momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


韓国ドラマとは関係ありませんが、先日のソウル旅のレポを作成しました。

食べる、買う、見るとそれぞれを満喫した旅。
ロケ地巡りは特に意識していなくても、ぶらぶら歩いていると偶然遭遇したりして…。
至るところでドラマのロケが行われていることを実感した旅でした^^

厳寒のソウル三泊四日の旅
110125P1220054.jpg110125P1240167.jpg
タグ:韓国  旅行  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2011/01/31 (13:35) * URL * 編集

こんにちは。素敵なソウル旅のレポ、ありがとうございます。
こうしてブログにUPすると、忘備録にもなっていいですね。
どれも素敵な写真&感想で、私も今度韓国へ旅行する機会があれば
ぜひ巡ってみたいなぁ~と思うものばかりです^^

この中で私が行ったことがあるのは、水原華城と神仙ソルロンタン明洞店とソウル駅前ロッテマートです。
私が行ったのは夏でしたので、水原華城の景色が全然違ってみえます^^
寒いけど冬の景色は情緒があっていいですね。
カンジャンケジャンも今が一番おいしい時期なんですよね。

昨日はとても寒くて、私の住んでいるところでもちらっと雪が降ったので
ふと思い立って「クリスマスに雪は降るの?」を見返していたんですよ。
それでカフェ・ベーネのワッフル食べたいな~と思っていたのですが、
なんと今日こちらでmomochiさんの旅レポに入っててびっくり!
やっぱり“マシッソヨ~”だったんですね^^

ひたすら自重していた「韓国行きたい病」がまたまた復活してしまいそうです・・。

  * kiruto * 2011/01/31 (14:31) * URL * 編集

momochiさん こんにちは 韓国たのしそうでしたね!

おいしそうな食べものばかり うらやましいです

ところで2ショット写真 どちらがmomochiさん?ですか

よくTVでやってる 座っておしりからあたためるやつ しました?

 momochiさん、こんにちわ * yocchan * 2011/01/31 (16:10) * URL * 編集

いやぁ~、かなり満喫された様ですね(^^)

北村韓屋村は「1泊2日」でも紹介されてましたね!
楽古斎も良い感じですねぇ~。ヘグムが流れてるなんて・・・(^^)
カギが良いですね~雰囲気があって・・・(^^;)

行った事があるのは、定番の景福宮だけです・・・
しかも17年前!薄っすら記憶があるだけです(^^;)

見ているだけで、行った気分になりました!
是非、参考にさして頂きます!(^^)

 管理人のみ閲覧できます * - * 2011/02/01 (09:47) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: シナモンさんへ♪ * momochi * 2011/02/01 (11:35) * URL * 編集

早速読んでくださって、ありがとうございました。

充実した旅を思い出しながら、私も楽しく作業しておりました。
夏の華城は素敵でしょうね。
冬は冬で、雪の華城も風情があるのではないかと思います、吹雪でさえなければ(笑)
カンジャンケジャンも実は初めて食べたのですが、本当に美味しかったです。
日本の韓国料理屋さんだと、だいたい赤いケジャンですよね。

coffe beneのワッフルだけでなく、他のカフェでもワッフルを注文しましたが、
コーヒーも含め、日本より美味しいかも知れないというのが私達の感想。
特に、beneのくるみのワッフルは友人のイチオシでした。
そしてほとんどのカフェが、椅子はゆったりソファ席。
伝統茶屋は、だいたいオンドルですし。
この居心地よさのおかげで、ちょっと休憩のつもりがどんどん長くなってしまって…^^
これが予定をこなせなかった一番の原因ですよ。

