momochiの韓流メモ

 

momochiの韓国ドラマ・映画、韓国語に関する覚書です♪


2009/10/05 1000万回愛してる COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
heading1000万回愛してる 第10話 ドラマ詳細はこちら!
10月3日放送  視聴率14.2%(TNS全国版)

関連ニュース!
ゴウンミ-イシヨウン涙の演技炸裂!


動画を見る!(英語字幕)

第10話-1 第10話-2 第10話-3 第10話-4 第10話-5 第10話-6

動画はこちらにもあります!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ

Part1
ユビンを助けてくれたウンイムに、礼を言うソニョン。
彼女の腕の擦り傷を見て「病院へ行かなくては。」とソニョンは言いますが、ただのかすり傷ですからと店に戻るウンニム。
そこへセフンが駆けつけ、ソニョンに「いったい何があったんだ?」と訊ねます。
「ユビンが好きな食べ物を取りにちょっとだけ席を外したら、彼がひとりでここに。もしあの女性がいなかったら、彼はきっと怪我をしていたわ。でも無事でよかったわ。」とソニョン。
思わず「君が産んだ子じゃないからって、どうしてこんなことができるんだ?もし君が母親だと言いたいなら、それらしくちゃんとやりなさい。」と言ってしまうセフン。
何も答えずその場を立ち去るソニョン。

ヒャンスクから話を聞き、ユビンの心配をするオクソン達。
そこにセフンがユビンを連れて戻り、事情を説明します。
「大事になる前に、若い女性がユビンを助けてくれたんだ。」
その女性にお礼言わなくちゃと言うオクソンに、ソニョンがきっと連絡先を聞いているはずだとセフン。ヒャンスクは、ソニョンはどこなのと訊ねます。
それには答えず、ユビンを彼女に預け2階に上がるセフン。
そこへ入った来たヒャンスクは、
「ユビンが母親に会いたがって泣いているわ。ソニョンは電話にも出ない、家にも帰って来ないで、いったいどうしたと言うの?」
「ちょっと僕が言いすぎた。」と言うセフンに、それは当然でしょうとヒャンスク。
そこにヨニから「ずっと待っているのに、どうしたの?」と電話が。
慌てて電話を切るセフン。

ようやくユビンを寝かしつけたセフンとヒャンスク。
そこへ別荘の管理人から、ソニョンが来ているとの電話がかかってきます。
驚くオクソンとセフン。

スポンサーサイト




いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/09/28 1000万回愛してる COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
heading1000万回愛してる 第9話 ドラマ詳細はこちら!
9月27日放送  視聴率19.0%(TNS全国版)

関連ニュース!


動画を見る!(英語字幕)

第9話-1 第9話-2 第9話-3 第9話-4 第9話-5 第9話-6

動画はこちらにもあります!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ

Part1
カンホに悪い記憶しかないウンニムは、そのまま立ち去ろうとしますが、そのときカンホが、
「大切なものだと思えたから返そうと思っていたけど、もういい、忘れてくれ!」と。
「大切なものって?」とウンニム。
「もしそれを知りたいなら、こんなふうに俺のことを扱ったことを謝るべきだ。」
「もし私が何か間違ったことをしたり言ったりしたなら、もちろん私は謝るわ。でも私はそんなことは何もしていないわ。」
「謝らないのなら、別にいいさ。どうせその財布の中には、たいした金も入ってなかったし。君は失くしたことも気がついていないんだろうな。」と歩き始めるカンホ。
財布と聞いたウンニムは「どの財布のことを話しているの?」と彼を追いかけます。
「その中に写真も入っていたな」とカンホ。
ちょっと待ってと言うウンニムに、彼はまた「先に謝るべきだ。」と。
「ごめん・・・なさい。」とウンニム。それを聞いたカンホは、
「あぁ、今思い出した。俺は、君がルームサロンで喧嘩をしているときに、君が落とした財布を持っている。本当だ。他にどうやって俺がその中に写真が入っていることがわかる?」
「私、どうしてもその財布を返して欲しいんです。どうか返してください。」
「俺も君にどうしても返したかったよ。あの財布は、歯に挟まった食べ物のようだったんだ。捨てるわけにもいかないし、ずっと気になってしかたなかった。今日は忙しいから、明日会うことにしよう。」
とても大事なものだから、電話番号を教えてと自分の携帯を渡すウンニム。
「それでは、明日・・・レストランの前のカフェで会うことにしましょう。」

一軒の食堂の前で、父を見かけたウンニムは、「ここで何をしているの?」と父に訊ねます。
昼間も働き、そして夜ここで働くと言う父に、
「お金がないなら、節約すればいいのよ。また倒れたらどうするの?」とウンニム。

