momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2011/03/06 王と妃 COMMENT(16)  TB(0)  EDIT  TOP
韓国ドラマにハマって、まもなく2年になろうとしています。
その間、「善徳女王」で歴史ドラマの面白さを発見!
以後、「チュノ」、「同伊」、「千秋太后」、「イ・サン」、「朱蒙」と見てきました。
いずれも、すべてに満足というわけにはいきませんが、
どれも興味深く、最後まで視聴したように思います。

そして今、TVでは全186話の「王と妃」を視聴!
やっと46話が終わったところ…、まだ最終回までは遠い道程ですが、
ここでちょっと今までのおさらいを(^^)
20110306.jpg
王と妃 韓国語名:왕과 비 英語名:King and Queen
KBS1土・日ドラマ 1998年6月6日〜2000年3月26日 全186話

Daum紹介ページ BS日テレサイト

ストーリー!
5代・文宗が病死すると、まだ12歳だった端宗が即位する。
幼い王から実権を奪い、議政府中心の政治を目指す左議政ム・ジョンソら朝廷の重臣たちと、
王族の権威を守ろうとする文宗の弟・首陽大君らは反目するように。
後宮では世宗の側室で端宗の祖母に当たるヘビンと、端宗の継母が対立。
誰も信頼できないと嘆く幼い端宗は、幼い頃から慕う、叔父の首陽大君に頼ろうとする。
ところが、キム・ジョンソは首陽大君の秘めた野心を警戒。端宗との間を引き離そうとする。
安平大君の参謀イ・ヒョルロは、いつか安平を王にしようと、朝廷内に安平勢力を増やしていく。
一方、ヒョルロの友人ハン・ミョンフェは首陽大君に器を感じ、密かに首陽の参謀となるが…。
(BS日テレから)
タグ:韓国  ドラマ  王と妃  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * kiruto * 2011/03/30 (09:09) * URL * 編集

おはようございます
今 王と妃72話ですか 
TV視聴するために最近のあらすじをみつけました

http://ameblo.jp/cyunjonmama/entry-10731977048.html

momochiさんの朝鮮王朝家系図 ためになります
ありがとうございます


ローカルでチャンノクスみてますが
燕山君 えらいことになってます 凶暴化してます
もう だれも止められません(^^;)

*******

昨日 主人が休みで
私はギャオのテジョヨンをみながらCSも録画しようとしていると

[パソコンでみてテレビもって・・・どんだけみんねん]とあきられてしまいまいた

今日はもうすでに“本日分”24時にヨンゲソムン 早朝にテジョヨン みました
・・・今CSで済衆院 録画してます(^^)

家の用事もしなくちゃ(^^;)

 Re: kirutoさんへ! * momochi * 2011/03/30 (19:50) * URL * 編集

こんばんは!
今日が第63話でした。
まだ首陽大君は王になっていません^^

「王と妃」のあらすじなら、こちらにも!
http://r35diary.blog4.fc2.com/blog-entry-995.html

私もいつも主人に同じようなことを言われてますよ(^^)
以前は、「また韓国ドラマ見てるの?」だったのですが、
最近は、「韓国ドラマ見ないの?」に変わりました。
朝・夕を避けて、日中と深夜に見ているのですが…^^
欲張り過ぎて、もう大変です。

  * R.M. * 2011/03/31 (22:13) * URL * 編集

kiruto様、 momochi様、

お二人からの ‘あらすじ’サイト~~~

これは大助かり! 画像は恐らく見つからないでしょうから
小説を読むつもりで楽しみます。

インターネットは私の日本語・図書館です。

コマウォヨ~~!

 Re: R.M. さんへ! * momochi * 2011/03/31 (23:11) * URL * 編集

このドラマ、毎日ハラハラしながら見ています。

今日は、いよいよ首陽大君が決意!
端宗が王位を下されることになりそうです。
かなりドロドロとした展開が続いていますが、
カット版で見ているので大丈夫(^^)

 長旅に挑戦! * 駿河の海老太郎 * 2012/02/01 (02:43) * URL * 編集

こんばんはv-237

遂に視聴開始です。BS日テレで再放送が開始されたので、見ることにしました。日本の大河ドラマは約50話ですから、約3年半強という計算になりますね。長丁場ですが、頑張ります!

