momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2010/09/13 同伊(トンイ) COMMENT(10)  TB(0)  EDIT  TOP
頑張って49話もアップしました~~♪
もう50話の作業に取り掛かっています。
今夜に間に合うかどうかは、あまり期待しないでください(^^)

同伊第49話の詳しいあらすじはこちら!
タグ:韓国  ドラマ  あらすじ  同伊  トンイ  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/09/14 (07:34) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/09/14 (11:49) * URL * 編集

いつもありがとうございます。
早速記事に情報を追加しました。

インヒョンは、本当に模範的な王妃だったのでしょうね。
今、BSで「チャン・ヒビン」をここ何回か続けて見ていますが、
こちらのインヒョンは、さらにパワーアップした優等生!
ヒビンのことをあれこれ言ってくる淑儀チェ氏をいつも諫めています。

昨日も、自分の内人がヒビンに鞭で叩かれているからと
インヒョンに助けを求める淑儀チェ氏に、
「自分の内人なのだから、まずは自分で行きなさい!」と毅然とした態度のインヒョン。
仕方なく、自分でヒビンの宮殿に行くスギチェ氏なのでした(^^)
こっちのトンイは、自分ひとりで勝手な行動など決してとりません(笑)

キム・ヘスの禧嬪(ヒビン)は、気分が悪くなるほどの悪女。
自分の尚宮ですら、信頼関係が築けていない模様。
チョン・グァンリョルが出ているからと、ちょっと期待して見たのですが、
キャスティング、セットなども含めて、いろいろ目に付くところがありますね。
重臣なども、赤服なし、全員が同じ色…。
尚宮や内人の衣装もかなりチャチですが、
キム・ヘスだけが、いつも違う衣装をいていたりと(^^)

題材が同じドラマを同時に見ると、脚本・演出、そして演じる役者によって
こうも違うものかと改めて驚かされます。

ちょうどこちらも巫女が宮殿に神殿を作るところ。
まずは手始めに、クムを呪うようです^^
さらにこちらでは、トンイの父も生きているようで^^

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/09/14 (18:35) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/09/14 (22:33) * URL * 編集

いつもありがとうございます。
それにしても、知識の豊富さに脱帽。
それも、日本語とは遠く離れてすごしていらっしゃるのに^^
鳥取、どんぐりのことも全然知りませんでしたよ。
またひとつ勉強になりました。

チャン・ヒビンは、出演している役者さんは凄いのですが、
ちっとも好きになれないドラマです。
見なくてもいいかなと思いつつ、ついチャンネルを合わせてしまって^^

イサンは、週2話の放映が待ち切れず、とうとう動画で見始めてしまいました。
展開は遅いし、暗いし…。
でもあの厳つい容貌のイ・ソジンは、よくあの気弱なイ・サンを演じているなぁと
ただただ感心しながら見ています。
ハン・ジミン(ソンヨン)、イ・ジョンス(テス)は鼻につきますが。
同伊のテプン同様、イ・チョンナウリがやはり好きになれず^^
ビョンフンドラマには、こういう人物は必須なのでしょうか。

イ・サンのポスターでイ・ソジンを見て、
どうも好きになれないと勝手に判断して見なかったドラマなのですが(^^)
何より、英祖の言動から、同伊のクムと重ね合わせたりして楽しんでいますよ。
なかなか立派な王だったようですね。

同伊のキャスティングは、何よりも周辺の人達が素晴らしいです。
尚宮達、そして内官、重臣に至るまで、
私が今見ているドラマのどれよりもこだわりが感じられ、受け入れられます。

テプン親子は、最初から肌に合わず…^^
楽しみな同伊も、彼らが出てくるとセリフを訳す気力が失せてしまって。
遠く日本から、ビョンフン監督にこの気持ちが届けと、セリフは省略しています(笑)

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/09/15 (17:32) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント Rさんへ♪ * momochi * 2010/09/16 (08:33) * URL * 編集

