momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


| HOME |
2009/08/14 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
partner.jpgパートナー 第16話
8月13日放送 視聴率 12.0%(TNS・全国)

関連ニュース!
イハニ,未婚の母なるか?
愉快反転'パートナー',遵守した視聴率で'有終の美'
'パートナー'痛快な反転劇で幕を下ろして


とうとう終わってしまいました。
最後の2話は、特に盛り上がり、いいドラマだったなぁと^^
視聴率も最後は12%と頑張りました(*^.^*)
最初からチンソンとの問題に絞ったほうが、よかったのに・・・。
まぁ他の事件もそれなりに、面白かったんですけど、
余計な話を省いて、どれかに的を絞ればもっと盛り上がったのではないかと。
ハンノとジュンの著作権のエピソードは、いらなかったですよね。

メインキャストに抜擢されたイ・ハニさんにも、
もうちょっと頑張って欲しかったです。
キム・ヒョンジュさん、イ・ドンウクさん、チェ・チョロさんが
それぞれの役どころをしっかりと演じていただけに、ちょっと残念。
でもとても素敵な女優さんなので、これからに期待したいと思います。

後半チンソンの話になってからは、完全にドラマに入りこみました。
できれば、ジョンウォンを追って、ヨンウには最後に空港に行って欲しかったなぁ。

さて来週からは、お嬢さんをよろしくがスタート、こちらも楽しみです♪


動画を見る!(英語字幕)

第16話-1 第16話-2 第16話-3 第16話-4 第16話-5 第16話-6 第16-7 第16-8

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
留置所に入れられたテジョと面会するウノ。
「私はイ・テジョの事件の弁護士、カン・ウノです。」
テジョは誰か他の人をと言いますが、ウノはこう言います。
「何があろうと、私が担当します。私は信じていますから。」

<パートナーファイナル:最後の裁判 No.2>
こうしてテジョの裁判が始まりました。入廷するテジョ。

ヘユンの部屋でハンは、ジンピョとヨンウにSDカードを見せ、こう言います。
「あなたの次男はこれで私をもて遊ぼうとしたが、捕まってしまった。この中身は、チンソンとあなたの事務所を脅すのに十分な内容だ。」
「あなたの事務所?」とヨンウ。
「ヘユンは正しいことをしてきたのなら、事がここまで悪くなりましたか?」
「私は力ずくでこれを彼から取り上げたと聞きました。彼を本当に虚偽の殺人の罪で訴える必要があるのですか?」ちジンピョは訊ねます。
「あなたからそんなことを聞くとは意外ですね。誰が彼を虚偽の殺人で訴えるのですか?はっきりとした目撃者がいるんですよ。」

法廷で、最初に検察側が証人に尋問します。
「あなたはキム・ウシク氏と親しくしていましたか?」
「私は彼をよく知っていましたが、彼の方は私をよくは知らなかったと思います。彼は近所でも有名な秀才で、最後には弁護士になりました。彼は一度会った時、私を兄さんと呼んでくれましたが、それだけです。」
「あなたはそれほど親しい関係ではなかったということですね。それを目撃した時、あなたはどこにいましたか?」
「通りの反対側のビルにいました。」
「それは、すぐ死体で見つかったキム・ウシク氏に間違いありませんか?」
「はい、間違いありません。彼は黒いスーツの男と一緒にいました。彼らの関係はわかりませんが、二人は激しく喧嘩をしていました。どんどん彼らは興奮してきたので、私はそれをずっと見ていました。そのうち、黒いスーツの男が、彼の襟首を掴むと手すりのほうへ彼を押したんです。私は危ないなと思いながら、その場所を離れました。」
「ではなぜ5年も経ってから、警察に見たことを話したのですか?」
「私は5年経ってから、ウシクが死んだことを知りました。私が彼を見たあの日のあの時間、そしてあの屋上から彼が落ちて死んだということを聞いたんです。私はショックを受けました。それで私は、私が彼を見た直後に死んだんだと思ったんです。」
「あなたはその黒服の男をはっきりと見たんですね?」
「はい。私は彼を見ました。」と言う証人。そして、その悪魔のような表情でウシクを殺した男は彼ですと、証人はテジョを指さします。「彼に間違いありません。」と。

ヘユンの部屋の3人。ハンは、ジンピョに訊ねます。
「我々を助けますか、それとも?」
「普通の家庭とは違っていても、テジョはまだ私達の家族です。」とヨンウ。
ハンはさらに「ヘユンを危機にさらすか、生き残るか?どっちなんですか?」と。
「申し訳ないが、私達がここまで登りつめるのに、どれだけの血を流して来たと思っているのですか?あなたの傲慢さはもうたくさんだ。もはや私はあなたを恐れはしない。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/08/13 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
partner.jpgパートナー 第15話
8月12日放送 視聴率 10.1%(TNS・全国)

関連ニュース!
最終 2回残しておいて,イ・ドンウク被告人で法廷に...

第15話のいつもとは全く違うオープニングに驚かされた私。
テジョが殺人の疑いで法廷に立つというシーンのようです。
そして、画面には「パートナーファイナル!最後の裁判No.1」の文字。

ウノとテジョは、チンソンとヘユンに宣戦布告!
ジョンウォンは、お腹にヨンウの子供が。
こんなに盛り上がってきたのに終わりだなんて、寂しい限りです。
さぁ残り2話、思い切り楽しんで見ようっと。


動画を見る!(英語字幕)

第15話-1 第15話-2 第15話-3 第15話-4 第15話-5 第15話-6 第15話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
法廷で裁判の開始を待つウノ。
「私の依頼人は、私のパートナー!」

<パートナーファイナル:最後の裁判 No.1>

テジョはマンソンと電話で話します。マンソンは、
「チンソンとヘユンは、どうしてもその土地を諦めることができないんだ。」
「他にゴルフ場用の土地がみつけられないのか?」とテジョ。
「ゴルフ場を建設するとかいう問題じゃなくて、その土地そのものが重要なんだよ。」
そこへ、チンソンのハンマネージャーがやって来ます。彼は、
「我々はただ住民達に、もしミョンジャが固執すれば、チンソンはチンソンワールドを建設できない。だから我々は彼らに賠償金を約束できないと話した。」
「それではあなたは、住民は賠償金のために、ここからミョンジャを排除しようとしているというんですか?」

テジョはさっきのマンソンの言葉を思い出します。そしてハンに
「あなたは、欲しがっていた土地を失ったのに、心配しているように見えませんね。」
「私はサラリーマンです。言われたとおりに働くだけです。」
「それでは、あなたは本当にこの土地を諦めるつもりですか?」とウノ。
「ミョンジャさんが、嫌だと言うなら、私達には何もできません。」
「住民も同じように思っていますかね?」とテジョ。
「それについては、あなたが個人的に彼らと話した方がいいと思いますよ。」