このドラマは、5代・文宗の死亡から、10代・燕山君までが描かれているんですね。随分な長旅になりそうですね。キム・ジョンソ(金 宗瑞)が序盤のカギを握りそうですね。「同伊」の張 希載orオ・テソク的な立場で暗躍するんですかねv-361兄弟が多いとモメる、李氏王朝のお決まりのパターンもありそうで。楽しみにさせてもらいますv-363

それにしても詳細な李氏王朝の系図まで掲載してくださって…。
流石ですv-218

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/02/02 (08:50) * URL * 編集

踏み込んでしまったのですね('-'*)フフ♪
全189話、本当に長かったですよ、月~金毎日でも半年かかりましたから…。
毎日録画したものをCMを飛ばして約40分くらい視聴!
BSの大幅カット版で本当によかったと思いました。

前半は、イム・ドンジン(首陽大君)、キム・ジョンソ(チョ・ギョンファン)
ハン・ミョンフェ(チェ・ジョンウォン)、イ・ヒョルロ(ホン・ソンミン)らの素晴らしい演技に
かなり興味深く視聴していましたが、後半はかなりダラダラとした展開…。
特に燕山君が生まれてから、成人したアン・ジェモが登場するまでは辛かったですね。

120話くらいにまとめたらよかったのに…と何度も挫折しそうになりながら、
それでもせっかくここまで見たのだからと、必死で頑張りました(笑)
アン・ジェモの登場からは多少面白くなりましたが…。

ただ、よくドラマに登場するような李王朝時代の有名人^^がたくさん出てくるので、
いろいろな意味で勉強になりましたね。

王朝家系図もそのひとつ!
なにしろ韓国語が読めないので、かなり時間がかかりましたが、
楽しい作業でしたよ(^^)

今韓国で放映中の「仁粹大妃」をまたチェ・シラがやっているので
見てみたいのですが、英語字幕がどこにも出なくて残念…。

しばらくはかなり面白いと思います。
途中のダラダラに負けず、どうか最後まで頑張ってください♪

 国王(端宗)埋没ドラマ? * 駿河の海老太郎 * 2012/02/12 (22:39) * URL * 編集

こんばんはe-2
先程、「同伊」の視聴が終わり、今から「李祘」へのリレーと続きます。日本は寒波だと騒がれていますが、そうなると観光はもっと寒いんだろうな、と想像しています。

>踏み込んでしまったのですね('-'*)フフ♪
まあ泥沼に踏み込んだわけではないので(笑)
ある意味、勉強の意味合いもあるんですけどね。
日本史、世界史の教科書では学べませんからね。
例えば、ちょっと時代がずれますが、「朝鮮通信使」が江戸時代初期に再開されますが、「江戸幕府を開いた徳川 家康は壬辰倭乱、丁酉倭乱に出兵しなかったし、天敵・豊臣 秀吉の息子・秀頼を大坂夏の陣で滅ぼしてくれたから、光海君は日本と友好関係を築きたいと考えた。」みたいなことはドラマじゃないと学べませんからね。教科書には李氏王朝の国王の名前なんて出てきませんしね。

踏み込んだ、と言っても、まだまだ序盤ですが…。
これほど国王が目立たない韓流時代劇も珍しいですね。
まあ端宗は、父・文宗の死去で王の座を継いだといってもまだ12歳。小学校6年生の男の子が朝鮮という国を統治していくんだから大変なことです。だから周囲のサポートが必要なんですけどね。叔父の首陽大君、安平大君、大伯父の譲寧大君、更に祖父・世宗の側室で義理の祖母に当たる恵嬪といった親族は野心家ですしね。彼女に至っては内命婦の身分にも拘わらず「大君王妃と呼べ。」なんて威張り散らしていますからね。金 宗瑞、韓 明澮(フェ)、李 賢老…といった重臣も然りですし。

端宗は母・顕徳王后を生まれて間もなく亡くしているので、後ろ盾がいないのはかわいそうでしたね。ドラマでは、端宗が首陽大君を非常に頼りにしていて、不安そうな日々を送っている様子が描かれていますね。

文宗が死去後に嬪に昇格したポン貴人も見逃せませんね。

これから長丁場の旅を楽しく見させてもらいます。

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/02/14 (16:41) * URL * 編集

娘のブログに東京とソウル、ミラノの現在の気温を表示するパーツがあるのですが、
いつも東京より10度くらい低いような…。
でも、今日は6℃と暖かいようですよ。
真冬の外での撮影は、さぞ大変なことでしょう。
夏もかなり暑いですけど(^^)