私もまったく同じです。
小さい頃から、興味がわくとそれに没頭!
そうでないことは、一切頭に入らず…。
ですから、「そんなことまで知ってるの~~?」と感動される一方で、
「そんなことも知らないの…。」と驚かれたり(^^)
そういう性格は、この年になっても変わりません。

PCが市場に出たときにも、真っ先に飛びつきました。
娘がまだ1、2歳の頃で、価格も今の5、6倍もしたのに…。
結局それがその後の仕事になりましたけど。

アーサー・C・クラークは、私にとっても神のような存在!
1960年代にあの名作を発表した彼は、2001年をどのような気持ちで迎えたのか。
次作の2010年を待たず亡くなられましたが。
あの映画に感動したのは同じでも、受け止め方はいろいろですね。
あれによって、さらにPCへの好奇心が倍増した私です^^
もちろんどちらの小説もハードカバーで買いましたよ!
友人の中には、自分のPCにHALと名前を付けたものも…。

でもまだPCやインターネットが普及する前に留学したときと、
今を比べると、この利便さは何物にも代えがたいですね。
お陰で、遠い異国のRさんともこうしていろいろ話ができるわけですから^^
今では、スカイプにはすっかりお世話になっていますよ。

ここまで自分が朝鮮の歴史にのめり込むとは思いませんでした。
同伊がきっかけであることは間違いありません。
何より先に言葉と思いつつ、いろいろな本を読み漁ったり…。
今は、この本に夢中です!
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%9C%9D%E5%AE%AE%E4%B8%AD%E9%A2%A8%E4%BF%97%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E3%81%A8%E6%96%87%E5%8C%96-%E9%87%91-%E7%94%A8%E6%B7%91/dp/4588080296
これは本当に面白いです。

本当にもう残りが少なくなって…、寂しい限り。
ここまで頑張ってこられたのも、Rさんをはじめとする応援団のお陰です^^
あらすじは遅れますが、27、28日はミラノで見ますよ(笑)

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/09/16 (17:54) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: 非公開コメント R さんへ♪ * momochi * 2010/09/16 (19:55) * URL * 編集

本当に面白いですよ。
宮中研究を30年続けてきた著者が、15年かけて書きあげたのだとか。
高宗の側室2人、そして数名の尚宮からも直接何度も話を聞いたそうです。
その今となっては貴重な聞き書きをまとめたものは、ある意味宝物のようなもの。
粛宗や英祖のエピソードなども書かれています。

買うときには多少躊躇したこの値段も納得できます。
ハードカバーで4センチくらいの厚さ^^
Rさんなら、読みふけること間違いなしです(^^)

 管理人のみ閲覧できます * - * 2010/09/17 (22:33) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 Re: R.M. さんへ♪ * momochi * 2010/09/18 (10:30) * URL * 編集

はい、何となくバタバタしております!

Rさんの頃とは比較にならないほど近くなったヨーロッパですが、
それでも一緒に買い物に行けないので、
当日着る服などもスカイプやネットサイトで一緒にチェックしたり…。
持って行ってあげたいものも、すべては無理ですので今はそれを整理中です。

今回は、役所での簡単な式、それでもあちらの両親があれこれと準備をしてくれているようです。
なんだか結構大げさになりつつあり、来年春の式・披露宴はどうなることかと
今から不安がよぎりますが、もう私は日本にいるから仕方がないと割り切って^^
すべてお任せすることに。
ノー天気な娘は、リラックスして毎日を過ごしているようです。
まぁアメリカ生活が長かったこともあるのでしょうけれど…。

最近は、なかなか手にする機会が減りましたが、
娘が小さいころ、家でSFを読み漁っていた時期がありました。
私の周囲には、そういったタイプの人間が多かったので特に違和感はありませんでしたけど。
またいろいろと懐かしく思い出しましたよ。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1270-f52aef6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)