雪に合わせて「クリスマスに…」を見るなんて、ステキですね。
コスは、私の一番好きなタイプ(^^)
私もまた見てみようかなと思っています。

韓国、本当にいいですね。
ぜひぜひシナモンさんも^^

誰かと一緒にと思っていると、また4年後とかになりそうなので、
今度は思い切って一人旅…、なんてことを考えています♪

 Re: kirutoさんへ♪ * momochi * 2011/02/01 (11:43) * URL * 編集

本当にたくさん食べて、少し太って帰ってきました^^
2ショット…、白い大柄なほうが私です。

>座っておしりからあたためるやつ…

よもぎ蒸しですよね!
はい、初めて挑戦しました(^^)
あまりの熱さに周りの人たちも大騒ぎでしたが、汗が驚くほど出て、
何だか身体が軽くなったような気がしましたよ。

楽古斎のチムジルバンにも「よもぎ」の束がたくさんあって…。
よもぎは身体にいいんですね。

 Re:yocchanさんへ♪ * momochi * 2011/02/01 (11:49) * URL * 編集

はい、堪能してきましたよ(^^)
それほど観光はしていませんが、今までで一番充実した旅だったように思います。

個人手配の旅でしたら、楽古斎はお勧めの宿です。
あれだけの建物、美味しい食事が2食付いて、一人8,000円くらいですから…。
食事抜きも選べます。
韓国に行くならぜひぜひ!

私も10数年前に市内は一通り観光したのですが、
史劇に魅せられてから見学するのは、また違った気分ですね。
水原華城も、イ・サンを見てからがおススメ。
感慨深いものがありました。
季節はともかく、晴れた日にもう一度行ってみようと思っています(^^)

 冬の韓国 * よっち * 2011/02/01 (16:46) * URL * 編集

寒くて、空気がぴぃんと張り詰めている雰囲気の良く出ている写真ですね。
冬の韓国はとても寒いんだそうですね。撮影現場の写真などを記事で見ても、みなさんモコモコのダウンジャケットを着こんでいますよね。
それにしても風情があって素敵な風景ですね。私もいつか、テレビの中だけじゃなく、実際の韓国の町を歩いてみたいです。

雪の振る写真を見ると、思わずうちの窓の外を見てしまいます(笑)。
今日の私の地域は朝からお正月以来の大雪で、先ほど二度目の除雪に行ってきたところです。ほっぺと耳がしもやけでかゆいです(笑)。
それでも屋根を除雪するというところまではいかないので、東北の方々よりは楽をしているんだろうなぁ私・・・と思いながら、気合を入れて雪と格闘してきました(笑)。

  * R.M. * 2011/02/01 (19:01) * URL * 編集

momochi様の旅情報を読みながら、写真を見ながら・・・
ああ、ソウルが恋しいですね~~~!

雪景色の水原も風情があって素敵です。

‘孝子洞’も刻々と開拓されているよう・・Ca'del Lupoはいつ
オープンしたのでしょう? 

もう一度旅行記を堪能します、これから~~!

 Re: よっち さんへ♪ * momochi * 2011/02/01 (22:38) * URL * 編集

コメントをありがとうございました。

普段雪に慣れていない私は、雪の積もった道を歩くだけでへとへとに。
ソルトレイクでの3年間も、常にきれいに除雪されている上に、
どこへ行くにも車移動で、ほとんど歩くことはありませんでしたから…(^^)
そう言えば、アパートメントの雪かきの記憶もなし…。
今頃になって一体どうしていたのかと不思議な気分です。
毎日雪なんですけどね。

あんな寒い中、夜までかかる撮影、本当に大変だと思います。
セットの中は暖房が効いていないようですし…。

今年は特に雪が大変なようですね。
寒さにはお強いのでしょうから、ぜひぜひご主人さまと冬の韓国へ!