ドラマを見るまで、私にとっての韓国の歴史は、まったくの未知の世界でした。
少しずつ知識が増えたと言っても、ドラマはかなり偏りがあるので、
本当はきちんと本などを読むべきなのでしょうね。
ちょうど先週、CDを買うついでに^^、amazonで「知ればしるほど面白い」シリーズの
「朝鮮王宮王妃たちの運命」と「朝鮮王朝の歴史と人物」という本を買いました。
今の仕事が終わったら、読もうと思っているところです。

このドラマは、「王と妃」となっていますが、
基本的に、チェ・シラが主役のようで、通しで出ているのは彼女だけ!?!
そして、いかに女性が王朝の政治にに影響を与えていたかを描いているように思います。
ドラマを見る限り、端宗もあの王妃がいなければ、別の生き方ができたような気がしますし…。

他日、いわゆる策士と呼ばれる人たちの存在も大きかったようですね。
本当にいろいろな意味で勉強になったドラマではありました。

 端宗は食事も喉を通らず…。 * 駿河の海老太郎 * 2012/02/20 (23:47) * URL * 編集

こんばんは、momochiさん!

>韓国のカップルは記念日好きなんだとか。
>バレンタインだけではなく、毎月14日には何やらイベントがある
>ようですよ。
>それにプラスして、付き合って何カ月の記念日とか…。
>韓国の男性はまめですね(^^)
ブラックデー(블랙데이)は大韓民国で4月14日に行われる一種の記念日である。バレンタインデーやホワイトデーで贈り物を受け取れずそのまま恋人ができなかった者同士(ソロ部隊、솔로부대)が黒い服を着て集まり、黒いあんが特徴のチャジャンミョン(韓国風炸醤麺)やコーヒー(ブラック)を飲食する日、とされている。
Wikipediaからですが、こんな日もあるんですね、へぇ~v-405

>真冬の外での撮影は、さぞ大変なことでしょう。
>夏もかなり暑いですけど(^^)
真冬は寒そうですよね。たまに雪が降っているシーンなんかを見ますから。真夏も結構、暑いんですかv-361

さて、このドラマは、端宗が、いわゆる小学5年生で王座を継いだことから起きているドラマですからね。小学校に通っている年齢の子供に朝鮮という国を統治しろ、と言っても無理な話ですしね。

今、ドラマは首陽大君が明へ使節として赴いており、端宗としてみれば、「頼るべき叔父上が不在」という状況です。安平大君の動きが、どうも怪しいですね。もう兄弟、叔父(伯父)、甥もあったもんじゃないですよ自らの権力欲しさに何でもありの状態になりつつありますし。

まあ本来なら一族内の争いなんてあるべきじゃないんでしょうけど、誰が勝ち残っていくのかを見守っていきたいと思います。

>他日、いわゆる策士と呼ばれる人たちの存在も大きかったようで
>すね。
誰が何派かを覚えるだけでも大変ですv-411

また、お邪魔しますv-363

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/02/21 (09:30) * URL * 編集

テレビで韓国のバレンタインデーの特集を見ました。
皆大きな箱にチョコなどを詰めて贈るのですが、
それを終日持ち歩くのだとか。つまり、他人に見せびらかすと…!
それを意識して、女性のほうも準備をするということで、
日本とはだいぶ雰囲気が違うと思いました。

> 真夏も結構、暑いんですか?

始めてソウルに行ったのは、確か8月の終わり頃でしたが、かなり暑かったです。
湿気も相当なもので、東京に戻ってホッとした記憶がありますよ。
冬は東京より10度近く低い日もあるし、ちょっと不思議ですけどね。

ドラマは、まだまだ首陽大君がいい叔父さんだったころですね。
演じたイム・ドンジンの歌舞伎のようなインパクトのある演技がまだ鮮明に残っています。
まだ見ていないのですが、「王の女」では宣祖役だったとか…。

策士としては、何といってもイ・ヒョルロとハン・ミョンフェが印象的でしたね。
特にイ・ヒョルロは、演じている俳優ホン・ソンミンの個性と共に心に残りました。
もうすでに故人ですが…。

まだまだ興味深い展開が続くと思います。
十分楽しんでください♪

 首陽大君が帰国したら、どうなるのかな(?_?) * 駿河の海老太郎 * 2012/02/23 (03:03) * URL * 編集

こんばんはi-3

>テレビで韓国のバレンタインデーの特集を見ました。
えっ、見せびらかすってv-221「女性が、これだけ男性に渡す。」ってことをですよねv-236ちょっと、ビックリですね。