ウノ達は住民の家を訪問することにします。
「あの土地は、ゴ・ミョンジャさんのものです。あなた達には、彼女に出て行けと言う権利はありません。」とウノ。住民達は次々に反論します。
「チンソンは私達にもっとお金をくれると言ったのよ。彼女はどこにでも行けるでしょう。どうしてあそこじゃないといけないの?
「彼女に好きなだけ頑張ればいい。彼女は死んでしまうぞ。」
「チンソンは、病気の人を病院へ連れて行き、治療費まで払ってくれたんだ。ハンさんが、どれほど思いやりがあるのか知らないでしょう。彼は老人一人一人に会って、彼らに検査を受けさせたんだ。それだけじゃなく、彼は大きなテレビやカラオケの機械まで、町に持って来てくれた。チンソンの意思が定期的に来て、家庭訪問までしているんだ。」

「ここにはたくさん病人がいるんですか?」とテジョ。
「年取って病気でない奴なんかいるものか。この地区には雨が多いこともあって、たくさん気管の問題を持っている人がいる。風邪だの、咳だの、肺炎だのと。とにかく、ゴ・ミョンジャjは私達の隣人になることはできない。それをわかってもらいたいんだ。」

何か言おうとするウノを止めテジョは外に連れ出します。
そこにいた妊婦に話しかけるウノ。そこへさっきの男が出て来て、慌てて家の中に連れ戻します。ウノ達は、その妊婦の体に異様な斑点があるのを見つけます。
「もしかして、このあたりに川がありませんか?」とテジョ。
「ここから200メートルほどのところにソンチンチュン?と呼ばれる川があるが。」

すぐにその川を調べに行く二人。テジョは川の水を採取します。
「あなたは、有毒な化学物質を調べようとしているのね。」
そして農夫に話を聞いた彼らは、チンソンが5年前に沼地を埋めたことを知ります。

ジュンはヨンウに挨拶を。そこにチンソンのハンがやって来ます。
「イ・テジョ弁護士は思っていたより鋭かった。彼はあなたとは違うカリスマ性を持っていますね。彼はいつも我々の一歩先を歩いています。注意していないと、我々は簡単にトラブルに巻き込まれるでしょう。社長が不正行為で逮捕された後、顧問弁護士を変えようという話がありました。」
「社長の逮捕は我々のミスだと言うのですか?」とヨンウ。
ハンは、チンソンとの関係を壊したくなかったら、この問題にもっと注意を払ってくれとヨンウに警告します。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/08/07 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
partner.jpgパートナー 第14話
8月6日放送 視聴率 9.0%(TNS・全国)

視聴率が下降線を・・・。
残り2話、頑張って欲しい!


動画を見る!(英語字幕)

第14話-1 第14話-2 第14話-3 第14話-4 第14話-5 第14話-6 第14話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
マンソンは、ウノの前に行き、こう言います。
「へい、お母さん。話してやるよ。お前の子供は今集中治療室にいるそうだ。」
驚くウノは、「お願いですからここから出してください!」と。そして、
「イ弁護士。ここから出してください。私が悪かったんです。」
「君のパートナーは、謝り方を知らなかったようだ。彼がただひとこと間違っていたと言えば、それでよかったのに。代わりに彼は俺を刺激したんだ。」
「お願いです。病院を出たらすぐ戻って来ますから。もそうしろと言うなら、刑務所にもいきますから。どうかお願いします。」
テジョはマンソンの前に跪き、こう言います。
「どうかお願いです。あの女性をここから出してあげてください!私が悪かったんです。だから・・・。」
そんな彼を見たマンソンは、「だから俺の言うことをなんでも聞くか?」

外に出たマンソンは、テジョに言います。
「留置された女性弁護士のニュースは、マスコミをにぎわせるだろう。」
「それがお前の望んでいることなのか?はっきり言え。」
「俺が訴えれば、カン弁護士は刑務所に行くことはわかっているだろう。彼女は日が暮れてから俺を殴ったから、もうひとつ罪が増える。それに彼女だけでなく、連れも俺を殴ったんだ。もうこれで彼女が
刑務所行きを逃れることは、不可能だな。子供は病気のようだし、母親は刑務所?」
そしてドンシクについては、母親が泣いて頼むので、行かせてやったと。
「あなたの条件を話してくれ。これ以上俺を怒らすな。」
「なぜだ?俺は君が望むなら、彼女を解放することができる。これからは、あまり物事を軽く考えるな。」
「あなたは、私達が、あの土地の問題に入って来るなと言っているのか?」
「どうだ?彼女をしたいのか、それとも・・・?」

テジョはウノを連れて病院へ向かいます。義妹から、ジェドンが正常に戻り、普通の病室に移ったことを聞きホッとするウノ。そしてテジョに、「わざとやったわけじゃないのよ。私はドンシクを止めようとして、結局彼を押してしまったの。」
彼がどんな人間か知らなかったのか?とテジョ。ウノは、
「もちろん知っているわ。でも私が彼を押さなかったら、ドンシクが捕まっていたわ。」
そしてウノは、「さっきはありがとう、私のために。」と。

廊下で涙する義妹ヨンイは、「ジェドンがICUに運ばれた時、もうだめかと思ったわ。それで・・・。」と。ウノは、「そんなことは起こらないわ。ジェドンはあなたのお兄さんとは違うのよ。」
「彼がそうでなかったら、どうやって私達は生きていけばいいの?もしジェドンがそんなことになったら。」

二人を見ていたテジョは、ヒョンネに会い、話をします。
「君は父親の後は継がないんだね。」
「それはおほめの言葉として受け取ります。」とテジョ。そして申し訳ありませんと頭を下げる彼に、ヒョンネはこう言います。
「謝る必要はない。君がヘユンを離れた理由は、ウシクの死のためだということを知っている。君に電話したのは、お願いしたいことがあったからだ。聞いてもらえるかな?このことが公になると、私の持っている証拠は、すぐに活字になるだろう。」
「ヘユンは偽の証人を立たせ、あなたを簡単に糾弾するでしょう。」とテジョ。
「だから、私はしっかりと防備しすべてを隠してきた。

・・・
ウノは、夫の死に何があったか知った後、私の前で泣いたよ。私は、このことをなぜ埋めることがができなかったのかと後悔した。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/08/06 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
partner.jpgパートナー 第13話
8月5日放送 視聴率 9.1%




動画を見る!(英語字幕)