 Re: R.M. さんへ♪ * momochi * 2011/02/01 (22:49) * URL * 編集

東京とは10度以上違いますので、やはり寒さはかなり厳しかったですよ(^^)
ドイツからなら大丈夫でしょうか…^^

初めての雪景色、景福宮は風情がありました。
観光客はまばら、ソウルのカメラ好きの方がたくさん!
皆、すごいカメラ持参で、凍った池ごしに香遠亭や慶会楼など写していましたよ。
こんなに雪にキレイに覆われるのも珍しいのでしょうか。

華城は吹雪でほとんどよくわからず…。
あとでカメラを見て、よく写っていたなとカメラの性能に驚いた次第。
すべてが復元されたものですが、イ・サンがここに来ていたのかと思うとそれなりの感慨が。
臣下6千人、馬600頭を連れて来ていたという説明にはビックリでした。

Ca'del Lupoの詳細はよくわかりません。
ネットでもほとんど情報は見つかりませんでしたので。
ただこの時期、それも平日に予約でいっぱいということですから、かなりの人気のようです。
韓国のイタリアンもあなどれず…。
DUOMO BOOKS & COOKSもかなりのグレードでした。

10年前の私の韓国の友人は、グラタンとかぺペロンチーのを知りませんでしたが、
どんどん進化するソウルですね。
また次回が楽しみになりました(^^)

 おかえりなさい! * びょん * 2011/02/02 (09:16) * URL * 編集

いいですね~極寒でもこの時期韓国には僕は忙しくて絶対無理(^_^;)
水原華城は、以前に行ったことがるのですが、雪景色も素敵ですね。

神仙ソルロンタンは、以前行ったときに調べが不十分で行き着けなかったんですよ、いいですね~
楽しいレポートありがとうございます。また韓国に行きたくなりました!

  * beerdaru  * 2011/02/02 (14:05) * URL * 編集

極寒の中、満足なさったようで何よりです。
パックに申し込んでしまったbeerには無理ですが、やっぱ行ってみたい所がたくさん! 特に食事処。
朝食ぐらいは行けそうですね。イヤ 行くと思います。
ので、しっかりとCoffe beneとソルロンタンはメモさせて頂きました。

気温が10度近く違うとのことですが、3月上旬(7日出発)はまだかなり寒いのかしら?
しっかり防寒していった方がよい?

とにかく初めてのこと!
取りあえずソウルの地を踏み、ミョンドンや東大門でのショッピングを
楽しみたいと思います。

事務処理しないといけないのに、ついガイドブックなどのチェックをしてしまう。(^_^;)
まだまだ先なのにこまったもんです。

 Re: びょん さんへ♪ * momochi * 2011/02/02 (21:41) * URL * 編集

読んでくださってありがとうございます♪
ソウルや水原華城の雪景色は、それなりに風情がありますが、
普段雪慣れしていない私には、やはり吹雪はちょっと辛かったですよ…(^^)
寒さは結構大丈夫でしたが…。

「華麗なる遺産」のロケ地は、金浦空港そばだとか…。
明洞の神仙ソルロンタンは歩いていて偶然通りがかり立ち寄ったものです。
美味しくいただきましたが、他店のソルロンタンを食べていないので何とも(笑)
ぜひぜひぴょんさんも行ってレポをお願いします^^

 Re: beerdaruさんへ♪ * momochi * 2011/02/02 (22:29) * URL * 編集

旅は計画を立てる段階からもう始まってます。
私もいつもワクワクしながらあれこれネットで検索を!

今回も、膨大な資料をプリントアウトして持参しました。
だいたいいつも80%くらいは、ボツ、タイムアウトになってしまうんですけどね^^。

もうご存知かもしれませんが、ソウルの情報ならこの二つが一番かと。

http://www.konest.com/
http://www.seoulnavi.com/

その中に、韓国の気候と服装がありました。
http://www.konest.com/data/basic_info_detail.html?no=1448

その年によって変動があるでしょうけれど、平均4.3℃は今の東京より寒いですね。

明洞や通りの屋台ではほとんど値引きしてもらえませんでしたが、
東大門では、現金ならだいたい「カッカジュセヨ!」でかなりの値引きが期待できますよ!
チャレンジ~~~!

