momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


20110518.jpg韓国語名:무사 백동수  英語名:Warrior Baek Dong Soo

公式サイト Daum紹介ページ

第1話 7月4日  8.6%(TNms全国版)
第2話 7月5日 10.2%(TNms全国版)

関連ニュース

"武士ベクドンス"、補わなければならない点と、キャラクターたちの魅力
朝鮮時代の(釜茹での刑?)"見どころvs無理"まちまち
<武士ベクドンス>、メロにはアクションで対抗?
<武士ベクドンス>、伝説の布石を敷いた第一回
チョングァンリョル - チェミンス、ブランド品の熱演賛辞
韓国の美 - 粋、すべて盛り込んだ"チュノ"飛び越えることができるか?
興行不敗の子役スター総出動、"今、私たちの番"
ドラマ"無事ベクドンス"、小説にも出てくる
ユスンホ、子役俳優パクコンテ初披露

動画を見る!
viki:武士ペク・ドンス(英語字幕) まだ視聴できないようです。

dramasub:武士ペク・ドンス(英語字幕はまだです)

yb88:武士ペク・ドンス(字幕なし)

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 感想が同じです! * bluerose * 2011/07/13 (14:43) * URL * 編集

momochiさん、こんにちは(*^_^*)!

ペクドンスの記事を書いて下さっているかなと覗きに来ましたら、先にコメントが消失した記事を読ませて頂き、驚いてコメントを書きましたら、またコメントが戻っていて??
ご自分で保存されていたのを戻されたのか、コメントが戻ってきたのかですね、きっと。
いつも記事とともに皆様のコメントやそれに対するコメ返を読ませて頂くのを楽しみにしておりましたので、ちょっとほっといたしました。
私はバックアップは、慣れてくるとついおろそかにしてしまいますので、教訓として気をつけねばと思った次第です。

ところで、ペクドンスに対する感想があまりに同じで可笑しかったです。
英語字幕は、史劇だと読むのが大変で苦労してます。
≪チョン・グァンリョルとチェ・ミンスの演技は素晴らしいの一言!≫←これにつきますね。
映画のワンシーンを見ているようで、なんて豪華な配役だろうと思ってしまいました。
これから「英祖とサドセジャ」の対立や老論派の暗躍、いかにドンスが当代一の武士になっていくのか描かれ方が楽しみです。

謎の多いチには、いろいろ期待しておりますが、勝手な想像でジンギの娘のジンジュがチとグァンテクの間の子供だと面白いと思っております。如何でしょうか?

  * シナモン * 2011/07/13 (16:46) * URL * 編集

こんにちは。
時代劇は歴史背景を含め、いろんなことが気になって調べだすと
本当にキリがないですよね。
そっちに縛られるとドラマを楽しむ余裕がなくなりそうなので、
ほどほどにしないといけませんね。
とはいえ、これだけのあらすじUP、いつもながら凄いです~^^
チョン・グァンリョルさんvsチェ・ミンスさんの演技対決、スンホ君の悪役・・・
たくさん見応えありそうですが、私はちょっと控えておきます^^;
(「북벌지계」は「北伐之計」だと思いますよ^^)

 Re: bluerose さんへ! * momochi * 2011/07/13 (18:08) * URL * 編集

お手数、ご心配をおかけしてしまいましたね(・・;)
午後になって、FC2ブログのほうで、コメントを復旧してくれたようですが、
その間に書いたものは、また消失…、いずれにしてもホッとしました。

こまめにバックアップは基本ですね。
私もしばらくサボっていたので、これからはまめに取ろうと思っています。

ペク・ドンス、出演者たちの演技が素晴らしく、楽しめそうですね。
あのスローのアクションシーンはどうも好きになれませんが、
それも許容範囲…、おじさん二人に見入っていますよ(^^)

ただ1743年なら、サドセジャは8歳…。
オ・マンソクをキャスティングしたのなら、
1753年くらいにしてはいけなかったのか…、なぁんて思いましたけど。
まぁ、それも深く考えず楽しむことにします。

地への推理はなかなか面白いですね。
私はまったく思いつきませんでしたけど、
ジンギのところへ現れたのには、何か意味があるはず…。

渋い剣仙グァンテクとチのいきなりのラブシーンには驚きましたけどね。
さて、第3話・第4話も週末までに字幕が上がるといいですね!