第13話-1 第13話-2 第13話-3 第13話-4
第13話-5 第13話-6 第13話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
ヒョンネとテジョの電話を聞いていたウノは、テジョを問い詰めます。
「PNCの犠牲者って?誰の話をしているのよ!私の夫がもっと生きられたのに、間違った理由で死んだというのは、本当なの?いつから知っていたの?どこで、どうやってそのことを聞いたの?知っていたのに、なぜ私に話してくれなかったの?もしかして、あなたも関わっているの?だから言えなかったの?そんなことないって言ってよ。あれは、父と兄で、俺は関係ないって言ってよ。あなたは彼らと違うと思っていたわ。あの人達のことで傷ついていると私は心を痛めていたわ。でも今見る限り、あの人達と何も変わらないわ。嘘をついて、隠して。同じ血が流れているのよ。」
「そんなこと言わないでくれ。」とテジョ。
「楽しかった?私は馬鹿みたいに、あなたを夫の遺灰を蒔いた場所に連れて行った。私は何も知らずに、"この人は本当に信頼できるのよ。とても感謝しているの。"とまで言ったわ。そう夫に話したのよ!あなたはそれを見ながら笑っていたの?」
「止めてくれ!」
「私が何も知らなくて哀れだから、優しくしてくれたの?」
何も言わず、立ち去るテジョ。

一人歩くウノの前に、ヒョンネが現れます。
「私は今おじいちゃんの顔を見たくないの。どうしてこんな嘘を渡しにつけるの?どんなことがあっても、私はあなただけは私の味方だと思ってたわ。だって、自分の子供よりもっと大切に私を育ててくれたじゃない。私は自分が一番幸せな人間だと思っていた。どうしてこんな重要なことで嘘をついたのよ。」
ヒョンネは話し始めます。
「すまなかった。私は最後までお前が知らないままでいることを願っていたんだ。自分ひとりでこれと取り組みたかった。お前の夫が死んだ後、お前がしばらくソウルで勉強していたとき、すべてが起こったんだ。5年前、チンソンPNCは、フェノキシレートという化学物質を川の上流に漏らすという事件を起こした。ニュースでは特に人体に害はないということだったが、チンソンは道義的責任を取り、賠償金を払うと言った。人々は喜んだよ、何も知らなかったから。数年後、何人かが同時に死に始めた。普通の風邪が急に致命的な肺炎になった。そして高熱を出し、死んでいった。大分経ってから、私はフェノキシレートが、我々の免疫システムを弱くすることを知ったんだ。」
「ウシクは、どう関係しているの?」とウノ。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/31 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第12話 7月30日放送 視聴率 11.3%

動画を見る!(英語字幕)

第12話-1 第12話-2 第12話-3 第12話-4
第12話-5 第12話-6 第12話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

こちらから高画質のものをダウンロードできます。
(ダウンロードは自己責任でお願いします。ファイルサイズもかなり大きいです。)


あらすじ!

Part1
テジョとジョンウォンが抱き合っている姿を見たウノは、何も言わずに法廷に戻ってしまいます。マンソンがいないことを不審に思うウノ。

テジョは、ジョンウォンに話を聞きこうとします。「もう時間だから後で。」と言うジョンウォンに、「こんな君を見たのは初めてだ。裁判の途中でもいいから、何かあれば電話して。」とテジョ。

ミョンジャの事件の裁判が始まり、テジョが尋問に。
「ミョンジャさん、あなたは2009年3月に土地を購入し、土地の所有者と契約を交わしたんですね。そこには誰の名前を書きましたか?」
「息子です。」
「そして土地のオーナーは、その後現れなくなった。あなたは彼と連絡を取ろうとしたが、彼は海外にいると言われた。そしてしばらくしたら、あの土地はあなたのものではないと言われた。心配したでしょうね。」
「そうです。眠れませんでした。あの土地は息子がとても欲しがっていたんです。私はあの土地を失ったらどうしようと心配しました。」
「そしてあなたはユ・マンソン弁護士と会った。それを詳しく話してください。」
「心配するなと彼は言いました。そして料金はいらないからと言ったんです。私は喜んで、食べ物をたくさん彼にあげました。それから彼はあちこち電話をし、今度はお金が必要だと言いだして、少しずつお金を取っていったんです。それが最後には、15,000,000ウォンにもなっていました。」
そこでマンソンがこう言いだします。
「私も同じようにお金を出しているんです。このお年寄りの状況はあまりにもかわいそうだったので、最初に私のお金でそれを止めようとしました。ここにその領収書があります。」
ウノは異議を申し立てますが、却下されます。
テジョはそれからどうなりましたかとミョンジャに訊ねます。
「あの男に会おうとしても会えませんでした。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/30 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第11話 7月29日放送 視聴率 11.5%

動画を見る!(英語字幕)

第11話-1 第11話-2 第11話-3 第11話-4
第11話-5 第11話-6 第11話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

こちらから高画質のものをダウンロードできます。
(ダウンロードは自己責任でお願いします。ファイルサイズもかなり大きいです。)

あらすじ!

Part1
店に戻って来たウノが、「イ弁護士!」と呼ぶのを聞いて、「二人は知りあいなのかい?」と驚く女主人は、彼を息子の友達だとウノに話します。
「なんて偶然なの?私達は一緒に働いているのよ。」とウノ。
そのまま出て行くテジョを追いかけようとするウノに、女主人は「彼は見た目より繊細だから、気を付けてあげてね。」と言います。
外に出たテジョは車に戻らず、女主人の言ったこと「彼女の夫はあの事件のせいで死んだんだ。彼女は何も知らないけど。」を思い出します。
やっと車に戻って来たテジョに話しかけるウノ。
「ウシク?は、この辺では有名な天才だったのよ。どうして彼と友達になったの?まるで正反対の二人が仲良しだったなんて、信じられないわ。」
「俺達は今仕事中だから、個人的な話はすべきじゃない。」とテジョ。

