momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/06/01 華麗なる遺産 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
華麗なる遺産 第3話 2009-05-02放送 視聴率15.9%

あらすじ

ウヌがいなくなったと連絡を受けたウンソンは、ヘリと一緒に探しまわり、警察にも行ってみるが、ウヌは見つからない。生きた心地もしないまま夜を明かすウンソン。
そのころソンヒは、記憶力がよくなんでも覚えているウヌに、決してウンソンやソンヒの電話番号を言わないよう言いくるめ、ある孤児院の前にウヌを置き去りにする。
ウヌが見つからないウンソンは、以前の家に戻ったのではと電話をするが、家にはもうつながらず、不審に思う。
その頃、ソンヒの家では、黙って携帯の電話番号を変えられたスンミが、母親と言い争っていた。ソンヒは、ウヌに連絡されることを恐れ、夜の間に自分と娘の携帯を新しくしていたのだ。

ファンの祖母スクチャは、テス理事からファンのことを聞き、ファンの働く店に出向いてみる。そこで聞く救いようのない事実・・・店長を殴り、店の備品を壊し、損害を与えたということ・・・に驚かされるのだった。
母親の言うとおり一応大学に行ったスンミは、バイクで迎えに来たファンとドライブに出かける。
回想シーン・・・
高校時代のスンミ、父親がいないことでいじめられるが、そこにファンが助けに来る。傷つき泣いているスンミに、ファンは、自分も父親がいない、またいじめられたら、ファンが兄だと言えばいいと慰める。
(ファン、初めていいところを見せましたね^^)
が、そこに祖母のスクチャから電話が。
家に戻ったファンは、祖母から強く叱られ、殴った店長に謝罪してくるよう命じられる。

その頃、ウンソンは必死でウヌを探していた。元の家、ピアノ教室・・・しかしどこにも見当たらないウヌ。
ウンソンに新しい携帯を買ったチュンセは、クラブを訪ねてみる。そこで、ウヌが行方不明になったことを聞き、ヘリの家を訪ねて行った。そこへ帰って来たウンソンは、過労のため彼の目の前で倒れてしまう。チュウンセは、ウンソンを抱えヘリの家に行き、携帯を渡して名前も言わずにそのまま黙って去っていく。
翌日目覚めたウンソン、携帯をヘリからもらうも、その男性が誰なのか見当もつかない。
翌朝再びウンソンを訪ねるチュンセは、ウヌのような子が預けられそうな施設のリストを持ってきた。
少しかたくななウンソンに対し、兄と思ってくれと話すチュンセ。
その頃、父ピョンジュンは、スクールバスを降りてこないウヌを案じ電話をし、ウヌが学校に行っていないことを知り愕然とする。
チュウンセは、ヘリに自分のお金だとは言わずに渡してくれるように頼む。
そのお金を受け取ったウンソンは、今更ながらお金の怖さを知ったとヘリに話すのだった。
新しい住まいを捜すウンソン、そこへウヌの捜査用のチラシを作ったチュンセがやって来る。ウンソンは彼の行為を素直に受取り、一緒に買い物に出る。
一方、祖母からきつく言われたファンは、働いていた店の店長を殴ったお詫びに、医療費を払いに行くのだが、店長は金は受け取らず、代わりに誠意をもって謝罪するようファンに言う。
そんなことはできないとばかり、金を投げつけその場を去るファン。
(まったく最悪ですね^^)
その報告を受けたファンの祖母スクチャは、ファンを殴り、その嘆きを執事のソンチョルに話すのだった。部屋に戻ったファンは、こんな仕事はもうたくさん、自分が死んだらこんな稼業は継がずに売り飛ばすと豪語、祖母のスクチャは、それをドアの外で聞いていた。
餃子を街頭で売ることにしたウンソン、早速商売を始める。
そこへやってきたスクチャ、元気に餃子を売るウンソンを見て、自分の若き頃を思い出すのだった。そしてそのまま若いころの思い出のまま、息子を追いかけだすスクチャは、階段から転げ落ち気を失ってしまう。それを見つけたウンソンは、彼女を病院へ連れて行くが、スクチャの記憶は定かでなく、警察に任せようとするが・・・


動画を見る!(英語字幕)

第3話-1 第3話-2 第3話-3 第3話-4

第3話-1 第3話-2 第3話-3 第3話-4 中央の赤いボタン、次に緑のボタンを押します。

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。
いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
コメント
コメントする * * *   












      
トラックバック
トラックバックURL
http://hanryumomo.blog34.fc2.com/tb.php/125-77ff1d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)