momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/10/25 同伊(トンイ) COMMENT(16)  TB(0)  EDIT  TOP
残り1話となりました。

こうしてあらためてセリフを一つずつ訳してみると、
トンイのヨニングンへの思いも凄いものがありますが、
インウォンの存在も忘れてならないと…。
彼女の決断は、スクチョン・トンイの決断以上に偉大なものでしたね。

同伊第59話の詳しいあらすじはこちら!
タグ:韓国  ドラマ  あらすじ  同伊  トンイ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/10/26 (07:17) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/10/26 (09:33) * URL * 編集

いつもありがとうございます!

私も59話を訳しながら、いろいろと矛盾するところを見つけましたが、
それはもう許してあげることにしました(笑)
きっと時間が押して大変だったのだろうと…。

インウォンに関しては、最初登場してきたときにはどうなることかと不安を感じましたが、
次第に柔らかな表情になり、これはこれでよかったと一安心。
史実と照らし合わせるとかなり無理のあるストーリーではありましたが、
今視聴中のイ・サンの英祖を考えると、ピッタリハマる気がします。

日本での韓国スターに関するイベントは、普通では考えられない価格設定が普通のようですね。
以前大久保で、オム・テウンと温泉旅行みたいなポスターを発見!
1泊2日でしたが、何だかとっても高かった記憶があります。
それよりも、彼がそんなツアーを1ヶ月近くもやっていることに驚きましたけどね。
韓流スターも大変だなぁと…。

さて、これから同伊最後の翻訳仕上げます!

  * シナモン * 2010/10/26 (17:02) * URL * 編集

こんにちは。翻訳も残りあと1話ですね。
トンイが始まってからずっと続けていらした作業なので、これが終わってしまうと
本当に“燃え尽き症候群”になってしまうのでは・・・とちょっぴり心配です^^;
翻訳の作業に比べるのもおこがましい話なのですが、私は「テジョヨン」に激ハマリをし
全話見終えたとき“燃え尽き症候群”に陥ってました。
以来、そこそこ面白いドラマはあるのですが、あれほどハマッたドラマはなく、現在に至っています。
「テジョヨン」を見ていた時間は私にとって本当にかけがえのないものでした・・・
(って、ちとオーバーですね^^;)

59話を見直していないのですが、わかりそうな言葉でしたので書きとめておきますね。
語彙その他
1.兵曹参判(ピョンジョチャンパン)を略して「ピョンチャン」と呼びます。
2.原語を直訳すると「私の運勢が・・・」となり、自分の悪い運勢を嘆き悲しむ表現です。

 momochiさん、こんにちわ * yocchan * 2010/10/26 (17:17) * URL * 編集

59話お疲れ様です(^^)

僕は一足先にようやく最終話のあらすじ終わりました。
解らない事だらけでかなり端折りましたが・・・(><)
なんだか肩の荷が下りた感じでホッとしました(^^;)

しばらくは、youtubeの削除された動画の再アップと
momochiさんへの作業に徹して
その間は、気楽にバラエティの動画をアップしようかと・・・
そうこうしてるうちに新しいドラマが始まると思うので
それからあらすじを書こうかなと思ってます(^^)

残り最終話、頑張って下さい!momochiさんファイティン(^^)/ 

 Re: シナモンさんへ♪ * momochi * 2010/10/26 (20:28) * URL * 編集

いつもありがとうございます。

既にそのような症状が…^^。
何のドラマにも何だか集中できないままですよ。
成均館を見始めたら治るかもしれませんね。

テジョヨンというのは、歴代視聴率1位のあのドラマですか?
私もぜひと思っているドラマのひとつですが、かなり長かったような気が。
でも機会を見つけて必ず見ます。

情報もありがとうございました。
後ほど記事に追加させていただきます。

 Re: yocchan さんへ♪ * momochi * 2010/10/26 (22:16) * URL * 編集

お疲れ様でした!
大変でしたね、でもこれで少し時間ができるのかな^^

私も、残り1話をゆっくりと翻訳していますよ!
これで終わりかと思うと、さびしい限り。
何だかすべての力が抜けるような感じです。

私への作業はゆっくりで大丈夫です。
覚えてくださって本当にありがとう。
楽しみにしています。

今は、他のドラマのあらすじ作業に入る気力もなく、
同伊をもう一度日本語字幕でのんびり見ようかと思っています。
韓国語も真面目に取り組もうかと…。
バラエティも見たいので^^