新しい土地のオーナーの家には人の住んでいる様子はあるものの留守。仕方なく、明日の朝出直して来ようとテジョは言います。ウノはヒョンネに電話を。「私達はなぜ土地がミョンジャでなく、パク・ノスンに行ったのかを調べなければならないの。それに、あれだけの土地を買うことができる人なのに、その家がボロボロなのよね。何かおかしいと思わない?」
「お前のそのカンを信じなさい。」とヒョンネ。
車に戻ったウノは、寝ているテジョに、「もし明日の朝早くにここに戻るなら、ここにこのままいてもいいかしら?私、ちょっと行きたいところがあるのよ。」
二人は海辺で一夜を明かします。海岸でメールを読むテジョ。それは、ウノからの「私の最初のメッセージです!」というメール。ウノは笑顔を見せたテジョに喜び、こんな話を始めます。
「この場所には、私が泣いている思い出しかない。ここは私が夫の遺灰をまいた場所なの。彼は海が大好きで、死ぬ間際もこの場所のことを話していた。私はたくさんのミスを犯し、トラブルも巻き起こして来た。でももう4件目よ。あなたも私のために大変だったでしょう。」
「わかってくれればそれでいい。」とテジョ。
「本当にありがとう。あなたでなかったら、たぶん私は頑張れなかった。気にしてないように見えるかもしれないけど、私はちゃんとあなたが教えてくれたことを胸の中にしまってる。夫が死んでから、私は友達にさえ心を開くことができなかったわ。でも次第に、私はあなたに心を開くことが心地よく感じるようになったの。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/24 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第10話 7月23日放送 視聴率 11.9%

動画を見る!(英語字幕)

第10話-1 第10話-2 第10話-3 第10話-4
第10話-5 第10話-6 第10話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

こちらから高画質のものをダウンロードできます。
(ダウンロードは自己責任でお願いします。ファイルサイズもかなり大きいです。)

あらすじ!

Part1
テジョはジョンウォンに言います。
「俺は君がこのケースをやりたいと言ったとき、すこしおかしいと思ったんだ。でも、君は仕事とプライベートを分けてきたから、何も言わなかった。でもこれはひどすぎやしないか?君はヘユンのスパイなのか?」
「私が彼に絵のことを言ったですって?友達だと思っていたのに。」

カン夫人は、息子を連れて来た秘書に、ちょっとだけ時間をくれるように頼みますが、聞き入れてもらえません。「もしかするとこれが最後かもしれないから。」とカン夫人。ウノも、「まだ離婚もしていないのに、何の権利があって彼らの会話を邪魔するんですか?」と詰め寄ります。
そして息子にジュースを渡し、こう言います。
「あの弁護士さんを知ってるでしょう。販売機の前で、彼女の子供の好きな飲み物を教えてくれたの。ちょっと戸惑ったわ。だってあなたの好きな飲み物がわからなかったから。私と一緒に暮さなきゃいけないとは言わない。あなたが嫌がることを無理にさせたくはないの。私は病気だった。お前のことも同じように病気にさせてしまって。ごめんなさいね。いつも怒った顔ばかり見せてごめんね。これだけは言っておきたかったの。今日が私の顔を見る最後の日かもしれないから、笑った顔を覚えておいてね。」

こうして裁判所での調停が始りました。まずジョンウォンが、
「キム・ヨンスクさんが、親戚の名前で土地を所有していることを知っていますね。あなたは彼女が予定通り療養所に行ったら、その次の日、その親戚に会う予定だった。あなたはこっそりと自分の妻はもう正常には戻らないと言い、土地を売ることに賛成すれば、その利益の5%を渡すと言いました。」
「電話はしましたが、条件はあちらから言ってきたことです。そのとき、私はどれくらいの価値があるのか知りませんでした。」
「それは信じられません。あの土地は、あなた自身が一生懸命開発した土地です。アパートを建てるということで4倍にも値上がりました。それを知らないと?」
「それは市民のためにやったことで、土地の価格のためじゃありません。」
「その電話の内容が録音されていたら、あなたは何と言うつもりですか?」
何も答えず隣の弁護士にそっと耳打ちするカン議員に、テジョは「冗談ですよ。そんなふうにするところを見たかっただけです。」と。
「キム・ヨンスクさんのいとこは、またく欲のない人です。たとえたくさんのお金が入って来るとわかっても、それを売りたくはなかったんです。」
そこでいきなりヘユンの弁護士が夫人に質問を始め、酒酔い運転、食い逃げなどの夫人の無責任な行動が家族の不和をもたらし、彼女は離婚について争う権利もないと断言します。ウノはこう言います。
「あなたは原因と結果を間違えているわ。彼女の病気が家庭の崩壊を招いたのではなく、カン議員の虐待の結果起きたことです。」
「虐待の証拠はありますか?」とヨンウ。
ウノとテジョは、子供の描いた絵を見せながら説明します。
子供は母親を家から自由にしてあげたがっていること。赤のインテリアは血のイメージで、彼はなにか血を家の中で見た可能性があること。誰かが誰かを殴ったのを見た記憶がある可能性があること。
「カン議員は、何度もキム・ヨンスクさんへの虐待を繰り返しましたが、その事実は秘密にされてきました。しかし、この絵は子供が間違いなく虐待を見たことを表わしています。母親を殴る暴力的な父親と暮らす子供はどんなによくないことかおわかりでしょう。」
「精神を病んでいる母親のほうかいいということですか?」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/23 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第9話 7月22日放送 視聴率 10.9%

動画を見る!(英語字幕)

第9話-1 第9話-2 第9話-3 第9話-4
第9話-5 第9話-6 第9話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

こちらから高画質のものをダウンロードできます。
(ダウンロードは自己責任でお願いします。ファイルサイズもかなり大きいです。)

あらすじ!

Part1
カン議員と一緒に事務所にやって来たヨンウは、こう話し始めます。
「私は、カン・ヒス議員の離婚訴訟の代理人となりました。カン議員は、できるだけ早くこの問題を片付けたいと考えておられる。そしてできれば裁判に持ち込まずに離婚と親権の問題を処理したいのです。」
ヨンスは、時間を置いてまた会合を開きましょうと言います。

テジョは、ジョンウォンに兄貴と喧嘩したのかと訊ねます。
「このケースを担当するのに、理由がいるの?すべて自分のキャリアのためよ。カン・ヒスは将来大統領候補になるかもしれないわ。こんな相手と戦うチャンスはめったにないでしょう。」
そして彼女は、入って来たウノに、このケースから降りてと言いだします。
「それはできません。キム・ヨンスクさんは、最初から私を信頼していますし、カン議員への借りもありますから、最後までこのケースを担当します。」
「それなら俺が降りる。」とテジョ。
「それはだめよ。私には役に立つ人間が必要なの。」とジョンウォン。

