momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


| HOME |
2010/08/20  COMMENT(6)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日でフジTVで放映中だった「宮~Love in Palace」が終わりました。

ドラマ詳細はこちら!

最初はぎこちなさを感じた三人(シン君、ユル君、チェギョン^^)の演技も、
後半になってどんどんよくなってきたのが印象的。
でもユル君に比べ圧倒的にシン君の演技のほうに成長がみられたような…。
役柄のせいでしょうね、きっと♪
絶対ユル君派だと言いきっていた私の気持ちも、かなり揺れ動きました。
でもやっぱりユル君のほうが好きかな…(笑)

楽しく見てきたこのドラマも、後半はかなりドロドロの展開。
おそらくノーカット版ではないからだと思いますが、
ヘジョン宮の動機も今一つ理解できず。
ユル君も、あそこまで執拗にチェギョンを思い詰めるには、顔が優しすぎ^^
そして最終回は、取ってつけたような終わり方に一瞬ポカン…でした。
23話まではかなりよかったのに、それだけが残念。
皇太子妃の海外渡航先がマカオと言うのも、なんだかしっくりこなかったかも。
それでも十分楽しめましたけどね。
きちんとノーカットでもう一度見たいと思います!

皇太后役のキム・ヘジャがよかったですね。
彼女が出ているとその場面が引き締まる感じ、圧倒的な存在感です。

タグ:韓国  ドラマ    

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2010/07/22  COMMENT(8)  TB(0)  EDIT  TOP
19日からフジテレビで始まった「宮」、毎日録画して夜中に主人と二人で視聴しています(^^)
何とか彼を韓国ドラマに引きずり込もうと一生懸命な私に、
1話だけは見るものの、あれこれ難癖をつけてストップしてしまう主人…。
ここまで物語が漫画的だと何も言う気にならないのか、
何ともう既に3話も一緒に見てくれています!(笑)
(ちなみに彼は映画学科の出身です^^)

イサンもそうですが、劇中にふんだんに宮中用語が飛び交うこのドラマも、
現在「同伊」にハマっている私にはとても興味深いもの。
セットの豪華にも驚きました!
出演陣には、今のところまだ誰にものめり込めずにいますが、(^^;)

そうそう、善徳女王の母が皇太子シン母を、ユシン母が皇太子妃チェギョン母ですね^^

「同伊」、「悪い男」、「キム・タック」、そして「イサン」と
陰謀、復讐ばかりが渦巻くドラマを見ているので、
ただ笑って見られるこのドラマはとても新鮮に感じます。

20100722-1.jpg
宮(クン)
韓国語名: 궁  英語名:Goong、 Princess Hours
2006年1月11日~3月30日 (全24話) 

MBC公式サイト  MBC日本公式サイト  フジテレビ BSジャパン BS日テレ

ストーリー!
王室の厳格な規律を嫌い、冷淡な性格の皇太子シン(チュ・ジフン)は、恋人であるヒョリン(ソン・ジヒョ)にバレリーナの夢を理由に結婚を断られる。そんな中、先代皇帝が交わした約束により、一般庶民のチェギョン(ユン・ウネ)と結婚することに。
賑やかな家庭環境の中で健やかに育ったチェギョンにとって厳格な皇室生活はまさに牢獄。全く正反対の性格のシンとの喧嘩も絶えず、ボロボロになりながらもシンを想うチェギョン。一方シンはヒョリンとの関係に悩み、皇位継承第2位のユル(John-Hoon)との対立が絶えない。ヒョリンは、王位の座とともにチェギョンの略奪を試みるユルと二人の間を引き裂こうとするが…。

動画・その他を見つけたら後日アップします!
タグ:韓国  ドラマ    

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