明洞の化粧品屋では、サンプルなどのおまけを言えば大量にくれるはず。

ソルロンタンは、シンプルなので朝、またはおやつに^^おススメです。
中にご飯を入れればそれなりに満腹になりますが、
こらがメインになるのはちょっと寂しいかな。

ソウルのカフェはどこもおしゃれでくつろげます。

こちらに情報がいろいろと…。 本当に素敵なブログで、本にもなっているようです!
http://seoul2009.exblog.jp/

さてさて楽しみですね。  もう来月ですよ~~!
いくら寒くても、私たちのように吹雪にぶつかることはないと思いますので、
思う存分楽しんで来てください。

 momochiさん * がす * 2011/02/03 (11:44) * URL * 編集

久しぶりに訪問しました。
ソウルへ行って来られたのですね。
2月、特に今年の冬は寒くどこも雪景色ですね。
旅行記拝見いたしました。
お二人の弥次喜多道中(?)が想像できます。(ではなかったかな?)
でも、次回ソウル旅行を計画する者にとっては
とても参考になる記事と写真が満載でした。
いつ行けるんだろう~~~

momochiさんはいつか私と同じように大学で教えていらっしゃると
コメントしてくださいましたが、非常勤職ですか?(失礼なこと聞いちゃいました)

学部にもよるでしょうが、私は忙しすぎて旅行など夢のまた夢。
でも、休みを取る気になれば取れるんでしょうが・・・・

いつかソウル旅行をまた計画される時にご一緒したいな~などなど
思いながら、今から行ってきま~す。

 Re: がすさんへ♪ * momochi * 2011/02/04 (00:01) * URL * 編集

コメントをありがとうございました♪

まさに弥次喜多道中、さらに珍がつきますよ(笑)
50年来の友人ゆえに、家族同様遠慮もなしで…。
久々にあらゆるストレスを発散したように思います。
それにお互い韓国ドラマにハマっているのでなおさら…。
夜遅くまで学生時代のように楽しくおしゃべりを楽しみました。

私の仕事は少し特殊で^^、最近はごくごく稀に大学にも行くこともありますが、
今はあるところ^^に週1回行くだけです。
単なるアルバイトといったところですね。
大学講師などという大げさなものではありません。
2000年に渡米する際に、一度仕事を整理してしまいましたので。
2月中旬には、年に一度の集中した仕事があるので、これからしばらく忙しくなります。

もう年も年ですし、時間的にはかなり余っているほうだと思いますが、
それでも海外となるとそうはたやすく出かけるわけにもいきません。
2匹の犬の朝晩の散歩もありますし…(^^)

ただ韓国は、行こうと思えば1泊2日でも^^
サウナで一緒になった年配の主婦グループの4人の方たちは、
茨城から夜便でソウルへ、そして中1日だけ遊んで、早朝の便で帰ると言っていました。
その元気さには驚きましたが、ちょっと大阪へ行くと思えば^^
ぜひぜひ時間を見つけて行っていらしてください。

 コメント、ありがとうございます * がす * 2011/02/04 (02:38) * URL * 編集

momochiさま、

2月のお忙しい中、丁寧なお返事をいただき恐縮しました。

茨城の主婦の方々、パワフルですね。
私も出張ではそんな感じで海外へ行きますが、
プライベートではもう少し余裕を持って出かけたいですね。
ソウルは何度か訪れているので、ブラッと無計画に
一週間ほど人や文化にゆっくりと触れたいです。

還暦を過ぎ、本当に疲れが取れなくなりました。
最近では、韓国ドラマもご無沙汰です。
史劇は私も好きなのですが、韓国物はとても長くて
今の私はちょっと付き合いきれません。