事務所では、昨夜会った女性のことで浮かれるハンノをヨンスがからかいます。
そこに警察から電話が。女性がハンノをセクシャルハラスメントで訴えたと。

カン夫人に会う三人。ジョンウォンは質問を始めます。
「私は経験が豊富よ。だから私を信頼して言う通りにすれば、多額の慰謝料を取ることができるわ。虐待の回数や期間を正確に覚えているかしら?病院の治療の記録は?」
首を振る夫人に、「お金のために思い出さなくちゃ!」とジョンウォン。
「私はお金のことはどうでもいいんです。私はただ私と子供が彼から自由になればいいんです。」
「ひょっとしてお子さんは、あなたの虐待の現場を見ていませんか?もし何か音だけでも聞いていれば、彼を証人にできるわ。そして勝てます。」
「いつも彼は、子供がいないときか、寝ているときだけ私を虐待しました。」
「彼が虐待をしたというのは、本当なんですか?こんなに長い間そんなひどい虐待を隠しておけるのかしら。」
ウノはジョンウォンを外に呼び出します。
「キム・ヨンスクさんは、子供を置いてきたことで心を痛めている母親です。あの質問はひどすぎます。」
「それじゃあ、どうやって誰も見てもいない虐待を証明するの?」
「私は首の傷をはっきりと見ました。写真も撮りました。」
「それはどこかにぶつけただけでもできるわ。向こうは、彼女の鬱と精神状態を取り上げて、それは自分でやったと言ってくるわよ。そして負ける。」
「彼女は完全に正常です。あなたも見てわかるでしょう。」
「そんなことではなく、それを証明できるかどうかを言っているんです。まったくどうして基本的なことすらわかってないのかしら?」
「私はあなたが素晴らしい才能を持っていることは知っています。でも生きたヨンスクさんと書類の上の彼女では、本当のヨンスクさんのほうがはるかに大切なんです。私は彼女の苦しみと涙に彼女が打ち勝つのを手伝ってあげたいんです。」
そこにテジョが。「先輩に対して失礼だぞ。」と。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/17 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第8話 7月16日放送 視聴率 11.2%

動画を見る!(字幕なし)

第8話-1 第8話-2 第8話-3 第8話-4
第8話-5 第8話-6 第8話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
裁判が始まり、カンが証言台に立ち、検察官が質問します。
「あなたは、妻が10回に及ぶ盗みを働いたにもかかわらず、自分の権力を乱用して、その刑を逃れようとしましたね。」
「そうです。私は妻を助けるために、そうしなければなりませんでした。」
「それではあなたは、個人的な理由で自分の地位を利用したことを認めますね。」
ウノが質問台に立ちます。
「本当に権力を乱用して事実を隠そうとしていたのなら、どうしてあなたは自分から今日ここに来たのですか?」
検事が異議を唱えますが、ウノは続けます。
「奥様は、どうしてこんな症状を起こしたのですか?」
「私は、安月給の講師でしたが、彼女は家族の反対を押し切って私と結婚しました。初任給で買った安い焼酎を飲んで、彼女は最高の日だと言いました。私は彼女にもっといい暮らしをさせたかったのです。政治家になり豊かになると、彼女は昔の暮らしに戻りたいと言いだしました。そのころから少し言動がおかしかったようです。私は困惑して、それを隠そうとしました。何があろうと彼女は妻です。私のせいでこうなったのです。妻を救うこともできなくて、どうして国を助けることができるでしょう。」
ウノは裁判長にこう言います。
「彼女の病は、確実に治療できるものです。そして彼女を優しく包むご主人もいます。どうかこの二人を助けてください。」
判決は翌週に出ることになり、この日の尋問が終わります。妻のそばに近寄り、優しく声をかけるハン。その時、ウノは、彼の妻が、血がにじむほど手を握りしめていたことに気付きます。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/17 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第7話 7月15日放送 視聴率 11.0%

動画を見る!(英語字幕)

第7話-1 第7話-2 第7話-3 第7話-4
第7話-5 第7話-6 第7話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ!

Part1
ヘスクを自白に追い込んだものの、それが兄の計画だったことに気付いたテジョ。
「奴らの計画は、ヘスクを刑務所に入れること。俺達は利用されたんだよ。」
法廷内では、ヘスクがユンウに怒りをぶつけます。そんな彼女に彼は、「会長は今女性と香港にいて、しばらく帰ってこないと告げます。」そして子供が産まれること、離婚の準備を始めていることも。そして、
「会長がいなくても、あなたは自由に暮らせると本当に思っているのですか?私の依頼人は、あなたではなく会長なんですよ。」

廊下に出たヨンウに食ってかかるテジョ。
そこにジンピョが来て彼らを止めます。そしてテジョに、
「兄に口答えは止めなさい。いい人生経験を積んだと考えなさい。」と。
「5年前にあなたが使った汚い計画で十分だったはずだ。無実の人間を殺して、これで満足ですか?」
とテジョ。

ヒョンネと話すウノ。そこへヨンウを連れたジンピョがやって来ます。
お互いの子供を紹介し合う二人。ヨンウは彼女に、ヘスクに写真を見せたことは素晴らしかったと話します。ウノは、あなた達のお陰で勝てたと。
怒っているのかと聞くヨンウに、「いいえ。」とウノ。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/12 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第6話 7月9日放送 視聴率 9.9%


動画を見る!(英語字幕)

第6話-1 第6話-2 第6話-3 第6話-4
第6話-5 第6話-6 第6話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。


あらすじ!

Part1
テジョはスンギに話を続けます。
「ヘスクは、子供に重傷を負わせた。彼女は、決して子供を守ったりはしない。それでもお前は、ヘスクの味方をするつもりか?」泣きだすスンギ。

外に出たウノは、テジョに食ってかかります。
「何のためにあんなことをするの?ハン弁護士のことを怒っているから?それともあなたのお兄さんに勝ちたいから?どうしてあなたは、個人的な感情を裁判に持ってくるの?裁判所は、あなたのデートのゲームをする場所じゃないのよ。」
「スンギの証言以外に俺達に何があるんだ?これをしなかったら、明日の裁判で俺達は負けるんだぞ。」
ウノは話にならないと彼に背を向けて歩き出します。
「もし今お前がスンギに話したら、明日の裁判は100%負けるぞ。」
それでも行ってしまうウノですが、スンギに会う前に彼の妻から電話が。

事務所では、ハンノが音楽の違法アップロードを訴えようとジュンを誘います。そこへヨンスが入って来て二人に言います。
「今おかしな話を聞いたんだが、お前が小学生から示談金を取ろうとしていると。それは本当なのか?」口ごもる二人、ハンノはいつものように逃げてしまいます。
「もし示談金を払わないと、牢屋に入ると言って子供を脅したのか?たった今、子供の親から電話を受けたんだ。いったいお前はどんな仕事をしてるんだ?今すぐ著作権に関するケースは止めなさい。止めないなら、俺にはもう選択肢はないぞ。」