カンホからもらった香水を撒き散らすナンジョンを叱りながらも、
「そんなプレゼントをくれるなんて、カンホもあなたに気があるのね。」とエラン。
「もちろんよ。当たり前でしょう。」とナンジョン。
そこにウンジョンが来て、「またそんなものをカードで買ったの?」と。さらに、
「私達は、あんた達の借金をかえすために、私の学費を使わなくちゃいけないのよ。どうして、そんな高価なものを買うために、カードを使ったりできるの?」
「私は、本当にもらったのよ。もうどうでもいいわ。うるさいわね。」とナンジョン。
それを聞いていたウンニムは、
「だから、父さんは他の人に見下されながら、あのレストランで働いているのね。あんたのせいよ。どうしようもない娘だわ。もし父さんがまた倒れたら、ちゃんと責任をとるつもりなの?」と。
そしてナンジョンの引き出しから、彼女が買ったものを放り出し、
「どうして父さんにこんなことをするの?それでも人間なの?もしこういうものがほしかったら、自分のお金で買いなさいよ!」
そう言って香水の瓶を投げつけるウンニム。ナンジョンは彼女に掴み掛かり大喧嘩に。

そこにインドクが帰ってきます。
エランは言います。
「私はナンジョンが、正しいとは言いません。彼女は間違ってるわ。考えもなしに、クレジットカードを使って、仕事もしていないのに借金を重ねて。それでもあなたは、家族がどうなっているかをもっと考えるべきじゃないの?でも姉なのに、あんなふうに叫んだのは誰?」
「いいわ。もう二度としないわ。でもナンジョンは、働いて自分で彼女の借金を返すべきよ。もう病気の父さんを困らせないでちょうだい。」とウンイム。
「ほら彼女の言い方を見て。私が自分でお金を稼いで、それを返すわよ。」とエラン。
ウンニムも「言葉だけじゃなくて、今度は実行してちょうだい。」と。インドクは、
「黙りなさい。ウンニム、お前が私を心配しているのはわかる。だが、この騒ぎは何だ?私がちゃんとやると言っただろう。」
「それじゃあ、どうするつもりなの?こんな生活を続けるの?昼間は、警備員として働いて、夜はレストラン?そしてただ訳もなく、彼女のカードの借金を返すの?」
そう言いながらウンニムは心の中で、「私がどうやってあなたを助けたか知ってる?」と。
そしてこう言います。
「わかったわ。もう何も言わない。好きにすればいいわ。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/09/28 1000万回愛してる COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
heading1000万回愛してる 第8話 ドラマ詳細はこちら!
9月26日放送  視聴率19.0%(TNS全国版)

関連ニュース!


動画を見る!(英語字幕)

第8話-1 第8話-2 第8話-3 第8話-4 第8話-5 第8話-6 第8話-7 第8話-8 第8話-9

動画はこちらにもあります!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ

Part1
グムチャに見つかり逃げ出したウンニムは、そこで産気づいてしまいます。
慌てて彼女を病院に運ぶシムドクとグムチャ。
ウンニムは痛みをこらえ必死で「子供を取らないで!」とグムチャに頼みます。
「どうしてもだめなら、1ヶ月だけでも面倒をみさせてください。彼には母乳が必要だから。」と。
仕方なく「わかったわ。今はお産のことだけ考えて。」とグムチャ。

グムチャは、病院からヒャンスクに電話をします。
「えっ、お産が始まった?まだ予定日まで10日もあるのに。」と驚くヒャンスク。グムチャは、
「早ければ今夜、遅くても明日の朝には生まれます。また電話しますから、準備をしてください。」
すぐ病院へ行くわというヒャンスクに、代理母の祖母が来ているからと彼女を止めるグムチャ。

電話を切ったヒャンスクは「とうとうセフンの赤ちゃんが生まれるんだわ!」と喜びます。
オクソンに何をそんなに喜んでいるんだと聞かれ、慌てて「何でもありません。」と自分の部屋に。
気持ちを落ち着かせたヒャンスクは、ソニョンに連絡をしますが、電話に出ないソニョン。
仕方なくセフンに、こう電話をします。
「代理母の陣痛が始まったの。今夜には生まれるわ。でもソニョンが捕まらないのよ。私はやることがあるから、あなた彼女を探して一緒にいてちょうだい。私達、一緒に赤ちゃんを受け取りに行かなくちゃね。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/09/28 1000万回愛してる COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
heading1000万回愛してる 第6話 ドラマ詳細はこちら!
9月19日放送  視聴率 13.1%(TNS全国版)

関連ニュース!
リュ・ジン-李始栄,不意打ちキス話題

動画を見る!(英語字幕)

第6話-1 第6話-2 第6話-3 第6話-4 第6話-5 第6話-6 6話-7 6話-8

動画はこちらにもあります!

