジュは、チの娘でしたね(^^)
それにしてはチが若いようにも思いますが、まぁそれはそれで(笑)
いつごろそれをジンジュが知り、そのことによってどう変わっていくのか気になるところ。
ヨ・ウンとドンス、チョンとクァンテクの今後も興味がわきますね。
とにかく楽しみなドラマとなってきました。

「姫の男」は、そもそもキム・スンユもセリョンも「王と妃」には登場しません。
そんな二人の愛の物語と言われても…、とそんな気持ちでいたのですが、
それなりに楽しめる史劇でした。
「王と妃」とはまったく別のドラマとして見ればいいかなとも思っていますが、
「ケベク」の字幕が付けば、そっちに気持ちがいってしまうかも^^。

このところ涼しいので助かっていますが、また今週は暑さがぶり返すとか。
bluerose さんもお身体に気をつけてくださいね。

  * R.M. * 2011/08/04 (19:06) * URL * 編集

このドラマにはサド世子妃・ヘギョンも 後の正祖も登場しませんね。

登場人物リストに載らないので、気になります。まさかサド世子の
死でこのドラマが終わるはずはない・・・

****

ヘギョンの回想録(英訳)を読んでいます。あの anarchistのような
難解な語彙はないので、読みやすいです。英訳から完璧な判断は
出来ないしするべきじゃないですが、英祖とサド世子の葛藤、夫の
残酷・悲惨な人生と死、息子・正祖を見送り、静かに余生を送り
ながら孫の為に‘事実’を書き残したいという60歳の女性・・・
恨み辛みも持たず時代を生き延びた強い女性・・・すっかり虜に
なってしまいました。

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/08/05 (00:57) * URL * 編集

> このドラマにはサド世子妃・ヘギョンも 後の正祖も登場しませんね。

そうなんですか?
まだ今週分を見ていないのですが…。
ドラマ自体は面白く見ているのですが、なぜか他の史劇のときのように、
あれこれ調べようという意欲がわきません。
ストーリーそのものが、浮世離れしている感じがするからでしょうか…。

ヘギョンの回想録は面白いのですね!
私も読みたい気持ちはあるのですが、英語の長文はちょっと疲れます^^。
日本語だったらよかったのに…。

「ケベク」の第1話の字幕がやっと上がってきたので、
これからそれを見るつもりです。
こちらはどうでしょうか…。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1824-7f8641e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)