>始めてソウルに行ったのは、確か8月の終わり頃でしたが、かなり>暑かったです。
へぇ~、そうですか。寒暖の差が激しいんですね。盆地気候なのかなv-236

>ドラマは、まだまだ首陽大君がいい叔父さんだったころです
>ね。
まだまだ端宗は頼り切っているという状態ですね。しかし、金 宗瑞が「必ずしも長男が王位を継ぐわけではない。首陽大君にしたって安平大君にしたって何をしてくるか分からない。頼りにしている首陽大君は遠ざけろ。今後は会うな。」とまで指南しますけどね。
まだ子供の端宗は恐ろしい話に不安そうです。
首陽大君は、役目を終えて国境の鴨南江まで戻って来ましたね。

>まだ見ていないのですが、「王の女」では宣祖役だった
懐かしいですね。韓国では強力な裏番組「大長今」に視聴率で完敗して、放送が短縮されて終わったと言われているドラマですね。
「同伊」で張 希載(張 禧嬪の兄)を演じたキム・ユソクさんが第一王子の臨海君、チソン君が暴君・光海君を演じていましたね。「兄弟間の争い」という意味では「王と妃」に似ている部分もありますね。
いきなり「秀吉~」と宣祖が言って、また日本からの使節である宗 義智とかが出てきてビックリしましたけど。あ、あんまり内容を喋っちゃうと怒られちゃうかな(笑)

それでは、またi-185

 Re: 駿河の海老太郎さんへ! * momochi * 2012/02/23 (16:52) * URL * 編集

まだ、癸酉靖難までしばらくかかりそうですね。
このあたりでの首陽大君を演じるイム・ドンジンと
キム・ジョンソ役チョ・ギョンファンの二人は、とても存在感がありました。
彼らのイメージが強すぎたのか、昨年「姫の男」第1話にとても違和感を感じてしまいましたよ。
何か違う…みたいな^^。

時代劇が多く作られるので、一人の人物を大勢の俳優が演じますから、
どうしてもそこに序列ができてしまいますね。
燕山君なら、○○が一番よかったとか…。
そのベストメンバーでスペシャルドラマを作ったら面白いでしょうね('-'*)

「王と妃」、「王の女」、「王と私」と似たようなタイトルのドラマがありますが、
個人的には、「王と私」は見たいなと思っています。
ちょうど時代的には「王と妃」と一緒のようですが、
こちらは内侍にスポットが当たってる!?!

何と「王と妃」の端宗役チョン・テウが燕山君、
王様のイメージのチョン・グァンリョルが内侍府長というのも興味を惹かれます。

 端宗は結婚したものの、前途多難…。 * 駿河の海老太郎 * 2012/04/04 (02:10) * URL * 編集

こんばんは、momochiさんv-237
それにしてもヒドイ天候v-279v-467でしたね。そちらは、どうでしたかv-236か弱いmomochiさんが吹っ飛ばされていないかと心配でしたよ。各地で死者も出て多数の負傷者をも生んでしまった「春の嵐」は、もう御免ですね。

>ちょうど時代的には「王と妃」と一緒のようですが、こちらは内侍にスポットが当たってる!?!
そうなんですよ。初めて内侍の存在を知ったドラマですね、「王と私」は。刀子匠という職人も初めて知りました。

>何と「王と妃」の端宗役チョン・テウが燕山君、王様のイメージ>のチョン・グァンリョルが内侍府長というの>も興味を惹かれます。
そうそう、そうでした。チョン・テウ君は「王と妃」の時よりは少し大人びていましたね。チョン・グァンリョルさんが、視聴率不振の大河ドラマ「平 清盛」で清盛の父・忠盛を演じている中井 貴一さんに似ていると思っているのは俺だけでしょうかv-236

「先王の喪に服している間に息子である国王が婚礼なんてもってのほか(*_*)」と反対意見も多い中、首陽大君の主導で王妃選びが行われ、熟考の末、宋 玹壽の娘、定順王后を中殿に迎えました。惜しくも選考に漏れた2人の娘が淑儀に据えるという事で落ち着きましたね。まだ、お雛様&お内裏様のような感じですけど(笑)

