momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/10/22 同伊(トンイ) COMMENT(14)  TB(0)  EDIT  TOP
57話が終わり、残り3話となりました。
余韻にひたりながら、のんびりと作業しております。

同伊第57話の詳しいあらすじはこちら!
タグ:韓国  ドラマ  あらすじ  同伊  トンイ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/10/22 (18:18) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/10/22 (22:20) * URL * 編集

お疲れ様でした!
でも楽しまれたようで何よりです。

早速動画を見ました!
すごいですね、携帯での撮影…(^^)

日本でのトンイの放映は、KNTVという有料チャンネルですので我が家も見られません^^
韓国の史劇をほとんど見ている親友は見ているようですが、
特に感想は言って来ませんね(^^)
今度聞いてみます。

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/10/24 (07:58) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/10/24 (10:25) * URL * 編集

翻訳すること自体はあまり大変ではないのですが、
明らかに違うとわかっても、それを自分で解決できないストレスはかなりありますね。

現代ドラマと違って、名前の前後に官職名があることも大変…。
韓国語がわからないのに、会話の上下関係を明確にしなくてはいけないことも大変…^^

その都度入力する手が止まり、調べるのにかなりの時間を費やしてしまいます。
その点現代ドラマはだいぶ楽ですが、
逆に最近は翻訳する意欲がかなり失せてしまいました。

どうも辛いほうが性に合っているようです(笑)

ラブレターもありがとうございました(^^)
早速機械で訳しましたよ(笑)

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/10/24 (23:00) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/10/25 (03:22) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/10/25 (04:45) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/10/25 (09:25) * URL * 編集

本当にありがとうございました。

あちこち修正、そして情報アップしました。
お疲れ様~~~~~!!!

 あと残り3回の放送ですね♪ * 駿河の海老太郎 * 2012/06/03 (18:57) * URL * 編集

こんばんは、momochiさんv-237

あと残り3回となりましたね。仁元王后が新たな中殿となり、何やら同伊と対決モードになってきましたしね。あの女優さんは、眼つきがきついですわ。

最終回の日は、事前のお別れ特番があるようですし、楽しみにさせてもらいます!

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/06/04 (01:40) * URL * 編集

まだまだ先かと思っていたら、あっという間にここまできたのですね。
何しろ私は見ていないものですから(・・;)

お別れ特番があるんですか!?!
どんな内容なのか、気になりますね。
それだけはちょっとチェックしてみようかと思います。

ラスト3回、楽しんでください!

  * 駿河の海老太郎 * 2012/06/04 (23:36) * URL * 編集

こんばんは、momochiさんv-222

ところで女性の立場としてお聞きします!
同伊は淑嬪まで上り詰めます。仁顯王后が亡くなると中殿の座が空位となり、淑嬪は粛宗から「中殿にならないか?」と打診を受けます。宮殿内の重臣たちは「賎民出身の王后なんて、前例がない!」という南人派と「内命婦のことをよく知っている淑嬪がいるじゃないか。昇格させればいい。」という西人派に真っ二つに割れてしまいます。結局、淑嬪は粛宗の打診を断るわけですが…。

momochiさんだったら、どうされます?淑嬪は、欲がなかったのかな?という気もしますけどね。中殿になってしまえば、あの仁元王后と出会うことはなかったでしょうに…。

>お別れ特番があるんですか!?!
http://www.nhk.or.jp/bs/lineup/pdf/bspremium_thismonth.pdf
番組表ですが、17㈰の黄色の部分を見てくださいね。

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/06/05 (12:20) * URL * 編集

イ・ビョンフンのドラマはかなり脚色されていますから、
実際のところ、どの程度同伊が粛宗から寵愛を受けていたのかわかりませんが、
後の英祖の功績を見る限り、賢い女性であったことは推測できます。

長く王室、朝廷を見ていれば、自分のような賎民出身の女が中殿になったら、
その後、どれほどもめごとの種となり、責め続けられるかわかっていたのではないでしょうか。
決して欲のない女性だったとは思いませんし、チャン・ヒビンのことを告げ口したのも彼女…。

もし自分の息子のクムが世子だったら、何が何でも中殿になったでしょうね。
中殿のときには立場が悪くても、粛宗の後に息子が王になれば大妃となり力を持てますからね。

ただうろ覚えですが、粛宗は、チャン・ヒビンを死罪にした後、
側室が王妃になれないよう法を定めたことについて、
ドラマでは、同伊の意を汲んでとありますが、
実際は、悪女チャン・ヒビンに懲りたからではないかと…。
私の中では、同伊はなりたかったけれどもなれなかったということだったと解釈しています。

歴史学者のキム・ジョンソン氏の「史劇で歴史を読む」にもこんな説が。

中殿に無関心な同伊?チェ・スクビンは違った
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001445474&PAGE_CD=N0550

スペシャル番組の情報をありがとうございました。

 またまた番組情報です♪ * 駿河の海老太郎 * 2012/06/09 (03:13) * URL * 編集

こんばんは、momochi媽媽~v-237

いやあ、それにしてもv-279ですね。昨夜は、本当にひどかったですけど。いよいよ梅雨入りですね。

ちょっと先走りさせてもらいますv-363
同伊を視聴されている方は、そのまま「王女(公主)の男」に移行されるだろうと決めつけまして…。

kilakilaというBloggerの方からの情報です。
http://ameblo.jp/surfhonu/entry-11267419194.html

NHKのHPとかも探しておきましたので…。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-06-09&ch=21&eid=1796

http://www.nhk.or.jp/bs/lineup/pdf/bspremium_thismonth.pdf

要するに「王女(公主)の男」の事前特番があるということです。
またキャストが来日しているようですが…。本日の番組開始までに上記HPを閲覧してくださることを願います。CSとかで見られた方は復習のような感じになるんでしょうけどね。

放送に間に合ってくれるといいんですが…。

 Re: 駿河の海老太郎 さんへ! * momochi * 2012/06/09 (09:29) * URL * 編集

いつもいろいろと情報をありがとうございます(^^)

「王女の男」は、韓国放映当時、2話でリタイアしたドラマです。
この架空の物語、ちょっと面白そうに思ったのですが、
「王と妃」とのあまりのイメージの違いに、どうにも気持ちが入りませんでした。
ムン・チェウォン以外のキャストにも苦手な俳優さんが多くて…。
「王と妃」や「王と私」のように歴史的な勉強になるようなドラマなら、
キャストなど関係なく見られるんですけどね。

序盤は一桁台の視聴率でスタートし、後半は盛り上がって23%くらいまで伸びたようです。
一時30%を超えた「同伊」も、最終話は22%でしたから、
それを上回ったということになりますね。
このブログにも、思っていたよりは面白かったという意見が多かったかな^^。

パク・シフファンはとても多いですから、
そういう方はみなさんご覧になるのでしょうね。

せっかくの日本語字幕版を見る機会だから見てみようかという気持ちと、
まぁいいかという気持ちが半々です(・・;)
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1336-5abd1906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)