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ

Part1
嘘をついていることに耐え切れず、夜中に酒を飲んでいるところをヒャンスクに咎められたソニョンは、「もうどうでもいい。こんなふうに私をしたのは一体誰ですか?私にはもうできません。こんなことをするくらいなら、家を出たほうがましです。」
言い争っている二人の前に、セフンが現れ「何をしているんだ?」と。そして
「何があったんだ、ソニョン。母さん、なぜ彼女はこんなふうに?」と。
慌ててその場を立ち去るソニョン。
ヒャンスクは「何でもないのよ。女性は妊娠すると、ちょっとしたことにも敏感になるの。」と。

泣きながら家の外に出て行くソニョンを止めるセフン。
彼女を抱きしめ身体を気遣う彼に、ソニョンは、
「あなたに話さなくちゃいけないことがあるの。」と。
「何でも話せ。なにがあった?母さんが何かひどいことを言ったのか?話せ僕が守ってやる。」
「もうわからないの。あなたのためにもこんなふうになっちゃいけないのに。ただ、怖くて寂しいの。どこかに逃げてしまいたいのよ。」
一生懸命彼女の心配をするセフンに、ソニョンは結局何も言えないまま家に戻ります。
「黙っていてくれてありがとう。もうこのことは忘れましょう。」と手を握るヒャンスクを振り払って2階に上がっていくソニョン。

いよいよ出発を明日に控え、ウンニムは荷物の準備を始めます。


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2009/09/28 1000万回愛してる COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
heading1000万回愛してる 第4話 ドラマ詳細はこちら!
9月12日放送  視聴率 12.8%(TNS全国版)

関連ニュース!


動画を見る!(字幕なし)
※ 10月9日現在、下の動画ファイルは壊れていますが、修正されると思いますので、
  リンクはそのままにしておきます。
第4話-1 第4話-2 第4話-3 第4話-4 第4話-5 第4話-6 第4話-7 第4話-8

動画はこちらにもあります。

※ 動画ファイルは削除されることがありますことをご了承ください。
※ 時間帯によっては、つながりにくいこともあります。

あらすじ

Part1
ウンニム達の待つ喫茶店の前で、秘書からインタビューの電話をもらうヒャンスク。それをキャンセルしたヒャンスクは「実際にこんなふうに会う必要はないんだわ。自分の責任を全部放り出すこともできないし。」と。そして彼女は、グムチャに電話をし「気が変わった。」と話します。
慌ててヒャンスクのところに駆けつけるグムチャ。
「どういうことですか?あなたはこれをなかったことにしたいとおっしゃるんですか?」
「そう慌てないで。私が言っているのは、あの若い女性に会わないことに決めたということよ。お互い会ったところで、何の役にも立たないわ。」
ホッとして、そのとおりですとグムチャ。
「10ヶ月お腹で子供を育てた母親は、それを諦めるのが難しいのです。もしあなたが誰かを彼女が知れば、彼女は赤ん坊を取り返しにくるとも限りません。」
「もうこれで話は終わりよ。だから、何があっても秘密は守らなければいけないし、もうお互い決して会わない。私もあの女性に関心を持つのは止めます。彼女にも私達について調べたりしないように言って頂戴。それだけよ。」
帰ろうとするヒャンスクに、グムチャは「私への支払いは?」と。
「すべてが終わったらと話さなかったかしら?」とヒャンスク。

家に戻り、ソニョンに事情を説明するヒャンスク。そして彼女は、
「それでセフンには話したの?」と。
「ええ。でも彼は、そのことがとても嫌なようで、私にその話をさせませんでした。」
「それじゃあ、どうするのよ。もう私達は始めているのよ!」とヒャンスク。

すぐにヒャンスクはソニョンを連れて会社に出かけます。
なんとか病院へセフンを行かせようと必死で説得するヒャンスク。
「どうして母さんはそうなんだ?待つと決めたのだから、そうしなければ。もうこのことで僕たちを苦しめるのは止めてくれ!」とセフン。
「あなた。どうしてお母さんを言い訳に利用するの?私がしたいと言ったはずよ。お母さんが言ったように、私達も年をとるとどんどん難しくなるわ。だから、今しなくちゃいけないの。私を助けて。お願いよ。」とソニョン。
「僕はこのことで病院へ行くのは、もう嫌だと言ったはずだ。」


いつも応援ありがとうございます♪
下のボタンをクリックして頂くと励みになります♪
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