とは言うものの、まだ中学生の子供ですから国の統治、政治に関しては分からないことだらけ。首陽大君が国王かと見間違えるぐらいです。禁婚令が出されたにもかかわらず娘を王妃選考に出したがらなかったというのも、端宗政権は、いずれ叔父の首陽大君に則られることを懸念してのようですね。「娘が数年で寡婦になることを恐れて…。」というのも、こういう背景があったからなんでしょうね。

恵嬪の動きも怪しいというか要注意になって来ましたv-237

 Re: 駿河の海老太郎さんへ! * momochi * 2012/04/04 (10:27) * URL * 編集

夜の散歩では、あちこちに転がる壊れた傘に犬が怖がってました。

>か弱いmomochiさん…
韓国ドラマを見るようになって、体重が10キロも増えドッシリ(´;ω;`)
これくらいの風ではビクともしませんよ^^。

「王と妃」、まだまだ面白いところですね。
このドラマでの端宗は、今振り返っても泣いている印象しか残っていません。
あの気丈で聡明な王妃を娶ったことが彼の不幸に繋がったか…。
このドラマをみた限りでは、そう思えて仕方がありませんでした。
あれほど首陽大君を慕っていた端宗を、どうして殺すに至ってしまったのか。
頂点に上り詰めた後の、苦悩が描かれますが、
イム・ドンジンの演技が迫力あり過ぎて…(^^)

> 忠盛を演じている中井 貴一さんに似ていると…

去年の大河ドラマは見たのですが、「平清盛」は見ていないので、
チョン・グァンリョルが中井貴一に似ているかどうかはわかりません(笑)

 恵嬪は浄業院に送られてしまい…。 * 駿河の海老太郎 * 2012/04/21 (08:21) * URL * 編集

おっは~、momochiさんv-277

>このドラマは、「王と妃」となっていますが、
>基本的に、チェ・シラが主役のようで、通しで出ているのは彼女
>だけ!?!
どうも、そんな感じがしますね。桃源君の子供を身籠りますが、「単なる王族の子になるぐらいなら生まない。」と言い切っていますしね。「義父上が王になれば、この子は王の孫になる。」とも言って、定順王后らの怒りを買っていましたけど。

>このドラマでの端宗は、今振り返っても泣いている印象しか残っ
>ていません。
実母の顕徳王后も、生まれてから直ぐに亡くなっているそうですし。端宗vs首陽大君vs安平大君という構図で派閥も割れてしまいましたし。小学生が国王になってしまって、誰を頼ればいいのか、よく分からない状況。無理もないですよ。病弱だった文宗が世子となって跡を継ぐようなことがなければ、こんなことにはならなかったでしょう。そうなったらドラマとしては成り立たなかったでしょうけどね。

ドラマは波乱の展開の予感です。
恵嬪が、あれほど拒んでいた浄業院へ遂に送られることになりました。張 禧嬪の時の就善堂の巫女同様、首陽大君の似顔絵を張り付けて呪う、という巫女が現れますけど。

端宗が頼りにしていた叔父・首陽大君との距離が徐々に遠ざかってというか離れていく様子ですね。これでは文字どおり四面楚歌になってしまいますよ。

この「王と妃(KBS1)」は12年前に放送されて、最高視聴率44.3%を叩き出したんですね。スゲェ~i-198

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/04/21 (12:46) * URL * 編集

いよいよ端宗の時代も佳境に入って来たのですね。
この辺りは本当に面白く見ていた記憶があります。
最高視聴率44.3%も納得の、盛り上がり、そして俳優の演技でした。

ただ、後半は少々うんざりしながら見ていた記憶もありますよ。
186話は絶対に長過ぎ、80話くらいだったら傑作だった!
今でもそう思います。

それにしても韓国史劇はどうしてこう皆長いのでしょうね。
最近はレンタルで古いドラマを見ていますが、
見たいドラマは、皆100話以上、とても手を出す勇気が湧きません(^^)
チャングムくらいだといいんですけど…。

チェ・シラは、素晴らし女優さんだと思うものの、
彼女のドラマでは、いつも最後はそのキャラが嫌いになります。
このドラマも、「海神」、「千秋太后」もそうでした。
あまりにも強すぎるそのキャラ設定のせいでしょうかね。

字幕が付かないので見ていませんが、
彼女があらたに挑戦した仁粋大妃もちょっと見てみたい気がします。
韓国のケーブルテレビ局の製作なので、日本では放映されないかもしれませんけど。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1616-b473d110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)