 Re: シナモンさんへ! * momochi * 2011/07/13 (18:13) * URL * 編集

本当に、知識が乏しいゆえに調べることが多過ぎて大変です(・・;)
テロップに出てくる用語を読み取るだけでもかなりの労力を…!
読めない、書けないハングルも、文字入力だけはだいぶ早くなりました(笑)
これも史劇のおかげかと…^^。

シナモンさんはパスですか!?!
「スパイ・ミョンウォル」はいかがでしたか?
ニュース記事だけはちらっと読んで見たのですが…。
さ来週からは、「ペク・ドンス」と同じ日に「ケベク」が始まるし、
ちょうど同じ日に娘夫婦も帰国するので、大変なことになりそうですよ(・・;)

  * R.M. * 2011/07/13 (18:44) * URL * 編集

vikiの英語字幕・・・かなり苦労してますね。
(私もですが~~)

‘チュノ’の舞台は 孝宗 (仁祖の次男坊)時代。
情報が少ない王。ところが・・・wikipedia 英語情報を
辿って行くと、孝宗の 北伐計劃 북벌계회 が見つかりました!

シナモンさんのご指摘の如く、北伐之計です。(この本はフィクションかな?)

孝宗は 1649年から密かに朝鮮の軍力を整え黒竜江地域を
取る(取り戻す?)計画をしていたが、清に気づかれてしまい、
逆に ロシア軍征伐のため 朝鮮軍の出兵を要求される。
1658年 羅禪征伐 나선정벌

(ロシアが既にシベリア東部に進出??!! ロシア軍といっても
コサック集団ですけれど、wikiの‘シベリア’~‘ロシア人の進出’項目を参照)

孝宗のお話については事実でした~~

孝宗の望みをかなえたいサド世子~~これはフィクションでしょうが
オ・マンソクが素敵なのでオーケー! 笑

‘黒裟?’ もフィクションでしょうね。‘コムゲ’集団は検索すると
情報がありますが・・・
清が 朝鮮王朝の動きを探っていたのは確かでしょう。

グァンニョル演じる クァンテク~~実在人物です。

5部からスンホ君登場のようですよ。

 

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/07/14 (08:49) * URL * 編集

vikiのほうは、なかなか開かなかったので見ませんでした^^。
先ほどチェックしたら、すでに3話が100%、史劇としては驚異の早さですね。
第3話の途中まで視聴しました。

今回は、用語のみで背景の下調べもせずに見ています。
ペク・ドンスが、「イ・サン」にも登場していたと知って、そちらも気になるところ…。
オ・マンソクは存在感がありますね。

今朝の日本は、なでしこジャパン一色!
信じられない快挙です。
本当によく頑張りました。
おかげで今日は睡眠不足で大変ですよ!

 万歳~~~! * R.M. * 2011/07/14 (19:03) * URL * 編集

素晴らしい試合振りでしたよ!!

こちらのメディアも最敬礼です、ヤマトなでしこ達へ。

既に、この大会の Champion of sympathy はなでしこ~~と。

*****

‘イ・サン’に登場したというペク・ドンスの写真・・・覚え無しですわ。

ドラマの紹介には正祖時代の剣の達人とあるのに、未だに正祖役は
誰なのか・・・不明ですね。

いろいろ調べていたら2件明らかになりました。

① 主題歌の 야뇌 ヤネ  ペク・ドンス 白東脩 の‘号’野餒 

  ドラマの原本(漫画)の題が 野餒・白東脩 (古い漢字!!)

② ある日本語サイトに ‘地’は‘天’の娘、とあり
  ええ? 本当かな? と半信半疑~~~

  o_o  wiki.ko に確かに表示されてます!!