yocchanさんもまた頑張ってくださいね。

 テ・ジョヨン * R.M. * 2010/10/27 (17:24) * URL * 編集

シナモンさんが‘溺れた’ドラマは・・・

134話ですよ! 高句麗の後を継いだ‘渤海’の話です。
なにしろ長~~いので私もまだ見てません・・・(ちょっとだけ)

高句麗のお話は‘朱蒙’~~これは短くて!!81話。

テ・ジョヨン役と朱蒙役の俳優二人が共演したドラマは‘海神’、
新羅末期の チャンボゴの話・・・

‘近宵古王’で百済の歴史~~もそろそろ始まりますね。

ドラマで歴史を知るのも乙なものですわ・・・時間が足りない!

 Re: R.M. さんへ♪  * momochi * 2010/10/27 (19:41) * URL * 編集

134話ですか…、…それは長いですね。
連続ドラマだったのでしょうか。

Viikiiの動画はもう壊れていたので、TSUTAYAで見たらDVD67枚でした。
見るときには相当な決意が必要かもしれません。

今は毎日千秋太后を視聴。
ミラノ旅行でしばらく休んでいる間に、大きく物語が展開していたのことにビックリ。
それ以後イマひとつ入り込めないまま、何となく見続けています。

今のうちに、手元にある「韓国時代劇カタログ」で勉強しておくことにします。

 テ・ジョヨン * R.M. * 2010/10/27 (21:26) * URL * 編集

You Tube に画像がありました・・・

ドラマの総画像がアップされているかどうかはわかりませんが
英語字幕つきです。ちょっとフォローしますわ。

Dae Joyoung SUBBED Episode 1 Part 1  で検索。


テ・ジョヨンの養父のドラマもありますね・・・100話!

연개소문 淵蓋蘇文

  * シナモン * 2010/10/28 (00:35) * URL * 編集

こんにちは。
「テジョヨン(大祥栄)」について、R.M.様がすべてフォローしてくださいましたね^^
あのチェ・チェロさんも(三国志の劉備・関羽・張飛のような関係の)主人公の義兄弟役で出ています。
むさ苦しいおっさん連中の中、ひときわ目立つ超・超・カッコイイ役です^^
長編なので見始めるのは気合いがいると思います。
またいつか建国ものの時代劇を渇望されたときにでもどうぞ・・・^^;

確かな記憶ではないのですが、歴代視聴率第1位はチョン・グァンニョルさん主演の
「ホジュン」だったような・・・?

 Re: R.M. さんへ♪ * momochi * 2010/10/28 (13:54) * URL * 編集

情報ありがとうございます。

これとviikiiを合わせれば、全部見られるでしょうか…。
後ほどチェックしてみますね!

 Re: シナモンさんへ♪ * momochi * 2010/10/28 (14:01) * URL * 編集

はい、いろいろとわかりました(^^)
チェ・チョロは、「パートナー」そして「同伊」といいイメージではなかったのですが、
先日の「千秋太后」でかなりファンになりましたよ。
「テジョヨン」ではそんなにカッコいい!?!
それはかなりまた刺激されちゃいましたね(^^)

気合いを入れて探してみます!

歴代視聴率、前から興味があったので調べてみました^^
ついでなので、記事にアップ!