でも、「サイン」は視聴しようかなと思っています。
タイトルから何となく想像できるようなドラマですが、
私の好きなジャンルかもしれませんから。

そうそう、我が家のラブですが、1月29日に
17歳の誕生日を迎えました。
もう寝たきりで介護が大変です。
でも、いてくれるだけでいい…です。
疲れている時の世話は本当に大変です。
時々あたったりして、なさけなくなります。
今の状態だと人に預けるわけにもいかないので、
当分旅行など夢のまた夢でした^^・・・

また、楽しい記事を期待しています。
お風邪など召しませんように。
 

 Re: がす さんへ♪ * momochi * 2011/02/04 (10:15) * URL * 編集

私も海外旅行は、ゆったりのんびり派です。
犬を飼う前は、年に二度ほど主人と出かけていましたが、
いつも一ヶ所に1週間というスケジュールにしていました。

それでもヨーロッパなどでは時間が全然足りず、
またいつかといいながらなかなか…。

そのうちに気難しい犬が家族になり、一緒に出かけられなくなってしまいました^^
他所にお泊りできないモモを溺愛する主人は、
前回のミラノ同様、いつも留守番担当です(^^)


私は還暦までは、ちょっとだけ時間が残っています。
その分、まだ多少は無理がきくようですよ(笑)
年末には、朱蒙マラソンを走破!
10日ほどで、前話視聴しました。
かなり疲れましたけれど…^^

ラブちゃん、17歳とは驚きました^^ がすさんの愛情の賜物ですね。
それでも、仕事をしながらの介護の日々は大変なことでしょう。

医療も進み、食事や生活環境もいい最近では、犬の介護用品などもときどき目にしますが、
まだまだ私には想像でしかない世界…。
我が家の柴犬も、今年からシニアの仲間入りですから、
いずれそんな日が来ると、ときどき主人とは話すものの、まだ実感はありません。

特に大型犬は大変ですね。
それでもまだまだがすさんを癒してくれるワンちゃん、
どうか穏やかな日々が続きますように。

がすさんもお体だけには気をつけてください。
切ない日もあると思いますが、頑張ってくださいね。

 今、チェックしました * がす * 2011/02/11 (16:51) * URL * 編集

毎回、返事をくださり有難うございます。
なかなかチェックする時間がなくて今読ませていただきました。
励ましのお言葉をありがとうございました。

それでなのですが、
実は、先日17歳を迎えた愛犬のラブラドールが亡くなりました。
老衰に近いものですが、最後の3日ほどは本当に咳がひどくて
苦しそうでした。どうしてやることもできず無力感を感ずるばかりでした。
「楽になってよかったね。でも、とってもさびしいよ。
こんな飼い主についてきてくれて本当にありがとう。
あなたのおかげで忍耐を覚え、犬と共に暮らすことの喜びや悲しみを教えてもらったよ。介護中はあたったりすることもあったのに、何一つ不平不満を言わず
我慢してくれました。いてくれてありがとう。よく頑張ったね。」
と言ってお別れしました。とても賢い賢い犬でした。
最後の半年は病院通いでしたが、十分に自分の生を楽しんでくれたと思っています。

でも、・・・・・・・・さびし~~~~~い。
うちの中に主のようにしていたので、その存在感たるや・・・・・・
3匹いた大型犬、みな老犬だったので次々に亡くなり、
最後のラブでした。
彼のいない生活なんて考えられない状態です。
心の回復までしばしの時間が必要。

韓国ドラマのコメントの場を借りて犬好きのmomochiさんに
ぐちをきいてもらいました。
これを読まれた方、ドラマに関係ない話で申し訳ありませんでした。

momochiさんは今お忙しい時期ですね。
今日はどこも雪が舞っているようですが、
どうか十分にご自愛くださいますように。

  * kiruto * 2011/02/11 (21:41) * URL * 編集

がすさん こんばんは
私も 犬(柴犬)をかっているので お気持ち よくわかります
本当に家族の一員ですよね
息子が小学生のころ泣いて寝転んでいるとき 泣いているのがわかるのか
うちの犬は息子のそばにいって 涙をなめたりしてました