  ファン・ジンジュは‘地’とクァンテクの子??
  ‘天’は二人の関係を知っているか、知らないか??? 謎、謎、謎


5部から主人公4人(男女)が成人しますよ・・・

  * シナモン * 2011/07/14 (23:21) * URL * 編集

R.M.様 こんにちは。横から失礼いたします~^^;
いつもR.M.さんの情報はとても参考になるので、
ドラマは見てなくてもコメント読ませていただいています^^
公式サイトの登場人物コメントでは、地は“先代”天の娘・・・と記載されていました。
ちなみに「야뇌」は“清廉潔白に生きる”という意味だそうですよ。
正祖役、いったい誰が演じるのか興味津々ですよね。どうぞ楽しんでくださいね~^^

 Re: R.M.さんへ・シナモンさんへ! * momochi * 2011/07/15 (09:58) * URL * 編集

驚きましたね、そしてヘトヘトになりましたよ(^^)
日本でも大変なフィーバーぶり、
これで女子サッカー人口がまた増えるのではないかと思います。
18日が楽しみですよ!
でも、アメリカの女子サッカー人気は昔からスゴイものがあるので、かなり苦戦するでしょう。
今まで勝ち星なし…。
でも頑張ってほしいです!

ペク・ドンスは、今あらすじをまとめながら第3話の終盤を見ているところ。
韓国語のあらすじサイトが少ないのが困りもの。
英語ではなく、韓国語のあらすじサイトを見ると、語彙などがよくわかるんですけどね。

お二人からの情報は、いつも本当に助かります。
週末中に、4話まであらすじアップ予定ですので、またよろしくお願いします。

 地~~~ * R.M. * 2011/07/17 (20:26) * URL * 編集

シナモン様~~~

(気づかれるかな?)

シナモン様の程、台詞の聞き取りが出来ればこれほど苦労しないのですが・・吐息。


確かに!! ‘地’は ‘先代 天’の娘とありますね!!

という事は~~ミンス・天と地の関係は??と気にかかる・・爆笑!

天ー地ークァンテクは 三角関係~~と推定。

このドラマは‘チュノ’よりずっと想像力が必要ですよ、シンドイ~~
‘トンイ’の可愛いクマ君が頑固爺になっているから余計に~~p

*****

孝宗の剣に入っていた銅貨(の半分)・・・

‘常平通寶’항상 똑같은 가치로 널리 사용되눈 보배(?)

この銅貨が孝宗時代に存在したのは事実。
(常時同じ価値で広め使われる宝財)

一字変えて 位置を変えると・・・

‘常通普平’항상 통하고 넓히어 평정하라

常時 突き進んで(領土を)を広め平定せよ!! ~~~と

サド世子は 暗号を読むのですよね・・・かなりのこじつけ~~

*****

クァンテクが英祖より授かった 求生佩 구생패?? は
情報が見つかりません。

複雑な漢字の勉強もさせてくれます、このドラマ。
(屋烏之愛、傲霜弧節・・・発音できない!pp)

 R: R.M.さんへ! * momochi * 2011/07/18 (16:21) * URL * 編集

シナモンさんは、今回はパスしているようですが…^^。

用語の説明が多いのは助かりますね。
韓国の若い層を意識しているのでしょうか…。

私なんて…。
傲霜弧節 あの門札の両脇の字が読めなかった上に、左から読んでしまって検索できず…。
そのうち逆だと気付いたんですけどね(・・;)
なんで右から!?!
あの青い布は、左からでしたよね。

  * R.M. * 2011/07/19 (07:57) * URL * 編集

そういえば・・・

門札は右から左~~節孤霜傲 절고상오 ジョル・ゴ・サン・オ

青い布は 屋烏之愛 옥오지애 オk・オ(オゴ)・ジ・エ~~

ケンチャナ~~~ってところでしょうか! 笑


 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/07/20 (21:42) * URL * 編集

何の迷いもなく左から読んでしまいましたよ(^^)
逆さまだなんてちっとも思わずに…。

これじゃ謎解きなどできるはずもありません(・・;)
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1805-4f393285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)