自分のオフィスに戻ったテジョは、そこにいたジョンウォンと言い争いに。
「確か、あなたは仕事に個人的な感情を入れないのではなかった?必要以上に、あなたのお兄さんに不満をぶつけないで。子供じみた態度はよくないわ。3人でうまくやっていけないかしら?」
「もし俺とうまくやりたいなら、すぐに彼と別れろ。そして二度と会うな。」
「恋人と別れるかどうかは、自分で決めます。」
「恋人?奴は結婚して子供もいるんだぞ。」
「静かにしてよ。たとえそれが彼ではないとしても、あなたになることは絶対にないわ。だからお兄さんを侮辱しないで。」

ウノはスンギの妻に会い、テジョが費用を払い、病院を移してくれたことを聞きます。さらに妻の住まいも近くに用意したことも。
「彼は私達は、ヘスクの病院を離れたほうがいいと言いました。そうすれば、夫も正直にすべてを話すことができると。おもちゃのことも聞きました。だから行って夫に話してくれと言いました。ここにきて夫人の心配をしなくなってホッとしています。」
ウノは彼女に聞きます。
「もしかして、ヘスクはスンミを溺愛していませんでした?」

病院を出たウノは、テジョに電話をしますがつながりません。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/12 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第5話 7月8日放送 視聴率 12.1%


動画を見る!(英語字幕)

第5話-1 第5話-2 第5話-3 第5話-4
第5話-5 第5話-6 第5話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。


あらすじ!

Part1
法廷侮辱罪で外に連れ出されてしまったテジョとウノ。
テジョはウノに詰め寄ります。
「どうして俺が証人に反対尋問をしているときに邪魔をしたんだ。どれだけ邪魔をすれば気が済むんだ?」
「私はあんなことをする人が我慢できなかったのよ。」
言い争う二人のところに職員が来て、怒った裁判官が、ウノを拘置すると言っていると告げます。もう法廷には出られないと。そしてテジョに訊ねます。
「あなたは反対尋問を続けることが許されました。やりますか?」
連行されるウノが叫ぶ言葉を聞いた彼は、ミヨンが言った「ヘスクは秘書に言い結婚相手まで世話をしているようよ。」という言葉を思い出します。すぐ義姉に電話をするテジョ。

法廷内に戻ったテジョは、尋問を続けます。
「私はあなたのよい結婚を多くの人がうらやんでいると聞きました。あなたの御主人は大きな食品関係の社員の息子だ。しかし結婚した後、あなたは社会的つてーたすの違いで悩んでいた。」
異議を申し立てるヨンウ、テジョは裁判長に、「証人とヘスクとの関係を証明するためにしている質問です。」と言い、許可を貰います。
「私は、あなたの社会的地位を上げる手助けをしてくれる人物がいたと聞きました。それはあそこに座っているヘスクですね。それから、スンギが犠牲者に花を持ってきたと言いましたね。それは、そうするよう彼に命じた力のある人物がいた可能性はないですか?」

続いて犠牲者の兄が証言台に。テジョは尋問を始めます。
「封筒の中にこんな状態の写真が入ているのを見て、彼女はどうでしたか?」
「彼女は、ほとんど失神しそうでした。私は、その写真があまりにも奇妙なので、彼女に訊ねました。彼女はこの写真は自分のアルバムの写真だと。そしてアルバムを調べに行くと、残りの写真も全部破られ、赤で血塗られたようになっていたのです。他のものはなにもされず、アルバムだけがそうなっていました。配達人から聞くことはできませんでしたが、私は閃きました。ヘスクだと思っています。私達がその写真を受け取った後、あの女性は妹に言いました。彼女が送った、もっと悪くすることができると。彼女はまだ妹の後をつけていて、家の前でそう言ったのです。それはもう6カ月も前から続いていました。私達は何度も警察に行きましたが、取り合ってもらえませんでした。ある日、私の3歳の子供がいなくなりました。私と妻は近所を探し回りました。その時、妹が居場所がわかるから、連れ戻してくると電話をしてきたのです。その後私達が家に戻ると、子供は家の前に置いてありました。妹の電話は電源が切られ、そして彼女は戻りませんでした。私達は早くに両親を亡くしたので、彼女はとても甥を可愛がっていました。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/06 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第4話 7月2日放送 視聴率 7.7%


動画を見る!(英語字幕)

第4話-1 第4話-2 第4話-3 第4話-4
第4話-5 第4話-6 第4話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。


あらすじ!

Part1
ウノを庇ったテジョは、男の投げたボールに当たり、顔に怪我を。
手当てをしながらお礼を言うウノにテジョは、「助けたのは、単なる条件反射だ。」と。ウノは言います。
「あの男は、私を殺そうとしたと思ったわ。彼の目が・・・」
そんな彼女にテジョは言います。
「だから被害者の家に行くなと言ったろう。そんなにそれが怖いのなら、この仕事を辞めたほうがいい。被害者の家族に非難されたことがないのなら、君は自分を弁護士とは呼べないさ。犯罪者の仲間、友達。それが俺たちだ。ああ、だから俺は犯罪事件が嫌いなんだな。民事のほうが、簡単に金が稼げることを忘れていた。」

再び裁判が始まり、ヨンウがスンギに質問します。
「どれくらいの期間、あなたは被害者を尾行していましたか?」
「6か月です。」
「あなたは、ヘスクに命令されてそれをやったのですね。どのように彼女は命令したのですか?」
「彼女は、秘書室に若い社員がいる。仕事場でも家でもどこに行っても、彼女から目を離すなと言いました。」
「なぜ3回も銃を撃ったのですか?」
「それは、彼女がそう言ったからです。」
ヨンウに厳しく追及されたスンギは、うろたえながらこう言います。
「はっきりとは覚えていませんが、ヘスクは、自分が彼女を殺してくれたら嬉しいと言ったと思います。」
それを聞いたヨンウは、尾行の命令はしっかりと覚えていて、殺人のようなショッキングな話を覚えていないとはおかしいではないかと問い詰めます。
「彼女は私に殺せと言いました。殺せ。殺さなければいけないと。」と叫ぶスンギ。しかし、ヨンウに確認されるとまた違う答えをしてしまうスンギ。最後には、ただわかりませんと繰り返すだけ。
ヨンウの態度に怒りを抑えきれなくなり立ちあがったテジョとヨンウは言い争いに。
それを見ていたスンギは、「誰にも命令されず自分がやった。」と言ってしまいます。

法廷を出たテジョは、スンギを責め立てます。
「もし自分がやったと言えば、それで終わると思っているのか。お前はきっと死刑になるぞ。」そして泣きだす彼に、「もう俺を辞めさせろ、そうしないと殺すぞ。」と言い、部屋を出て行きます。
ウノと二人になったスンギは、こう言います。
「子供が病気なんだ。何もしていないのに、あざができ鼻血が出る。彼は夫人の病院にいるんだ。俺は彼女が怖くてたまらないんだ。」

テジョを追いかけたウノは、「私達は不利なのよね。」と。
「不利なんてもんじゃない。彼は裁判官の前で自分がやったと言ってしまったんだ。もう勝ち目はない。」
「でもあの女の微笑みを見たでしょう?彼女がスンギを見て笑ったとき、怖かったわ。」
そして、彼女は、行くところがあると。

事務所では、ランチを注文しようとしたジュンが、スニが見ていた怪しいWEBサイトを見つけて。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/06 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第3話 7月1日放送 視聴率 8.4%


動画を見る!(英語字幕)

第3話-1 第3話-2 第3話-3 第3話-4
第3話-5 第3話-6 第3話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。


あらすじ!

