momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


| HOME |
--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
先日、名前の発音についてコメントを頂きました。
とても興味深い内容でしたので、記事にしておきます!
スポンサーサイト
タグ:韓国語  発音  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマのあらすじを書いていると、いろいろとわからないことがあります。
いや、実はそっちのほうがはるかに多いのですが。

特にわからないのが、呼びかけの言葉。

日本なら、父さん、母さん、兄さん、姉さんと、それでOK!
もちろん、丁寧な言い方だったり、そうでない場合と、いろいろありますが、
それでも、お父様も、父ちゃんも、基本的には意味は一つ!

ところが、韓国語になると、その関係から呼び方が全然違ってくるのです。
韓国ドラマを見始めて、それぞれの関係によって、呼び方が違うことを知りました。

今あらすじを書いている、「1000万回愛してる」の中でも、
いろいろと日本では使わないような呼びかけの言葉が登場します。
英語字幕から訳している私が、一番困るのがその点でした。

例えば、「our brother-in-law」にしても、そのままなら、「私達の義理の弟」ですが、
普通日本では、そんな言い方はしませんから、そのまま書いてしまうと、とても不自然。

実際の発音をそのまま書けば、一番いいのですが、
残念ながら、私にはその知識がない・・・。

この半年ほどずっと気になっていたこの家族の呼び方。
時間があるときにということで、しらべたことをメモしておきます。
(ネット情報、韓国語辞典、手持ちの参考書からの抜粋です)

間違い・追加など、お知らせいただけると嬉しいです。
タグ:韓国語  家族  呼び方  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