momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


僕の彼女は九尾狐 ドラマ詳細はこちら!

第10話 9月9日放送  視聴率 12.3%(TNS全国版)

関連ニュース!
九尾狐、人なるために必要なことは何?
愛か人か…シン・ミナの選択は?
九尾狐よりきついパク・スジン、暴行から脅迫まで
シンミナ、 "デウンが去る嫌い"大泣き'視聴者も泣いた'
イ・スンギ、"死ぬほど会いたく"泣くミホなだめ'感動告白'
シンミナパーティーの準備のシーン、映画プリティウーマン
ハッピーエンドして欲しい、視聴者のリクエスト殺到
パクスジンのシンミナ失脚..視聴者たち'怒った'

さて、第10話!
今回も見所一杯で楽しめましたね。
視聴率は、少し下がって12%台に。
それでもあのキム・タック相手に頑張っていると思います。

ヘウンに自分の秘密のことで脅され、一旦はテウンの傍を離れるとことを決意したミホ。
しかし、「嫌だ~~!」とまるで子供のように号泣するミホ…。
突然のお天気雨を見たテウンは、とうとう彼女に「会いたい!」と告白します。

このままうまく進めてくれればいいのに…とこちらは思いますが、
それじゃドラマにならない^^
ヘインとドンジュは、二人が離れるべきいろいろな状況を設定してくれます。
それにしても、ドンジュ先生のヘアースタイルって…^^。

パスカップルは大きく進展!!!
今回も楽しませてくれましたね。
こんな愉快なカップルがいるのに、サッドエンディングはあり得ない!
私はそう信じているのですが、どうでしょうか。

楽しい脚本を提供してくれているホン姉妹についての特集記事がありました。

[ホン姉妹リポート①]ホンジャ切符販売ドラマにはこれ必ずある!
[ホン姉妹リポート②] '僕彼女'視聴率低調?!…ホン姉妹歴代視聴率は?
[ホン姉妹リポート③] '僕彼女',頻繁な広告とカメオでストーリー萎縮

さてさて、衝撃的なシーンで終わった第10話!
来週も楽しみですね。

今日も、「イ・ソンヒ:私の愛する人」を♪








レビューはこちらで!
チャイミのベッドストーリー:第10回


動画を見る!

ViiKii僕の彼女は九尾狐チャンネル 
※ こちらは一般のIDでは視聴できません。

Jacinda Entertainment僕の彼女は九尾狐(中国語字幕)
※ 動画アップは少し遅いです。

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント

  * シナモン * 2010/09/11 (16:23) * URL * 編集

こんにちは。
ミホとテウン、二人の仲が接近するにつれ、ヘインとドンジュ先生らの思惑が絡んできて
ややこしくなりますね。
ミホはまたまた大ピンチ!一体どうなるのか、早く来週になってほしいです~。

お待ちかねの「パスカップル」大爆笑でしたよね~。
男のロマンを捨て、愛を選んだ監督。素晴しかった!
授賞式で監督からのラブアイコンを見たミンスクおばさん、テレビの前で思わず失禁・・・
いえいえ、失神しそうな感激ぶりでしたね!
しかしなんと言っても、今回最大の見せ場は「ミンスクおばさん、ユンファになる」でしょう~。
監督のすべてを理解してあげたミンスクおばさんに大拍手です^^

ホン姉妹のリポート記事も興味深く読ませていただきました。
ビョンフン監督の記事などでもよく見かけますが、いい意味でのワンパターン化された展開を
どこまで許容できるか・・・
それは視聴する人それぞれに委ねられるポイントですよね。
マンネリに感じるときもあれば、逆に、だからこそ安心して見ることができる場合もありますしね。
ドラマ王国の韓国は視聴率至上主義みたいなところがあるから、役者さんや制作に携わっている人たちは本当に大変でしょうねぇ。

 Re: シナモンさんへ♪ * momochi * 2010/09/11 (22:32) * URL * 編集

本当に、ヘインとドンジュは二人で・・・カップルにでもなってくれないかと^^
ヘインは、役についてとテウンについての嫉妬ということで
まだわからないでもないのですが、
ドンジュの真意はどこにあるのかがよく掴めません。
毎回少しずつ彼の口からチョロチョロと秘密が漏れてきますが、
最終的にどうするつもりなのでしょうか…。
彼には何か絶対的な自信があるようで、
あまりオタオタしないところが返って不気味ですね。
本当に先が気になって仕方ありません(^^)

パスカップルは、本当にいいですね。
監督の授賞式でのパフォーマンスもよかったし、
そのラブコールに対するミンスクの返礼…、まさかこうくるとは(^^)
来週は何をやらかしてくれるのでしょうか、これまた楽しみ♪

ドラマに関してこれほどの量のニュース記事が掲載されることにもビックリですが、
それだけ韓国のドラマに対しての関心が高いということなのでしょうね。
人はそれぞれ好みが違いますから、肯定もあれば非難もあるのは当然のこと。

もう昔のようにテレビの前に座って見る人ばかりじゃないし、
あまり数字や批判にとらわれることなく、
しっかりと楽しめるドラマ作りをして欲しいですね。
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/1262-705430f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)