Part1
殴られ鼻血を出しウノを怒鳴るテジョに、彼女は、
「私を訴える気?それなら私も他人の人生を冗談のように扱ったとあなたを訴えてやるから。」と。
そんなんじゃないとテジョは言った後、「見てろよ、俺だってジェホのために仕事してたんだ。」と言い返します。

テジョの警察官への尋問が始まりました。
何を見たのかを詳しく話してくれというテジョに、彼はこう答えます。
「すべての殺人の証拠は、母親によって片付けられていました。ガラス片はすべてゴミ箱に、そして他には見当たりませんでした。」
テジョは、裁判官に、昨夜見つけた壁掛け時計と写真を証拠として提出したいと申し出ます。
許可をもらったテジョ、時計を差し出し質問を続けます。
「この時計が動いてなかったことを覚えていますか?」
見たかもしれないが、人でごった返していてわからないと答える警察官に、
「この時計が動いていなかったのは、ある物がその針の動きを邪魔していたからです。その小さなものとは、ガラスの破片でした。それだけではありません。時計はグラスが投げられたのとは違う方向にありましたが、ガラスの破片は刺さっていた。これはどういうことを意味するでしょう。被告人の証言は一貫していました。彼はグラスを投げ、それが飛び散って、5メートル離れた妹の首に刺さったと。その可能性を考えてみましたか?それも考えずにただ彼を殺人犯として逮捕したのですはないですか?もし警察官がちょっとだけ周りを見回せば、小さな証拠を見つけたはずです。彼は、自分の職務を怠りました。彼の証言は間違っていません。5個以上の破片があちこちから見つかりました。」

いきなり立ち上がって質問を始める検察官。
「あなたは昨夜被告の家に行ったと言いました。弁護人と家族以外に、誰かこの証拠を見ましたか?もしいないなら、私は、誰かがこの証拠を作り上げた可能性があると思います。弁護団は、こんな滑稽なことを言い法廷を侮辱しました。」
テジョは反論します。
「もしそうなら、ジェホが撮ったというセミヌードの証拠写真も実体のない証拠と考えられます。」

休憩時間、外に出てきた検察官は、ジェホの父親に電話をします。
慌てている彼を見て、計画通りに進んでいないようだとテジョ。ウノも、ジェホの父親は、法廷に来ないと思うわと言います。そのほうがいいとテジョ、彼はウノに、「俺に謝らないのか・」と訊ねますが、ウノは知らんふりを。

裁判が再開され、出てこない証人をどうするかと話しているところに、ジェホの父親が入って来ます。証言台に座った彼は検察官の質問に答え始めます。
「警察で娘に会った時、あまりの冷たさに彼女ではないと思いました。そして息子を殺すために面会に行きました。彼を殺して自分も死のうと。」
さらに彼の感情を高ぶらせようと質問を続ける検察官に、意義を申し立てるテジョとウノ。しかし、裁判官は父に話を続けるように言います。
「彼女の母が死んだ後、私は自殺しようとしました。娘は、私に死なないでと言いました。私はそれを守って来ました。私は彼女のお陰で生きてきました。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/06 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第2話 6月25日放送  視聴率 6.5%


動画を見る!(英語字幕)


第2話-1 第2話-2 第2話-3 第2話-4
第2話-5 第2話-6 第2話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。


あらすじ!

Part1
事務所のみんなに陪審員を立てると事情を説明するテジョ。
ジョンウォンやジュンも反対の意見を述べますが、ウノはもう書類を出して来た、最初は彼が有罪だと思っていたけれど、彼に会って考えが変わったと言い始めます。
「あなたは馬鹿なの?証拠もなく単なる感覚で、陪審による裁判をするつもり?陪審員の判断は直観だとでも思っているの?とにかく忙しい人間を巻き込まず、自分の力で解決することね。ただでさえ最悪のこの事務所を破たんさせないでちょうだい。」とジョンウォン。
ヨンスは、ウノに「自信はあるのか?」と訊ねます。はいとウノ。彼は言います。
「それならやってみましょう。無実の事件をやってみないで、どうして我々が弁護士だと言えますか?」

ジョンウォンに仕事のミスでひどく叱られたジュンは、部屋から出たところでスニにからかわれ、彼女に向かって怒りを爆発させます。そんな彼の後ろ姿に、「こんなことをするのは、あなたは私のものだからよ。」と一人呟くスニ。

ウノはテジョを無視して仕事を。
そこにヨンスが来て、ジェホの承諾は取ったかと訊ねます。
はいとウノ。彼はさらに、検察は一筋縄ではいかない、特にあのヒョンピョはたいへんだから、しっかり準備をするように言います。そして、テジョにも一緒にミーティングへ行くようにと。

ウノはテジョに、もし行きたくないなら、私が一人で行ってくると言いますが、テジョは、「ちょっと待て。いつジェホの許しを貰ったんだ?」と。
嘘は言っていないと言いながらジェホのところへ向かうウノ。

ジェホに会うなり、陪審裁判のことを話し始めます。
あきれたテジョが部屋を出て言った後、ウノは優しく彼に語りかけます。懸命にあなたをを信じている、誰も信じなくてもあなたの目をみればわかると話すウノ。
ようやく彼女の顔を見たジェホは、ようやく口を開きます。
「ただコップを床に投げただけなんだ。」と。

ジェホと話ができてご機嫌で刑務所を出てきたウノ。しかしテジョも車も見当たらず。

そのテジョは、ジョンウォンのところに来ていました。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/07/06 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
パートナー 第1話 6月24日放送  視聴率 6.6%

動画を見る!(英語字幕)


第1話-1 第1話-2 第1話-3 第1話-4
第1話-5 第1話-6 第1話-7

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。



あらすじ!