テジョヨンは、最高視聴率30.8%だったとか…。
史劇では、シナモンさんの記憶どおり「ホジュン」が最高でした。

 なぜ子供となってトンイが… * momo * 2010/11/28 (01:47) * URL * 編集

こんばんは~
トンイが子供となって再び登場した場面は私も「?」を感じてましたが、解説を読んでやっと最終回を見終えたと実感しています。
史劇を観ていて面白いのは点と点、線と線が繋がることです。

「イサン」を先に観ていたので、「トンイ」は2倍楽しく観ることができました。
イサンでは粛宗が息子の(ヨニングン」を米櫃の中に閉じ込めて殺してしまうのです。
その哀れな父の姿を観ていたのがイサン”。イ
サンのお祖母さんは同伊となるわけです。
ドラマ「同伊」を観る限り、後にこんな事が起こるなど予想もつかないですよねぇ~。あの粛宗がヨニングンを~~

そして、「同伊」の終盤あたりから始まった」「成均館スキャンダル」でもイサンが登場し、貧富、身分差のない世を作りたいという父親から譲り受けた夢の実現を若い儒学生に託すのです。

「同伊」のラストで再びトンイを登場させた理由と、トンイの息子ヨニングンが、息子イサンに託した夢が重なり、思わずゾクットしました。

他の史劇ドラマにはトンイらしき人はほとんど登場してきませんが、イサンを後世に残した事は大きな功績だったと思います。

余談ですが、8月頃からでしょうか、同日の月火曜日に「同伊」「成均館スキャンダル」の動画を明け方にかけて観てたんですよ!
3か月近く、寝不足状態で目の下にくまがでたくらいです。(笑)

私的に史劇の中でランキングを付けるなら・・・1位だった「トンイ」を抜いたのは
たった20話の「成均館スキャンダル」でした。(^^;

今は歴史”の勉強で頭ごちゃごちゃです・…笑、、、、

 Re: momoさんへ♪ * momochi * 2010/11/28 (10:17) * URL * 編集

私もイ・サンは駆け足で全話視聴しました。

http://hanryumomo.blog34.fc2.com/blog-category-73.html

途中少々中だるみを感じることもありましたが、最後まで楽しく見たドラマです。
そしてやはり」「成均館スキャンダル」がおススメなのですね^^
皆さんそうおっしゃるので、見なくてはと思いつつそのまま…。
早く見なくちゃいけませんね。

さて、イ・サンの登場人物についてまとめておきますね。

>イサンでは粛宗が息子の(ヨニングン」を米櫃の中に閉じ込めて殺してしまうのです。

米櫃に閉じ込められたのは、思悼世子(サドセジャ)です。
トンイでオクチョンの息子だった世子が粛宗の死後、景宗となり、
その景宗の死後、トンイの息子のヨニングンが英祖となります。
その英祖がサンの祖父であり、思悼世子(サドセジャ)を米櫃に閉じ込めるのです。
イ・サンから見ると、粛宗とトンイは、曾祖父・母にあたりますね。

一気に視聴するのは疲れますね。
イサンマラソンでは、私もヘトヘトになりましたよ。
でも、成均館だけは必ず見ます♪



 頭こんがらがって… * momo * 2010/11/29 (15:00) * URL * 編集

笑>笑>博士さん、 私、完全に頭こんがらがってしまったようです。(笑)

オクチョの息子(サドセジャ)は持病があったので、王にならずに死んだと勝手に思いこんでいました…(^^; 

歴代王の年表を頭に入れないと・・・またお勉強しま~す (笑)

ありがとうございました!!

 Re: momoさんへ♪ * momochi * 2010/11/29 (15:49) * URL * 編集

私もしょっちゅう混乱して、皆さまから間違いを教えていただいています。
何と、ウォンビンをヒョンビンと書いてしまったり…(^^;)

イ・サンの祖父英祖(ヨニングン)については、こちらに詳しい情報が。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E7%A5%96_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%8E%8B)

それとオクチョンの息子は粛宗の世子で、サドセジャ(思悼世子)はトンイの孫、英祖の世子です。
英祖は、自分の世子を米櫃に入れて餓死させたことを悔やみ、
後に「思悼(サド)」と名付けたのだとか…。

何度もすみません(^^;)
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1348-79dc61a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)