momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/03/15 映画レビュー COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
気分転換に、今日は先週WOWOWで視聴した映画の話を。
20110313.jpg
牛の鈴音 韓国語名:워낭소리 英語名:Old Partner
2009年1月15日韓国公開 78分
日本公式サイト 韓国公式サイト 
Daum(評価8.9) NAVER(評価8.67) CINE21(評価8.02)
2009.03.29 日までの韓国観客動員数 2,863,810人
タグ:韓国  映画  牛の鈴音  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 郷愁~~ * R.M. * 2011/04/24 (20:16) * URL * 編集

YTで画像を発見!

字幕がなんと、ポーランド語なので、日本語解説・感想を
充分に読んで鑑賞。

牛とお祖父さんの眼差しがなんとなく似ているようでジーンと
胸に響きました。

そして・・・’58年に亡くなった祖父の時代を回想。
我が家にも耕作用の牛がいました。田植えもあの頃は近所同士
助け合って手植え・・・牛の餌は~~? 飼葉、って呼んでたかな??
米の藁に糠や大麦を水で混ぜて・・・物の無い時代でしたが
平和だったですね。蛙やトンボ・蝶チョを追っかけて、時々近所の
お年寄りに‘悪がき!’と怒鳴られたり・・・懐かしいです、あの頃が。

 Re: R.M.さんへ! * momochi * 2011/04/25 (07:32) * URL * 編集

あの牛の切ないまなざしは、本当に胸に沁み入りましたね。
今まで気づきませんでしたが、牛は皆あんなに奇麗な瞳だったのかと…(^^)
いいドキュメンタリーでした。

ただ今だったら違った感想があったかもしれません。

原発問題で、避難地域で放置された動物は65万匹(頭)以上…。
酪農を営んでいた方も多かったようで、
最後の情で牛舎から外に放たれた牛たちの、
痩せこけ川原を走る映像が目に焼き付いて離れません。

  * kiruto * 2011/04/25 (18:33) * URL * 編集

どうしても 牛とかの目が犬の目に見えて仕方ありません・・・
かわいそうなので そのニュースのときはチャンネル 変えました

・・・叔母さんが福島にいます 原発から少しは離れてるようです
普段から趣味で畑をしていますが 土いじりや外出は控えるように
いわれてるみたいです

 Re: kirutoさんへ! * momochi * 2011/04/25 (20:19) * URL * 編集

私もそのニュースになるとチャンネルを変えてしまいます。
本当に見ていられなくて…。

先日テレビで、「置いてきた犬のことが心配で…。」と話している方がいました。
人それぞれ事情があることはわかりますが、私はとても置いては逃げられません。

東京の味の素スタジアムには、広い犬の部屋も用意されていますが、ほんの数頭だけ…。
犬と避難してきた方は、人間が大変なときに犬を連れて逃げることに抵抗があったと。
でもどうしても置いて来れずに、ここに来たと…。
ただただ残念としか言いようがありません。

福島に住んでいる方は、本当に大変でしょう。
風評被害だけでも、何とかなるといいですね。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1629-a40af50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)