Part1
ボクシングジムで汗を流すカン・ウノ、油断した隙に男の子のパンチを浴び、リングに倒れてしまいます。そこへソウルから電話が。
その頃、ウノの息子ジェドンが、車のミラーを割ったことで店の女主人と話をするウノの父。そこにウノが。
父のところで顔の手当てを受けるウノ、横ではジェドンが立たされています。
「子供相手に戦って楽しいか?」と訊ねられ、ボクシングを教えてくれたのは、あなたでしょうとウヌ。そんな彼女に、父はこう言います。
「ソウルに行ったら、そのお前の気性を隠すんだぞ!」
そう言って、弁護士カン・ウノという名札を渡す父。驚く彼女は、「私受かったの?」
「私のために彼らはお前を雇ったのだから、ちゃんと働きなさい。」と父は言います。
一人になったら寂しくないかと訊ねるウノに、面倒ばかり起こすお前達といるより一人がいいと父は言うのでした。

ウノは急いで家に戻り、荷造りを始めます。
ソウルに向けて出発したウヌを、送りにバイクを走らせる男の子たち。

国内屈指の法律事務所ヘユンでは、事件についての話し合いが。
「被告人チョン・ジェホは、27歳で大卒、無職。彼は義理の妹キム・ミサン殺害の罪で逮捕されました。
彼らは、両親の結婚で兄妹となりました。検事側はたくさんの証拠を持ち、殺害の動機もわかっています。愛情のもつれの様です。私達は裁判の準備はできています。」とヨンウ。
「とにかく、我がクライアントを煩わせることのないように。」とヨンウの父のヘユン'の代表弁護士イ・ジンピョは言います。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/06/19 パートナー COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
KBS 水・木ドラマ パートナー 全16話
2009年6月24日~8月13日 21:55~
KBS公式サイト

partner.jpg

ストーリー!(機械翻訳です('〇';)
-----------------------------------
大きな夢を抱いて上京したおばさん弁護士カン・ウノ(キム・ヒョンジュ)、前特有のぶんなぐることにいっぱいになって法務法である “勝ち”に初出勤をする。
ところでどうしたガール?“勝ち”事務室では誰もウノを喜ばない。ウノの入社は全然 “公式的”ではなかったこと、"すぐに “勝ち”事務室緊急会議が開かれる。

一方,法務法である “勝ち”のまた他の苦手弁護士イ・テジョ(イ・ドンウク)、被告である資格で即決審理裁判長に立つ。法曹界ロイヤルファミリ出身ながらも、やたらに行動する行動で有名なイ・テジョ。
今度は路上放尿の中でこれを沮止する警察に、小便を振り撤いたという罪目だ。法廷でも軽薄な言行で、先輩判事にけんつくを聞くテジョ。しかしテジョは、そんなことなんか,神経さえ使わない.。

“勝ち”事務室では、ウノの入社をおいて甲論乙駁が行き交う。
代表弁護士キム・ヨンス(イ・ウォンジョン)は過去尊敬した判事(ソン・ジェホ)の頼みを断ることができなかったと言う。しかし、ヨンスのマルバルは綿棍棒であるだけ、“勝ち”の実勢は別にある。
毎分期最大受託料所得に輝く、ハン・ジョンウォン(イ・ハニ) 弁護士。
彼女の言葉が “勝ち” 事務室の光であり真理だ。

事務長(パク・チョルミン)、최순이(シニ?) 、そして前弁護士ユン・ジュン(キム・ドンウク)さえ、ウノの入社を反対する。絶体絶命の危機に落ち込んだウノ。
事務室では受けてくれることができないと言うし、また故郷に降りることもできないから、紐落ちた只今世話だ。その時ヨンスが妙案を出す。


登場人物紹介(機械翻訳です('〇';)

カン・ウノ(강은호):キム・ヒョンジュ
-----------------------------------
田舍出身おばさん前弁護士.
幼い頃ちょっと遊んで見た経歴があってアマチュア拳闘にも一家見がある.故郷でご主人と死別して痛い子供を一人で育てて来た暗い個人事があるが,表では明るくて活気に満ちた性格に初めに見る人もかぶりとかぶりとよく信じる肯定的な女.一言で “さびしくても悲しくても泣かないキャンデー”だ.紆余曲折あげく法務法である “勝ち”に入社しながらソウルでの生を始める.しかしよりによって事毎に文句をつけて姑のようにふるまう異態組とパートナーを成すようになるが...

イ・テジョ(이태조):イ・ドンウク
-----------------------------------
法曹界ロイヤルファミリ出身のやたらに行動する弁護士
国内屈指のローファーム “ヘユン”の二番目息子ながらもある種の理由で小型法務法である “勝ち”で働いている.仕事はいたずらのようにすること,依頼人と深くヨックにしないの,実体的真実に近付こうと労力しないの. この三種類が職業信條だ.虚しい目つきと堕落したユーモア,なるとおりになりなさいという式の生活感覚を持ったが少なくとも裁判においては負けず嫌い勝負欲の持ち主.同じ事務室で働く限定院が好きながらも急に平和な日常に跳びこんだおばさん弁護士に気になり始めるが...

イ・ヨンウ:チェ・チョロ
-----------------------------------
国内屈指のローファーム “ヘユン”の大きい息子.超高速エリートコースを踏んで来た法曹界の天才.名実共に自他が認める “ヘユン”の実勢と同時に後継者だ.お父さんキムジンヒョウが示し次第に人生を暮して来た.結婚までも取り引きの結果だ.資本論理に充実な弁護士,海外投機資本の番人,他人達が何と悪口を言っても気を使わない.この男の遠大な抱負は “ヘユン”を法律市場開放にも堅固な国際的水準のローファームで育てること.それでお父さんよりもっと冷酷な方式で会社を運営する.時には愛する女,庭園をウェミョンハミョンソまでも...

ハン・ジョンウォン(한정원):イ・ハニ
-----------------------------------
頭末からツマ先まで名品にぴったり落ちるように合わせて着る完璧なスタイリング,突いても避けた滴出るようではない冷たい外貌で顧客と相手先弁護士の胸をときめくようにする法曹界のパムムパタルだ.お金受けた位はまじめに仕事しなければならないという原則があり,自分が引き受けた事件に関するした結果まで完壁に責任を負う.法務法である “勝ち”の実勢で受託料も制である多くて “勝ち” 代表キム・ヨンスの地位を脅威する.イ・ヨンウとは隠密で致命的な不倫関係で結ばれているが,太祖の絶え間ない求愛が思いきりいやなことだけもないが...

ユン・ジュン:キム・ドンウク
シニ
キム・ヨンス(김용수):イ・ウォンジョン
パク・チョルミン
イ・ジュング
ソン・ジェホ
アン・ソクファン
タグ:韓国  ドラマ    パートナー  キャスト  

いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