犬は我慢強いですよね 人間の子供だと病気やケガをしたりするとだまっていませんが犬はそれを静かに受け止めています

うちの実家の両親は 一度犬を見送っているので犬を飼わないといってましたが最近 飼いはじめました


がすさん がんばってください 

 kirutoさんへ * がす * 2011/02/12 (00:37) * URL * 編集

あたたかいメッセージをありがとうございました。
とても慰められました。

いなくなってからそれほど時間が経ってないので
まだいつもの場所にいる気配を感じます。

でも、17歳の誕生日を迎えるまで一緒にいてくれたので
もう十分だと思います。

ペットロスからの回復には少し時間がかかると思いますが、
十分に泣いて、友人に話を聞いてもらい、このような場でも
思い出を聞いていただけることで癒されていくと思います。
本当にありがとうございました。

kirutoさんは柴犬をかっていらっしゃるそうですね。
ご家族の皆さんにかわいがられて幸せですね。
これからもいぬと一緒に良き思い出を作ってくださいね。

コメントに感謝して。

 Re: がすさんへ♪ * momochi * 2011/02/14 (10:46) * URL * 編集

本当にお辛い時に、お知らせをありがとうございました。

先日お話を聞いたばかりなのに、こんなに早くと、
昨夜帰宅後コメントを読んで、しばらく涙が止まりませんでした。

そして、がすさんと同じように、「楽になってよかったね」とも…。

私も以前飼っていた愛犬エルが20歳近くまで生きていたときに、
毎日、「もうこんなに頑張らなくてもいいのよ。」と言い続け、
最後に「これでもう楽になったね。」と声をかけました。
10歳で失明した後、残りの10年間はほとんど家を出ることもない生活となりましたが、
幸い介護を必要とせず、最後まで自力でおトイレする親孝行な娘でした…。

韓国ブログより先に、犬のサイトを立ち上げてもう8年目ですので、
その間、ブログ仲間のワンちゃんの旅立ちにも何度か接しました。
その都度感じたのは、何歳で亡くなろうと、どういう事情であろうと、
皆辛く悲しい日々を過ごさねばならないということ。

そして、「虹の橋」という詩を知りました。

ご存知かもしれませんが、リンクフリーの方の訳したものをメモしておきますね。
少しでも慰めになるといいのですが…。

----------------------------------------------------
虹の橋

天国の、ほんの少し手前には、
「虹の橋」と呼ばれる楽園があるのです。
この世でパパやママにとても愛された子達は、お別れを迎えると虹の橋へと向かいます。

虹の橋の、緑の草原と丘の上。
子供達は思いきり駆け回り、友達と一緒に遊びころげています。
美味しいご飯も、新鮮なお水も、温かい日差しもいっぱい。
みんな、とっても気持ちよくて、ご機嫌。

病気をしていた子も、歳をとった子も
虹の橋では、元気いっぱいの姿に戻って
傷ついて動かなくなった手足さえ、元通り。
パパやママの心にある、あの一番輝いていた我が子がそこには居るのです。

子供達はみんな、満ち足りた気持ちで、
幸せに暮らしているのだけれど
ただ、一つだけ....

そう、一つだけ....

離ればなれになってしまったパパやママのこと
それだけが気がかり....。



それは、いつものようにみんなで遊んでいた日のことでした。
ふいに、ある子が立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳は、キラキラと輝き、その体は、嬉しさに震えています。
突然、その子は仲間達を後にして、緑の草原を駆け出しました。
早く、早く、急げ、急げ。

あなたの姿を見つけたのです。

虹の橋で再会した、あなたと愛する我が子。
その胸に固く抱きしめれば、
もう二度と、離ればなれになることはありません。

懐かしいキスが、あなたの顔に降り注ぎ
あなたは、あの頃と同じように、優しく頭をなでながら
我が子の瞳を見つめ返すのです。
あなたを信じ切って見つめてくる、まっすぐな瞳。
お別れしたあの日から、ずっとずっと片時も忘れることの無かった
愛しいその瞳を。

