momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/06/05 シンデレラマン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
シンデレラマン、とうとう終わってしまいましたね。
最終回を観ましたが(字幕なしですけれど)、
なんだかあっけなく終わってしまったような気が・・・
清楚で可憐なユナのウェディングドレス姿も見たかったなぁ(*^^*)
とにかくハッピーエンドでよかったです♪

関連記事を! あらすじも含まれています。
(機械翻訳したものを手直ししました('〇';))

シンデレマン;デサンとユジン、きれいな愛でハッピーエンドで放送終了

MBCの水木ドラマシンデレラマンが、
デサンとユジンのハッピーエンドで終わりました。

4日放送されたシンデレラマンの最終回では、ユジンのコンテスト出場を邪魔するセウンの圧力にも関わらず、デサンの思いがけないいたずらからアイデアの得たユジンは、結局コンテストで優勝する。

独自ブランドを作りたがっていた父の意をくむため、ジェミンのソフィアでのデザイナーとしてのオファーを断ったユジンは、結局デサンと一緒に仕事をすることを決め、優勝を返上した。

一方ジェミンは、ソフィアショッピングモールの経営者入れ替えの件を通過させようと必死になるが、株主会議で、3%を持つカン会長がデサンを支持すると登場したユジンによって、もくろみは壊れ落胆する。

すまないと謝るユジンを見たジェミンは、自分がユジンの店が不渡りになるよう画策し、その結果ユジンの父を死に至らしめたことを告白、自ら成立することのない愛を整理する。

セウンは本来の溌剌とした姿に戻り、執着に近かった自分の気持ちを変え、悲しいけれどデサンとクールな関係に戻る。

しばらくの間難しい過程を経てきたデサンとユジンは、お互いの愛を確認し、東大門に残ったユジンとパリから帰国したデサンは、幸せな結末を迎えた。
またユジンのファッションデザイナーとしての能力は、パリでも認められ、デサンはユジンが海外でもデザイナーとして成功するように席を用意した。その後一緒にパリに発つことを計画する二人、こうしてドラマの最終回が終わった。
(2009-06-04 マイデイリー  ヤン・ジオン記者)



動画を見る!
(英語字幕がつくと思います)

第16話-1 第16話-2 第16話-3 第16話-4 第16話-5 第16話-6 第16話-7


第16話の動画は、こちらでも見られるかもしれません('〇';)(6月5日現在)
いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/140-83d2c903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)