そして、あなたは愛する子と手をつないで
天国への門をくぐるのです...。

虹の橋(http://somalism.net/rainbow.html
----------------------------------------------

今頃ラブくんも、元気に仲間たちと一緒に虹の橋にいることと思います。
いずれいらっしゃるがすさんをそこから見つめながら…。
その日が来るまで、そこで楽しい日々を過ごしているはずです^^

寂しくて辛く、そしていろいろ後悔したりの日々でしょう…。
まだまだしばらくはそんな毎日が続くことと思いますが、頑張ってください。
そして長い介護、本当にお疲れ様でした。
くれぐれもお体だけには気をつけてくださいね。

 思い出しました * beerdaru  * 2011/02/14 (15:33) * URL * 編集

こんにちは
お仕事忙しいでしょう?
お体大丈夫ですか?

今の番犬 コロ助が家に来て5年経ちますが、
その前にいた猟犬(狩りはしませんが・・・)マルを思い出して・・・

亡くなった父がかわいがっていたマルは15年しっかりと番犬でした。
本当に賢い犬でたまに脱走しても遊びに満足すると勝手に帰ってきては
玄関の前にお気に入りの布団を持ってきて寝てましたので
探しに行くこともなく、ある程度好きにさせていたんです。

父が亡くなったとき、たくさんの人が出入りしてるのに騒いではいけないこと
マルなりに分かっていたんでしょう、ワンとも泣かなっかたんです。
自宅での葬儀でしたので、出棺するとき始めて遠吠えをし、鎖を引きちぎり
父を追いかけて来たそうです。
それからしばらくはご飯を食べることもなく、マルなりに寂しかったのでしょう
そんなマルにミッチャンは「おまえが落ち込んだら親父さん安心できないぞ」と
声をかけ続けて何日か経った後やっと元気になりました。

でもそんなマルが乳がんになったのは半年後。
年齢的に手術は無理と言われ余生を安らかに!と言われたんです。
癌の腫瘍がどんどん大きくなり、地面について擦れてしまうのでさらしを巻いて
保護していたんですが、膿が出たりしてあまりにもひどく介護していくには
見ていられないほどひどい状態になってしまって。
結局出した結論は安楽死です。

jrが大学の研修で1ヶ月ほど留守にするときに、あの子に内緒での事でした。
あの子が「俺が来るまでしっかり面倒見て」と言って出かけていったので
その時は安楽死のことは言わず、人生全うしたと。
当時のこと教えた今、jrも正直見てるには辛かったと
親父達が楽にさせてくれて良かったんじゃないかと分かって貰えてます。

安楽死が良かったかと言われたら何とも言えませんが、マルが癌と闘って1年
あまりにも辛く見ていられなくなったんです。
あのときは考えられなかったことですが、マルは父が待っていた虹の橋を
渡って父とずっと遊んでいるんでしょうね。きっと

そして父とマル、新しい番犬コロを見守ってくれてると思います。

追記
コロは元気すぎて大変!
相変わらず、オートバイには異常なほどの吠えかたで、
自分の鎖でグェ!となるほど追いかけてます。
そろそろ学習能力がついても良いかと思いますが、
ミッチャン曰く、「俺が面倒見てる限り、まあ無理だろうな!」ですって

今朝(夜中?)久々に脱走しました。
あいつは噛む癖があるので、マルと違い一人歩きはさせないのですが、
鎖と動けるためのワイヤー両方を壊しての脱走です。
(その度に鎖とワイヤーが太くなっていくんです)
以前、逃げられたときは家族総出でハムやベーコンを持っての捜索でしたが、
今回は人様に迷惑をかけることなく、充分満足したんでしょう
玄関を開けたら外に出ていたbeerの長靴を枕に大人しく寝ていました。

やっぱり「育ち」って出るんでしょうね
本当に我が儘で自己中のミッチャンに似てきます。




 Re: beerdaru さんへ♪ * momochi * 2011/02/15 (10:18) * URL * 編集

おはようございます!

お気づかいありがとうございます(^^)
忙しいというより、精神的に追い詰められたという感じですね。
毎年のことなのですが、いつもこうなってしまいます^^
とにかく4日間しのげば、後は4月まで長いお休み…、
それだけを考えるようにしていますよ。

大変な経験でしたね。
安楽死については、我が家でも話し合ったことがあります。
5年ほど前に、親しい友人の愛犬が癌で東大病院に入院していたときのこと…。
1週間ほどの入院中、何度かお見舞いに行きましたが、
何度も襲ってくる激しい痛みに、痙攣を繰り返すだけ。
治療の施しようがないと病院から家に戻るようすすめられたときには、
飼い主も覚悟を決めたようでした。
結局、自宅に帰った数日後に亡くなり、その究極の手段はとらずに済みましたが、
そのときの我が家の結論は、そうなったときに考えようというものでした。
本当に難しい問題ですね。

30年前の母のこと…。
特殊な病で、食事も水さえも禁じられ点滴だけで過ごした最後の半年、
意識だけははっきりしていた母は、毎日「苦しい、死にたい。」を繰り返すばかりでした。
いよいよ最後のとき、先生が
「まだ蘇生措置を行えば…。でももう休ませてあげましょう。十分頑張りました。」と。
その言葉に頷いた父と私でしたが、それから30年経った今でも、
それでよかったのかと自問自答を繰り返しています。
そのたびに「あれでよかったんだ。」と自分に言い聞かせていますけどね。

コロちゃん、ワイヤーを切っての脱走ですか?
すごいパワーですね。

ここ池袋界隈では、脱走=死を意味しますから、お散歩のリードフックは2重に!
家の場所はよくわかっているようですけど、
オートロックのマンションでは、入ることもできませんからね(^^)

我が家のヘタレのモモちゃん!
昨夜雪の中散歩に出かけたら、20メートルほど歩いてそのままUターン…。
家に戻るなり、大きなため息をついていましたよ。
「あぁ~、冷たかったわ!」と言っているようでした。


 管理人のみ閲覧できます * - * 2011/03/14 (10:46) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメントYuさんへ! * momochi * 2011/03/14 (20:07) * URL * 編集

大丈夫ですよ!
横浜のほうが映像で見る限りひどかったようで、
古いビルに会社がある主人も、もう終わりかと思ったと話していました。

さて、ご質問の件ですが、
私もあの薄いお蒲団がかなり不安だったのですが、
朝1番の飛行機で行き、あちこちたくさん歩いたせいかぐっすり眠れました。
世宗ホテルでも同じくらいのお蒲団ですが、友人も大丈夫だったそうです。

ただ値段が安い分、それなりに…^^雰囲気は最高ですけどね。
食事も決して豪華ではありませんが、おいしかったですよ。
キャンセルもできるようです。
電話もメールも日本語が通じるので、相談すればいいと思います。
あと、部屋に鍵がありません(^^;)

安国駅からは、10分はかからなかったと思います。
駅からまっすぐ坂道を登り、小学校を過ぎたらすぐ路地を右に入ればすぐ!

私たちは、小学校手前で右に曲がったので、
場所がわかりにくく、迷ってしまって大変でしたが。

あちこち出かけるなら、やはり駅そばのホテルがお勧めですが、
たまにはこんなオンドル部屋もいいかなと思いますね。

 管理人のみ閲覧できます * - * 2011/03/15 (10:34) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Yuさんへ! * momochi * 2011/03/15 (11:35) * URL * 編集

本当に何もできず、ただ見守るのみ…。
これ以上最悪の事態とならないことを願うばかりです。

よい旅を!
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1573-8d0261b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)